植西 聰の3分間で心に効くサプリ 第7回 【「ありがとう」は幸福の扉を開く万能の言葉】

作家歴33年、著作400作品以上の著述家・心理カウンセラーの植西聰さんのWEB初の連載です。

植西さんの作品を本屋さんで手にしたことがある人も多いのでは。

そんな植西さんが長年の研究から確立した独自の理論「成心学」(成心学の記事はこちら)に基づいた、

まるで『心に効くサプリメント』のようなアドバイスを毎週ご紹介していきます。

今回は、“ありがとう”という言葉についてです。

ほんの3分間、読むだけで心の栄養となって自然と悩み事が消えていくことでしょう。

 

広告

「ありがとう」は幸福の扉を開く万能の言葉

 

「幸福に生きたい」と願うことは、誰にもとがめられるものではありません。

今、苦境に置かれているとしても、また、過去に大きな失敗を経験していたとしても、

幸福な人生を追い求め、それを手に入れることは、誰にでもできます。

 

では、この願いを現実にするために、一番大切なことはなんでしょうか?

それは、自分で自分が幸福になることに許可を出すことです。

「私は幸せに生きる資格がある」

「夢をかなえてもいい」と本気で思うことです。

 

つらい毎日に慣れてしまっている人の中には、

夢がかないそうになっても、それを受け取らず、

「現状維持」でいることを望む人もいます。

 

なぜなら、新しい環境に足を踏み入れるのが怖いからです。

 

あこがれの人から声をかけられた、親しい人から楽しそうな会に誘われた、人に褒められた……。

 

そんなときは遠慮せずに「ありがとう」と受け入れることが大切です。

そうやって幸せになることに慣れていく中で、幸福な人生にだんだんと近づいていけます。

 

幸福はいたるところに手を広げて待っている

 

こんなアドバイスをもっと読みたい方はこちらの本がおすすめ!

『心が折れそうなとき、そっととなえる魔法の言葉』(学研プラス)

6月25日に発売されたばかりの新刊には、心が弱ってしまった時にそっと寄り添ってくれる優しい言葉がつまっています。悲しいことがあったな、今日はちょっと辛かったな…そんな時にこの本を開くと、心に安らぎとまた前を向いて立ち上がることができる強さが生まれることでしょう。

 

プロフィール
植西 聰(うえにし あきら)
東京都出身。著述家。学習院高等科・同大学卒業後、大手企業に勤務。独立後、人生論の研究に従事。独自の『成心学』理論を確立し、人々を明るく元気づける著述を開始。95年、「産業カウンセラー」(労働大臣認定資格)を取得。著書に67万部のベストセラー『折れない心をつくる たった1つの習慣』(青春新書プレイブックス)、『後悔しないコツ』(自由国民社)、『孤独に強くなる9つの習慣』(ワニ・プラス)ほか、著作は400冊以上。

 

最新情報をチェックしよう!
広告