皮膚科とエステのピーリングは何が違うの?施術後のケアについても徹底解説!

 

ピーリングって知っていますか?

歳を重ねた肌は、古い角質が堆積(重層化)することがあります。

それをそのままにしてしまうと、肌触りはゴワゴワでメイクのノリも悪くなり、光の反射も乱れるため肌の透明感は消え、一気にくすんだ印象になってしまいます。

更に見た目の問題だけでなく、重層化した肌はスキンケア成分の浸透まで悪くなってしまうんです。

恐ろしいほどの悪影響ですよね。でも解決法はあります。それがピーリングです!

ピーリングすることで不要な角質を取り去り、柔らかな肌に生まれ変わるのです。

そこで今回はピーリングについて徹底解説します。

皮膚科でするか、エステでするかゴマージュ・スクラブ・ピーリングの違いは何か

今までピーリングについてよく分からなかったところ、知りたかったことなども解説していきますのでぜひ参考にしてみて下さいね!

 

広告

ピーリングって何?

 

ピーリングとは英単語の「peel(剥く)」からきている言葉で、美容業界においては「肌を剥く」の意味で使われています。

先述のように、年齢を重ねたお肌はターンオーバーが乱れがちで、古い角質が溜まってしまうことが多々あります。

ターンオーバーとは肌の代謝のしくみのことで、1ヶ月半サイクルで起きる肌の生まれ変わりの流れを指します。

 

[ターンオーバーの流れ]

表皮の奥にある基底層で新しい皮膚細胞が作られ、それが時間をかけて上へ上へと押し上げられます。

そして最後には肌の表面に現れます。その新しい細胞も垢や角質として剥がれ落ち、そこにまた新たに皮膚細胞が現れます。ターンオーバーとはこうした肌の生まれ変わりのことです。

しかし大人になると、様々な要因でターンオーバーが乱れることがあります。

以下はターンオーバーを乱す要因の一覧です。当てはまるものはありますか?

ストレス、疲労、運動不足、寝不足、冷え性、便秘、野菜不足、無理なダイエット、アルコール、タバコ

あてはまるものが多ければ多いほどターンオーバーが乱れ、肌が多層化している可能性が高くなります。そんな人におすすめなのがピーリングなのです。

 

■具体的にどうやってピーリングするの?

 

ピーリングにはいろいろな方法がありますが、大きく2つに分けられます。

それは「摩擦によるピーリング」「化学的なピーリング」かです。

 

[摩擦によるピーリング]

摩擦で皮を剥ぐ方法です。

とは言っても単純に肌をゴシゴシするのではありません。

ソルトやシュガーなど、比較的粒のしっかりした物を肌に乗せ、撫でるように転がすことで古い角質をからめ落とすやり方です。

一般的にセルフケアで多く用いられる手法で、ピーリングのための様々なアイテムが販売されています。

 

[化学的なピーリング]

こちらをケミカルピーリングと呼びます。

エステや皮膚科ではケミカルピーリングによる施術がほとんどです。

肌の上に酸を乗せ、肌を剥がれやすくしたり剥がしたりします。

エステの方が穏やかで、皮膚科の方が強い酸を用いる傾向があります。

 

■ピーリング、ゴマージュ、スクラブの違いって?

ところで、スキンケアにおいてはピーリングと同じような意味で「ゴマージュ」「スクラブ」という言葉もあります。

どれも肌を摩擦して肌のターンオーバーを促すという点では同じで混同されがちですが、実はちょっとした違いがあります。

ゴマージュ→ハーブや植物の種子や殻など、天然由来の物質を用いて角質を取り除く

スクラブ→ポリマーなど化学的な物質の小さな粒を用いた摩擦で角質を取り除く

目的や方法はほとんど同じですが、元々は原材料によって呼び方が違いました。

しかし明確な定義は定められておらず、最近では化学的な物質のゴマージュも天然由来のスクラブも販売されています。

 

■ゴマージュ、スクラブのおすすめ3選

ゴマージュ、スクラブのおすすめをそれぞれ3つご紹介します。

穏やかに角質オフしたい人はゴマージュ、スクラブでのセルフケアもおすすめです。

 

【ゴマージュ】

 

  • ベネフィーク/NTミネラルゴマージュ

 

ベネフィークのゴマージュは天然クレイと植物由来のファイバー成分でからめ取る、本来の意味でのゴマージュです。

洗顔後に水気を取り、ゆるいテクスチャのクレイを伸ばします。

乾燥するまで1~2分ほど放置したあと、軽く擦ると古い角質がクレイと一緒にぽろぽろ取れます。

週に1~2回ほどの使用で、肌が本当にもちもちに。くすみ抜けにおすすめのゴマージュです。

 

 

  • 江原道/ソフト ゴマージュジェル

 

江原道のゴマージュは無色のジェルタイプです。

合成色素やパラベン、香料や石油系鉱山油不使用で安心して使えると人気でしたが、リニューアルしてますますパワーアップ。

エイジングケア成分まで配合されるようになったんです。

顔全体に伸ばしてゆっくりマッサージ。使い方は一般的なゴマージュと同じです。

肌が柔らかく保湿されたかのような瑞々しい肌になれるジェルです。

 

 

  • ロゼット/ロゼットゴマージュ

 

ロゼットのゴマージュは@コスメで何度もベスト角質ケアを受賞している定番のゴマージュです。

果実AHAの力で角質をぼろぼろ落とすことができます。こちらもクリアジェルで、ゆるめのテクスチャ。

かなりお手頃価格ながらきちんと角質オフできるところが人気の理由。最初の1本にお勧めのゴマージュです。

 

 

【スクラブ】

 

  • SABON/フェイス ポリッシャー

 

ボディケアのイメージの強いSABONですが、スキンケアアイテムも素晴らしいものがたくさんあるんです。

特にこのフェイスポリッシャーは大人気アイテム。デリケートジャスミンのような色の洗顔フォームが、どっしりとした瓶に入っています。大容量なのも嬉しいポイント。

ジャータイプは途中から粒が溶けたりすることも多いですが、こちらは最後まできちんと青い粒が残ります。

洗い上がりはスースーするほどサッパリなので、夏におすすめのスクラブです。

 

 

  • ワフードメイド/あずきスクラブ

 

酒粕や豆腐など日本の素材から作られているワフードメイド。酒粕パックや酒粕クリームが有名ですが、スクラブもあるんです。その名も「あずきスクラブ」

あまりないチューブタイプのスクラブで、粒はしっかり目。

こしあんを作る時に出る小豆の皮をスクラブにしているとのことです。

香りはお汁粉そのもので、見た目はこしあん。インパクト系アイテムのようですが、スクラブ効果もちゃんとある実力派。

粒が強めなのでお風呂の中でも使えるところも嬉しいところ。

 

 

  • スキンフード/ブラックシュガー パーフェクトエッセンシャルスクラブ2X

 

スクラブが苦手な人におすすめなのがシュガースクラブ。

ソルト系よりずっと柔らかで、刺激が少ないのが特徴です。

スキンフードのブラックシュガーシリーズだけあって、黒糖のような茶色のスクラブです。シュガー系は物足りないという人も多いと思いますが、こちらはそんな人でも満足できるほどの粒が多く入っています。

甘い香りも人気で、たっぷり入っているのでボディ使用にもおすすめです。

 

■しっかり角質オフしたい人はピーリング

 

ゴマージュやスクラブなどのセルフケアでも角質除去はできますが、肌を一様に擦るため、表面に出てきたばかりの新しい皮膚細胞まで擦り落としてしまうことがあります。

また、エステや皮膚科での酸による除去ほどしっかり落とすことはできません。

そこで、セルフケアでは心配な人やしっかり角質除去をしたい人にはケミカルピーリングがおすすめです。

 

■エステと皮膚科、どっちがおすすめ?

エステでも皮膚科でもケミカルピーリングは行われています。以下に違いをまとめました。

エステ
  • pHは3以上、濃度10%以下が推奨されている(厚労省の研究班の報告より)
  • AHAタイプの酸を用いることが多く、皮膚科に比べ刺激は弱め。
  • トリクロール酢酸・フェノールは使用できない。
  • ニキビ治療を目的としたピーリングはできない。
  • 「普通肌→美肌」目的の人にお勧め。

    

皮膚科
  • pHが1~2の強い酸を用いることも多い。
  • AHAに加えBHAタイプの酸を用いることも多く、エステに比べ刺激は強め。
  • ニキビ治療を目的としたピーリングも可能。
  • 「にきび肌→普通肌→美肌」「クレーター肌→普通肌→美肌」目的にお勧め。

 

自分の目的に合わせて施術場所を選ぶと良いですね。

 

■ピーリングの後のスキンケアはどうするの?

 

ピーリングの後の肌は火傷状態に近いです。

そこで、まずは肌が落ち着くのを待ちましょう。直後のケアは皮膚科やエステで指示があると思いますのでそれに従います。

そして肌が落ち着いたタイミングが大事なときです!

ピーリングの後の肌は柔らかく新しい皮膚なので、とても成分が浸透しやすくスキンケアの効果が現れやすい状態なのです。

この時こそ、高機能でリッチなフェイスパックをするのがおすすめ。

 

ピーリングの後こそ使うべき高機能フェイスマスク厳選5品

以下にピーリングの後こそ使うべきのおすすめ高機能フェイスマスクを紹介しますので、ピーリング予定のある人はぜひ参考にしてみて下さいね。

 

  • 【ビオプリマ/ヒト幹細胞培養液配合スペシャルフェイスマスク】

 

まず一番おすすめなのが、ヒト幹細胞培養液の入ったコスメです。

ヒト幹細胞培養液は「若返り液」としても有名ですよね。

ピーリング後の柔肌に、ここぞとばかりに肌に入れ込みましょう。

ヒト幹細胞培養液コスメもいくつかありますが、特に人気なのがビオプリマ。

というのもビオプリマには消炎効果のあるチャ葉エキス、抗炎症作用の報告されているオウゴン根エキス、抗菌作用のあるカミツレ花エキスなど、ピーリング後に欲しい肌を落ち着ける作用のある天然エキスがたっぷり配合されているんです。

ピーリングの後の肌は火傷に近い状態ですから、ビオプリマのように沈静作用が入っているアイテムが最適。

ヒト幹細胞培養液の強力アンチエイジング効果+肌を落ち着ける効果で、一気に美肌を目指しましょう!

 

  • 【エスティローダー/アドバンス ナイト リペア パワーフォイル マスク】

エスティローダーの人気アイテム、ナイトリペアのマスクです。

ピーリング後のお肌の優しい修復テクノロジーを、浸透力アップのために開発されたデュエルマトリックス設計のフォイルシートで肌に押し込みます。

アルミのような変わった素材ながら付け心地は抜群です。潤いやハリを与えつつ鎮静成分もしっかり配合されているので、ピーリング後の弱った肌にも使用が可能になっています。穏やかな香りも癒されますよ。

 

 

  • 【ゲラン/アベイユ ロイヤル バンデージマスク】

類稀なハチのエキスと科学を融合させたアベイユロイヤルシリーズは、ロイヤルゼリーによる保湿のイメージが強いですよね。

でもこのバンデージマスクは名前の通り、顔をぎゅっと包み込んでぐぐっと引き上げてくれるリフトアップ系マスクなんです。

香りのゲランだけあって、スキンケアアイテムながら調香師による香りが作られていてとてもリッチな気分でケアできます。

肌修復ケアに関して定評のあるゲラン、保湿に長けたアベイユシリーズ、ハリをもたらすバンデージマスク。

何役もこなす高機能マスクなので、ピーリング後の肌にぜひ使いたいフェイスマスクです。

 

 

  • 【クレドポーボーテ/コンサントレイリュミナトゥール】

イオンの流出入をコントロールするイオンチャネルの働きを最適な状態にするICノーマライザーが配合された、クレドポーボーテの誇る高機能フェイスマスクです。

ステップは普通のマスクと違ってかなり複雑。

パウチに入ったローションをコットンに取ってふき取り、それからエサンスの半分をマッサージしながら塗り広げ、残りの半分を気になる部分に重ね付け、その後にようやくマスクをします。

エサンスは回復機能を高める、ピーリングの後の肌に嬉しい効果もありますよ。

透明感に効果が高く、肌を明るくしてくれます。マスクであまりない、まぶたぎりぎりまで使用できる構造も嬉しいですね。

 

 

  • 【ヴァルモン/コラジェンマスク トリートメント】

スイスの高級化粧品ブランド、ヴァルモン。エイジングケアには定評があり、特にクレンジングが大人気です。

エステで使用されることも多い、信頼あるブランドです。

このコラジェンマスクは「美容成分を閉じ込めた」のではなく、美容成分をそのままマスクにした100%コラーゲンシート。

ぷるぷるマスクが毛穴、ハリ、透明感全てを一気にガツンと向上させてくれます。

なんとお値段65,880円!(公式通販より)

5回分が入っているので、1回あたり1万円を超えるフェイスマスクということになりますが、効果はすごくヒアルロン酸を注入したかのようなふっくら肌になります。

お値段は張りますが、ぜひピーリング後のお肌に使用して欲しいフェイスマスクです。

 

 

■まとめ

 

今回はピーリングについて、また゚ピーリング後のケアについてまとめました。

ピーリングはセルフでもできるし医療行為でもある、幅の広いケアです。

自分の目的に合わせてコスメや施術方法を選びましょう。

特にケミカルピーリングの後は美肌メイクの大チャンスです!

普段シンプルケア派の人も、この時ばかりはリッチなアイテムで一気に美肌を作りましょう!

 

最新情報をチェックしよう!
広告