肌のバリア機能を回復させ改善!人気トレンドをカバーした最強フェイスマスク! 

美肌の強力な味方であるフェイスマスク。年々進化してさまざまな種類が登場しているため、どれを選べば良いのか迷ってしまいますよね。

どのマスクも使っていればなんとなく肌の調子はいいけれど、それだけで満足とは言えません。

本当にいいマスクとは、使うほどに弱った肌機能を回復させ、改善へと導いてくれるものだからです。

今回は肌のバリア機能の低下の原因とその結果招く肌トラブルについて詳しく見たうえで、さまざまな肌トラブルを解決すべく進化したフェイスマスクについてご紹介していきます!

 

広告

なぜ肌のバリア機能は低下してしまうのでしょうか?

乾燥、シミ・シワ、たるみ毛穴など、さまざまな肌トラブルが起きてしまうのは、根本的に肌を守る機能が弱っているからです。

ここでは、肌本来のバリア機能と、その弱ってしまう原因について見てみましょう。

 

「3大要素」による肌のバリア機能とは?

肌が外部刺激や乾燥などのトラブルを防ぐために大きな役割を果たしているのが、角質層なのです。

ほんの数ミリしかない角質層ですが、ここで3つの要素がバランスよく働くことによって、バリア機能が成立しています。

それでは3つの要素とはどんなものなのでしょうか?

 

1. 角質層内にキープされた水分

1つ目は、水分の存在です。

角質層内には角質細胞がひろがり、各々が「天然保湿因子(NMF)」という因子を抱えています。

これはほとんどアミノ酸でできており、水分をキープする役割を果たすことでお肌にうるおいを保つ働きをしています。

 

2. 「細胞間脂質」

2つ目は、角質層内に群がる角質細胞同士をすき間なくうめる役割をする、「細胞間脂質」です。

セラミドやコレステロールなどを含み、水分を肌内部に保つ助けをします。

 

3. 「皮脂膜」

3つ目は、皮膚表面を覆う「皮脂膜」の存在です。これは角質層内が絶えず潤いで満たされるようにフタをし、水分の蒸発を防ぐ役割をしています。

 

これら3つがそろって働きかけることで、肌のバリア機能が成立するのです。

 

 

肌のバリア機能が弱ってしまう原因

0.02mmと本当に薄い角質層内で、上記3要素が水分保持のために働きかけ、肌を守っていることは分かりました。

それでは、肌のバリア機能は弱ってしまう原因について見ていきましょう。

 

バリア機能が弱まると?

肌のバリア機能が弱まってしまうと、肌が水分保持をできなくなってしまいます。つまりお肌にうるおいを保つことができなくなってしまうということ。

この時、肌の内部では、角質細胞同士をつなぐ「細胞間脂質」が減少するということが起き、

水分が肌内部から外へと逃げていきやすい状態になってしまいます。

 

 機能が弱まる5つの引き金

機能が低下するには、以下の5つの要因が挙げられます。

主に乾燥が引き金となることが多いです。

自分に当てはまるものがないかチェックし、バリア機能が正常に働いているかどうか見直してみましょう。

 

1. 紫外線による刺激

薄い角質層は、紫外線にさらされることで表面を覆う皮脂膜にダメージを受けます。

皮脂膜がダメージを受けると、肌内部の水分が逃げやすくなってしまい、肌の乾燥がどんどん進んでしまいます。

 

2. 冷房や暖房による乾燥

冷房や暖房がかかった室内では、空気中の水分が不足していきます。そのように乾燥した室内で長時間過ごすことは、肌にとっても悪影響。適度な湿度調整が必要です。

 

3. ターンオーバー周期の乱れ

角質層を含む表皮は、一定周期で繰り返すターンオーバーによって常に新しい細胞へと生まれかわっています。

しかし、この周期が乱れてしまうことで、古くなった角質細胞が表皮に残ってしまったり、保湿成分の生成ができなくなったりしてしまいます。

ターンオーバーは、ストレスや乱れた食生活、また空気の乾燥や紫外線など外部からの刺激によっても乱れてしまいます。

 

4. きっちり洗顔の繰り返し

メイク落とし後の不快感から、肌をさらにこするように洗ってしまうことで、落としてはいけない皮脂まで剥がしてしまうことになります。

そして、肌表面がとてもダメージを受けやすくなってしまい、バリア機能が低下することになるのです。

 

5. エイジングによる皮脂分泌量の低下

年齢とともに肌本来のバリア機能が下がっていく傾向があります。これは、若い頃は分泌されやすかった皮脂が減り、細胞間脂質などが減少してしまうからです。

 

機能低下が招く怖い肌トラブルとその対処

エアコンによる乾燥した空気、紫外線、ターンオーバーの乱れ、過剰な洗顔やエイジングにより、バリア機能が低下してしまうことが分かりました。

バリア機能が正常に働くなった肌には、どんなトラブルが起こるのでしょうか?

 

シワ・シミ・たるみを引き起こす

肌本来が持つバリア機能が低下してしまうと、シワ・シミ・たるみなど、美しさの天敵となる肌トラブルを引き起こしてしまいます。

<小ジワ・乾燥ジワ>

肌は乾燥し、小ジワの原因になります。それが慢性化してしまうと、細かい乾燥ジワが増えてしまいます。

 

<たるみ>

バリア機能が低下して肌内部の乾燥がすすむことで、ハリのもととなるコラーゲンやエラスチンが存在する「真皮」の弾力が失われます。こうなってしまうと、徐々にたるみを引き起こしてしまうようになります。

 

<シミ>

バリア機能が低下すると肌は、どんどん乾燥がすすんでしまいます。

乾燥した敏感肌は炎症を起こしやすくなり、そこにメラニン生成を刺激してしまうことになるのです。すると、色素沈着が起こりやすくなり、シミの原因を作ってしまうのです。

 

バリア機能の低下を防ぐには?

機能が低下すると、肌トラブルや老化が進んでしまいますので、以下のことに気をつけていきましょう。

 

■紫外線対策を怠らない

■エアコンの効いた乾燥した部屋で長時間過ごさない

■過剰な洗顔は避ける(メイクの度合いによって洗顔料を変える)

■洗顔後はすぐに肌を保湿する

■乱れた食生活、睡眠不足、ストレスなどを解消し、規則正しい生活を送る

 

以上を心がけて、まずはバリア機能を保持することを意識しましょう。

 

機能を回復させるには、どんなスキンケアが効果的なの?

適切なスキンケアを行なうことが重要です。失われてしまった肌の水分を補い、乱れた角質を修復するための保湿が欠かせないポイントになります。

 

応急処置から日々のケアまで安心して使えるものを選びましょう

化粧水、美容液、クリームなど、バリア機能回復に効果をもたらしてくれるものを一気に買いそろえるのも手です。

でも一枚に強力な美容成分が入り、それらをたっぷり時間をかけて肌に浸透させられるフェイスマスクなら確実に肌を保湿してくれるはずです。

肌がごわついた危険信号状態の時にサッと使って応急処置ができるのもフェイスマスクの便利なところ

また、毎日続けて使うことで良好な肌をキープできる安心感もあります。

 

今どきフェイスマスクが備える3つのトレンド

フェイスマスクの種類には千差万別あり、どれがいちばん今の自分の肌状態にあっているかを考えながら選ぶことが重要です。

また、年々進化しているがゆえ、さまざまな肌のトラブルに的確に対処できるフェイスマスクも続々と登場しています。

それでは、今どきのフェイスマスクが備えている3つのトレンドについて見てみましょう。

 

1. 肌本来の保湿力を高める成分の有無

肌のバリア機能を回復・改善させるのは、肌の水分保持機能を安定させ、アップさせることが大切です。

毎日欠かさず保湿を徹底させることで、肌も徐々に回復し、ターンオーバーが正常に働くとともに改善へと向かうはず。

そのため、選ぶフェイスマスクが肌の保湿機能に着目した成分を充実させているかどうかは大切なポイントです。

 

2. シミ・シワ・たるみに働きかけ改善へと導く

保湿効果だけでなく、できてしまったシミ・シワ・たるみなどに働きかけ、またそれを予防する美容成分が入っているかどうかも重要なポイントです。

 

3. 最先端医療に着目した技術

医療技術は常に進化をとげているため、今までは不可能と思われていたことがある日突然可能になったりすることもあります。

こうした最先端の医療技術を取り入れ、確実に実力を発揮しつつあるスキンケアも注目したいポイントです。

このように、肌のバリア機能を回復させ、そのうえで改善していくことができるフェイスマスクが今どきのトレンドと言えるでしょう。

 

3つのトレンドを網羅した美容マスク「ビオプリマ」って?

保湿力を高め、エイジング肌への配慮もし、最先端技術をも網羅したフェイスマスク。

これら3つのトレンドを兼ね備えたものが「ビオプリマ」。いま美容マニアたちの間でかなり話題になっています。

詳しく見ていってみましょう。

 

バリア機能を向上させる6種類の保湿成分

■6種類の保湿成分
・アセチルデカペプチド
・オリゴペプチド
・トルフルオロアセチルトリペプチド
・ヒアルロン酸ジメチルシラノール
・加水分解コラーゲン
・加水分解エラスチン

「ビオプリマ」には、3種類のペプチドと、ヒアルロン酸を含めた3種類の厳選した保湿成分が配合されています。

「加水分解コラーゲン」とは、肌への浸透性を高くしたコラーゲンのこと。これにより角質層の保湿を促進することができます。

また、加水分解エラスチンとは、分子量を小さくすることで肌への浸透を実現させたタンパク質。肌にハリを与え、肌のバリア機能に必要な水分とうるおいを保持します。

これら美容成分が、肌本来のバリア機能が回復するのを助け、エイジングの因子をリセットし、肌のたるみなどにに働きかけてくれます。

 

エイジング肌に働きかける7種の天然成分

植物由来の天然成分がたっぷり配合されているのも嬉しいポイント。

従来のビタミンCの約200倍以上の効力でシミの原因となるメラニンを抑制する「カンゾウ根エキス」や、肌のバリア機能を向上させ、抗酸化作用が期待できるポリフェノールを含む「イタドリ根エキス」など。

■7種の天然成分
・カンゾウ根エキス
・イタドリ根エキス
・茶葉エキス
・ローズマリー葉エキス
・ツボクサエキス
・オウゴン根エキス
・カミレツ花エキス

これら天然成分が肌に浸透していくことで、エイジング肌の悩みであるシミ・シワ・たるみの予防・改善をしてくれるのです。

 

再生医療技術に注目した「ヒト幹細胞」をイチ早く採用

「ビオプリマ」は、確実に肌を美しくする効果を届けるために、最先端の医療技術を取り入れています。

最近美容分野で期待されている「ヒト幹細胞(=ヒト細胞由来幹細胞)」を使うことで、エイジング肌に有効な成長因子がたっぷり含まれています。

これにより、肌のハリをもたらすコラーゲンやエラスチンなどを活性化させる「線維芽細胞」の働きをサポート。

シワやたるみの改善に役立つだけでなく、表皮と真皮の間にある「表皮幹細胞」によりターンオーバーを促し、シミの改善が期待できます。

 

 

まとめ

 

いかがでしたか?

肌のバリア機能が低下する原因とその対策を知った上で、それを改善・回復させる最強のフェイスマスクについてご紹介しました。

ただ漠然と商品棚で見かけたフェイスマスクを選ぶよりも、効果を知った上で選ぶ方がスキンケアに気合いも入ります。

「ビオプリマ」ならバリア機能の低下を予防することもでき、美肌効果も期待できそうです!

 

最新情報をチェックしよう!
広告