シワがとまらない…何をしても効果がないのは「インナードライ肌」だから!?

 

「どんなに美白スキンケアを使っても、シミやシワが一向に改善されない…」という人はいませんか?

それはもしかしたら、「インナードライ肌」(=肌内部が乾燥している肌トラブル)を抱えているからかもしれません。

今回は、シミ・シワができるメカニズムと、意外な盲点となる肌トラブル「インナードライ肌」についてご紹介します。

またその対処法として、保湿効果が高く、シミ・シワを改善へと導いてくれる美容フェイスマスクについてご紹介します。

 

広告

美白スキンケアを使っていてもシミ・シワが改善されない理由は?

 

美白スキンケアの落とし穴は、それだけでは保湿効果を得られないということにあります。

よく「シミが気になるから美白美容液を使っているけど、肌が乾燥する」ということがありますよね。

 

ビタミンCは肌を乾燥を招くことも

これは、そもそも美白美容液にはビタミンCを配合しているものが多く、肌を守るために分泌されている皮脂を減少させてしまうことにあるのです。

表皮に膜をはり、肌内部の水分を逃さないようにしていた皮脂までも奪ってしまうことになり、結果的に肌に乾燥を招くことがあるので注意が必要です。

肌が乾燥するとシミ・シワは増えていく

乾燥した肌は敏感になり、日々の紫外線ダメージをより一層受けやすくなっています。

また、シミやそばかすの原因になるメラニン色素が沈着し、肌のターンオーバーが正常に働かなくなるため、シミ・シワが増えていきます。

美白美容液を使っているのに効果が出ない理由は、この肌の乾燥にあるのです。

 

どんな美白美容液なら乾燥トラブルを防げる?

とはいえビタミンCは抗酸化作用に優れ、皮膚の老化を防ぎコラーゲンの生成に必要な成分です。

ヒト自らが体内で合成できるものではないため、食べ物やスキンケアで取り入れることしかできません。

なので美白美容液を選ぶ際は、保湿効果も重視しているものを選ぶとよいでしょう。

また、保湿クリームと合わせて使用するとより安心です。

 

 

注意したい「インナードライ肌」

乾燥肌ではないのに、毛穴のたるみ、ごわつき肌、吹き出物、シミ・シワといった肌トラブルが改善されないという人がいます。

それも、念入りにスキンケアをしているのに…。

肌も潤っており一見乾燥肌ではなさそうなのに、どうして肌トラブルが耐えないのでしょうか。

 

 それは「インナードライ肌(=乾燥性脂性肌)」

「肌が潤っているから保湿しなくてもいいのかと思った」という声をよく聞きます。

脂性肌は保湿には軽めのものを選ぶことは大切です。

それでもトラブルが耐えないのであれば、その「一見潤って見える肌」、もしかしたら「インナードライ」のサインかも知れません!

肌は皮脂性なのに実は乾燥している、という複雑な問題を抱えていることになります。

 

「インナードライ肌」が起きるメカニズムとは?

肌表面は皮脂でテカテカして一見潤っているにも関わらず、肌の内側は水分が不足して乾燥している状態のことをいいます。

肌の水分が少なくなり、皮脂分泌を促してしまうことで起こる肌トラブルです。

特に、エアコンの中で一日中過ごし汗をかきやすい夏は肌が潤ってみえやすいので「インナードライ肌」を引き起こしやすいと言われています。

 

放置しておくとどうなる?

放っておくと、肌の内側では乾燥がますます進行し、肌のバリア機能が狂ってターンオーバーが正常に行なわれなくなり、健康な細胞の生まれ変わりを阻害してしまいます。

また、古くなった角質層が剥がれ落ちずに肌表面にとどまり、シミ・シワ、くすみなどが改善されにくくなります。

 

「インナードライ肌」の具体的な症状

 

シミ・シワ、くすみが改善されない

肌が乾燥すると、ターンオーバーが狂って未熟な細胞がつくられてしまいます。

本来ならば、保湿機能を備えた細胞が新しくつくられていくところを、水分保持やバリア機能のない細胞がつくられることで、肌はますます乾燥していってしまいます。

肌のターンオーバーは古い角質層を剥がしていくことで、徐々にシミ・シワ、くすみなどを薄くする働きをしますが、これらが表皮表面に残ってしまうことでますます深刻化させてしまうのです。

 

しぼみ毛穴で毛穴が目立つように

毛穴は本来肌が水分を保持してふくらんでいる状態。

ところが、インナードライになると鼻先や小鼻の横の皮膚が乾き、毛穴がしぼんで目立ってしまいます。

このしぼみ毛穴を放っておくと、炎症を起こしてさらに悪化してしまいます。

 

吹き出物が絶えず治らない

インナードライ肌は、テカって見える傾向にあります。

これは肌の乾燥を防ぐために皮脂分泌が過剰になっているからです。

こうなると皮脂が毛穴を詰まらせ、雑菌が増殖し炎症を引き起こすことで吹き出物になってしまいます。

一度吹き出物ができてしまうと、肌内部の乾燥が続けば過剰な皮脂分泌が続くため治りにくくなってしまうのです。

 

肌のゴワつきや肌荒れが耐えない

肌乾燥による過剰な皮脂分泌により、皮脂が酸化することで炎症が起きて肌荒れも起こしてしまいます。

カサついたりキメが荒くなることで、肌はゴワゴワして老化に加速がかかる一方。当然、メイクのノリも悪くなります。

 

「インナードライ肌」かどうか早速チェックしてみよう!

 

□ Tゾーンはテカって見えるのに目もとはカサついている

□ 頬やあごの肌のキメが荒い

□ 潤い肌に見えるけどつっぱり感もある

□ 朝は潤ってみえるけど、徐々に頬のカサつきが気になる

 

もっと確実に知りたい人のための診断方法

また、判断が微妙になりやすく勘違いしてしまうことがあるので、より確実に診断したい人にはこちらがおすすめです。

 

■洗顔後の肌に何もつけず、15分〜30分ほど放置します。

→ 肌がつっぱらず、テカリもしなければ普通肌

→ 全体的につっぱる感じの人は乾燥肌

→ 全体的にテカっている人はオイリー肌

それ以外で部分的に乾燥とテカリを感じる人は、インナードライ肌の可能性が高いです。

 

 

原因と対策を知っておこう

「インナードライ肌」がひきおこすトラブルやそのチェック方法について見てみましたが、そもそもその原因は何でしょうか?

ここでは、原因と対策についてご紹介します。

 

強い洗顔料や摩擦洗顔

しっかり洗顔を好む人は多いですが、洗浄力の強い洗顔料はその分、肌への刺激も強く、余分な皮脂まで落としてしまうことになります。

すると肌のバリア機能がますます低下し、乾燥トラブルを引き起こすことに。

また、肌の汚れを落とそうと、ゴシゴシと何度もこすり洗いしてしまうのも、同じ理由から避けたほうがいいでしょう。

【対策】

洗顔料には、合成界面活性剤や添加物の含まれていないものを選び、洗顔の際は30度くらいのぬるま湯を使います。

高温のお湯で洗うと、余分な皮脂まで剥がれ、肌から水分が蒸発してしまうためです。

また、朝の洗顔を、メイク後に行なう夜の洗顔とは別にすることも大切です。肌の乾燥がひどい時は、朝は洗顔料を使わずに、水で洗うだけでも大丈夫です。

 

十分でない紫外線対策

夏だけでなく、紫外線は一年中降り注ぎ、確実に私たちの肌はダメージにさらされています。

そのため、日射しが強くないからという理由で日焼け止めクリームをぬらずに紫外線対策をしないのは肌の状態をますます悪化させているようなものなのです。

【対策】

涼しい季節でも、常に日焼け止めを塗りましょう。日焼け止め効果のある化粧下地をぬるだけでも全然違います。また、汗をかく季節には、2〜3時間おきに塗り直すなど配慮したいものです。

 

バランスの悪い食生活

食事を抜きがちだったり、好き嫌いが多かったりと、偏りのある栄養バランスの悪い食生活は肌の新陳代謝を低下させます。

いくらスキンケアに気を使っても、からだの内側から肌に必要な栄養分で働きかけなければ、肌の保水力は失われ、乾燥はますます進んでしまいます。

【対策】

タンパク質を含む食べ物が、特に肌の新陳代謝によいとされています。

■ 乳製品(牛乳、ヨーグルト、チーズ)・・・皮膚を健康に保つビタミンA、脂質の代謝に働きかけるビタミンB2を含む

■ 肉(豚肉、鶏肉)・・・肌にハリを与えるコラーゲンを含む

■ 大豆製品(納豆、豆腐、豆乳)・・・コラーゲンの生成を促すイソフラボンを含む

■ 卵・・・コラーゲン、皮膚を健康に保つビタミンA・B6・E

■ 魚・・・皮膚や粘膜の健康を保つビタミンB6

また、コラーゲン生成を助けるビタミンCや抗酸化力に優れたビタミンEの含まれる野菜、果物、ナッツ類なども積極的にとりましょう。

 

カラダの冷えによる血行不良

冷房や冷たい飲み物などでカラダが冷えると、血行不良になり新陳代謝の働きが低下します。

すると肌のターンオーバーが正常に働かなくなり、肌のバリア機能もくるってしまい、

肌が保水できなくなり、肌内部の乾燥がさらにすすんでしまいます。

【対策】

夏でもカラダを冷やしすぎないようにしましょう。

あまり冷たい水を飲まないようにし、体温と同じくらいの水をこまめに飲むようにします。

血行をよくするには十分な水をすこしずつ時間をかけて飲むことも大切です。また、血行をよくするツボを押すことも効果的です。

 

油とり紙で皮脂をふき取る

テカった肌を油とり紙でふき取ってすっきりさせたい、と思うのは当然の心理。ただ、こうすることで肌に必要な皮脂までふき取られてしまうことになります。

すると肌は水分が逃げていかないよう、さらに皮脂を過剰分泌するという悪循環に陥るのです。

【対策】

まずはテカってしまう原因として考えられる、肌内部の乾燥に対処するしかありません。それには、肌の保水・保湿を考えた対策をとることです。

 

エイジングによる肌の衰え

年齢を重ねるにつれ、肌のバリア機能が衰えてしまうのは仕方のないこと。ターンーオーバー周期も、若い頃の28日から、約2倍かかるといいます。

そのため、未熟な角質層が増え、肌本来の保水力も低下。何もしなければ肌は乾燥する一方です。

【対策】

40代になったら、若い頃使っていたスキンケアだけでは通用しなくなります。

それは正常なターンオーバーで安定していたコラーゲンやエラスチンなど、美容成分の生成が衰えてしまうからです。

そのことに留意しつつ、エイジング肌に不足しがちな美容成分を補えるスキンケアを選ぶようにしましょう。

 

 

肌質を改善し、シミ・シワの悩みから解放されるシンプルケア

洗顔や生活習慣に関するNG行動を踏まえたうえで、次に選びたいのは美容成分とスキンケアです。

どんな美容アイテムであれば、「インナードライ肌」は改善されていくのでしょうか。

 

「インナードライ肌」の天敵である『乾燥』にはフェイスマスクが最適

化粧水→美容液→クリームといったスキンケアステップをとるのもいいですが、ひと手間で済むフェイスマスクなら、時間をかけて肌に必要な美容成分をたっぷり浸透させることができます。

最近のフェイスマスクには、保水・保湿・美容効果を備えたものがたくさん出ています。

 

高保湿・最先端医療に着目したエイジングケアを可能にした「ビオプリマ」

中でも、今美容マニアに話題の「ビオプリマ」のフェイスマスクには、「インナードライ肌」を改善するために必要な成分や、シミ・シワに働きかける美容成分がたっぷり含まれています。

「ビオプリマ」が適用した「ヒト幹細胞培養液」には、肌のターンオーバーを促して古い角質を除去し、さらにコラーゲンの合成を促したりする効果が期待できます。

また、3種のペプチドとヒアルロン酸をはじめとする3種の美容成分が、肌を内側から潤わせてくれます。さらに、7種の植物由来エキスが、シミ・シワに働きかけてくれるのです。

 

 

まとめ

 

何をしても肌トラブルが改善しない場合は、「インナードライ肌」を疑ってみることも大切です。

もしもそうなのであれば、その原因と対策を知ることで美肌を取り戻すスキンケアができるでしょう。

その上で、保湿力に優れシミ・シワにも働きかけてくれる「ビオプリマ」を使えば、エイジングの気にならない美肌が手に入るはずです!

 

最新情報をチェックしよう!
広告