40代からのお肌の悩みに!最先端の医療技術を使用した極上フェイスマスク!

 

加齢による女性ホルモンの減少や代謝の低下などにより、40代からは肌のお悩みが深刻になってきますよね。

今までは気にならなかったシワやしみが目立つようになったり、目元、口元、頬のたるみが気になりだしたり、顔色が暗くなったり。

40代からの肌の悩みを解消するためにはどのような対策を行えばよいのでしょうか?

この記事では、40代からの肌の悩みにアプローチする効果的な方法をご紹介します。

 

 

広告

40代からの肌に必要なものって?

 

40代からの肌に必要なものは、老化を抑制し若々しさを取り戻す「抗酸化成分」です。

シワやしみ、たるみなどの老け見え肌の原因は、肌細胞の老化を促進させる活性酸素にあります。

抗酸化成分は活性酸素の増加を抑制してくれる働きがあります。

抗酸化成分を肌の内外から積極的に摂り入れることで、老け見え肌の進行を食い止めます。

抗酸化成分にはさまざまな種類がありますが、スキンケア用品の成分の中でも効果実感が高いと人気なのが、「プラセンタ」、「アスタキサンチン」、「コエンザイムQ10」です。

さらに、肌のハリや弾力を高める作用を持つ「コラーゲン」、「ヒアルロン酸」、「セラミド」なども効果が期待できます。

 

40代からのスキンケアには+αが重要

40代からのスキンケアは徹底した保湿が重要になります。

保湿力、保水力の高い化粧水、美容液、乳液、クリームなどを使って十分な保湿をすることで、減少しがちな肌の水分と油分を補います。

水分と油分を補わなければ、肌はどんどん乾燥しやすくなります。

肌の乾燥は、シワ、しみ、たるみ、毛穴の開きなど老け見え肌を進行させる大きな要因です。

深刻化する肌老化を抑制するためには、徹底して乾燥から肌を守ることが大切なのです。

40代からは、基礎化粧品に+αで保湿力と保水力に優れたフェイスマスクを肌ケアに取り入れることをおすすめします。

 

40代からの肌におすすめのフェイスマスク

 

40代からの肌におすすめのフェイスマスクが、再生医療の技術を駆使したと話題の「ビオプリマ」です。

 

 

肌再生のメカニズムに着目したビオプリマには、美しさへこだわる3つのポイントがあります。

 

【ポイント1】最先端再生医療現場で注目のヒト幹細胞のチカラ

人の皮膚は表面から角質層、表皮、真皮、皮下組織といった構造になっています。

表皮と真皮の境には表皮細胞を作り出し、ターンオーバーの源となる表皮幹細胞があります。そして、真皮にある繊維芽細胞が肌のハリや弾力を維持しているコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸を作り出しています。

ビオプリマに使われているヒト幹細胞はエイジングケアに効果的な成長因子が豊富に含まれていますので、細胞の再生や修復をサポートし、コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸の生成を助けます。

 

【ポイント2】高保水力+高密着のバイオセルローススマスク

ビオプリマはバイオセルロースマスクを採用しています。

バイオセルロースマスクは植物由来の減少にナタ菌(酢酸菌の一種)を植え付けて、培養発酵することにより作られたナノ繊維シートです。

キメ細かい繊維から構成されたシートなので美容液の水分保持力が高く、密着性に優れていますので、美容成分をあますことなく角質層へ届けます。

 

【ポイント3】6種類の保湿成分+7種類の美容天然成分を贅沢に配合

アセチルデカペプチド、オリゴペプチド、トリプルオロアセチルトリペプチド、ヒアルロン酸、コラーゲン、エラスチン

6種の保湿成分に加え、肌を整える

カンゾウ根エキス、イタドリ根エキス、チャ葉エキス、ローズマリー葉エキス、ツボクサエキス、オウゴン根エキス、カミレツ花エキス

7種の天然成分を贅沢に配合しています。

 

肌再生のメカニズムに着目したビオプリマは皮膚科医もお墨付き!

しのぶ皮膚科院長の蘇原しのぶ院長によると、お肌の悩みを改善するためには様々な治療法がありますが全てにおいて保湿がなによりも大切なのだとか。

先述のとおり、バイオセルロースは美容液の水分保持性、密着性に優れています。

また、ヒト幹細胞培養液は医療現場でも大変注目されてるほど、皮膚組織の再生に期待が持てます。

ダメージを受けたお肌をやさしく包み込むように整え、過不足なく安定した状態を保ちます。

 

40代になってから今までのスキンケアが合わず、毛穴がどんどん開きシワも深くなってきて悩んでいました。そんなときに知人からおススメされたのがビオプリマでした。今までにないピタッとした密着感が気持ちよく、使っていて気分が上がりました♪

保湿成分でどんどん改善されていき、習慣になった今では、お客様に美肌の秘訣を聞かれるようになりました!(42歳/化粧品美容部員)

 

年々肌の乾燥がひどくなってきて、もうお手上げ状態…そんな時にビオプリマを使い始めました。

忙しい中でも無理なく使い続けられるのがとても魅力的で、週に1度のケアで乾燥が気にならなくなりました。

おかげで今では20代前半に間違えられるくらいです♡

これからも続けていこうと思います!(30歳/アパレル店員)

 

 

40代からの肌を若々しく保つ4つの方法

 

同じように年齢を重ねてもちょっとした習慣の差で肌年齢は変わります。

ここからは、40代からの肌を若々しく保つ方法をご紹介します。

 

①徹底した紫外線対策

紫外線は肌老化を進行させる大きな要因です。

肌は表面から角質層、表皮、真皮といった層にわかれていますが、紫外線は角質層、表皮を通り抜けて真皮にまでダメージを与えます。

真皮には肌のハリや弾力を保つために欠かせないコラーゲン、ヒアルロン酸、エラスチンなどのうるおい成分を作りだす「繊維芽細胞」があります。

紫外線によって繊維芽細胞がダメージを受けると、働きが低下してうるおい成分の生成が滞ってしまうのです。

その結果、シワ、しみ、たるみといった肌老化が進行します。

紫外線が強い日の外出は控えたり、外出の際は日傘、帽子、サングラスをつけたり、日焼け止めを使用するなどして徹底した紫外線対策が大切です。

 

②肌老化の進行を抑える食べ物をとる

40代からの肌老化を抑制するためには内側からのケアも重要です。

バランスよく栄養を摂ることはもちろんですが、シワ、たるみ、くすみを抑える抗酸化作用を持つもの、肌のターンオーバーを正常化するものを積極的に摂るようにしましょう。

果物であれば、バナナ、ブルーベリー、リンゴ。

野菜であれば、かぼちゃ、アボカド、にんじん、トマト、キャベツ。

肉類、魚介類であれば、豚肉、鶏肉、牡蠣、うなぎなどがおすすめです。

 

③良質な睡眠をとる

良質な睡眠は肌のターンオーバーを促進してくれる「成長ホルモン」が分泌が活発になります。

成長ホルモンは体の再生や修復を担っているホルモンで、別名「美肌ホルモン」とも呼ばれていますので、アンチエイジングにも分泌を促すことが大切です。

寝る前に軽くストレッチをしたり、コップ一杯の白湯を飲んだりすると寝つきが良くなりますのでおすすめですよ。

 

④軽い運動をする

運動をすると、体内の老廃物が排出されたり、肌のターンオーバーが促進されたり、成長ホルモンの分泌が促されたり、アンチエイジングに効果的な働きがいくつもあります。

どんな運動であって継続できなければ意味がないので、続けることが負担になる運動ではなく、習慣づけられる軽い運動がおすすめです。

ウォーキング、ヨガ、ストレッチ、自転車など、1日30分程度の軽い運動を週に2~3回とりいれると効果的ですよ。

 

肌老化を促進してしまう6つの悪習慣

 

肌に良くない習慣でも、肌細胞の再生や修復が活発な10~20代であれば肌への影響は小さく抑えられます。

しかし40代からはそうはいきません。

肌細胞の再生力、修復力が低下している40代からはちょっとしたことでも大きな影響を及ぼします。

ここからは、40代からはとくに気をつけたい!肌老化を促進する悪習慣をご紹介します。

 

①シンプルすぎるスキンケア

スキンケアは化粧水と乳液、クリームをつけているから大丈夫!と安心していませんか?

シンプルなスキンケアで肌の状態が健やかに保たれるのは10~20代までです。

健やかで若々しい肌を保つためには、化粧水、美容液、乳液、クリーム、フェイスマスクなどで徹底した保湿をすることが重要です。

顔以外にも首や手などの見えやすい部分は年齢を感じさせますので、人目につく部分の保湿も忘れずに行いましょう。

 

②乳液やクリームを使用しない

乳液やクリームのべたつく感じが嫌で化粧水や美容液のみでスキンケアをすませるという方が意外と多いとか。

確かに、化粧水を与えた後の肌はしっとりもっちりしていてその後に乳液やクリームで肌が重くなるのは気になりますよね。

しかし、水分を与えた後に油分を補わなければ、せっかく補った水分が蒸発してしまいます。

乳液やクリームには化粧水や美容液成分を閉じ込める役割がありますので、少量で良いので使用するようにしましょう。

べたつき感が気になる方は、クリームタイプではなくミルクタイプやジェルタイプなど、使い心地がさっぱりしているものがおすすめですよ。

 

③日焼け止めクリームのクレンジングをしない

紫外線が肌老化を促進させることは上記でも説明しましたよね。

紫外線対策に欠かせないアイテムの一つである「日焼け止め」は、外出するときだけでなく、外出しないとき、室内にいるときでも毎日塗るようにすることが大切です。

そして、もっと大切なことが日焼け止めクリームのクレンジングです。

メイク落としは丁寧にクレンジングする人は多いですが、日焼け止めクリームをしっかりクレンジングする人はあまり多くありません。

種類にもよりますが、基本的に肌についた日焼け止めクリームは、メイク同様クレンジング剤を使わないとキレイに落ちきりません。

日焼け止めクリームが肌に残ると古い角質が溜まり、くすみやごわつきの原因になります。

種類によってはぬるま湯で落ちるものもありますが、何十にも重ね塗りした日焼け止めクリームをキレイに落としきるためにはクレンジング剤を使うことをおすすめします。

 

④お湯や冷水で肌を洗う

手を洗うとき、シャワーを浴びるこき、入浴するときなど肌が水に触れる場面は多々あります。

冷たい水も熱いお湯も肌にとってはダメージとなり、乾燥を促進させる要因となります。

どんな場面でも、お湯や冷水ではなく、肌へのダメージが一番小さい「ぬるま湯」を使うようにしましょう。

そして、肌が水に触れた後は、化粧水、ハンドクリーム、ボディクリームなどで肌にうるおいを補ってあげることも忘れずに。

 

⑤香水洗剤の使用

良い香りのする洗濯洗剤や柔軟剤は気分を高めてくれますよね。

しかし、洗濯洗剤や柔軟剤に含まれる香料が天然由来のものではなく科学物質の場合、注意が必要です。

香料に含まれる化学物質は肌にとっては刺激物質です。

極力、肌へのダメージを抑えたい方は洋服、下着、枕カーバなど、肌に直接触れる衣類には科学物質の香料が含まれてない洗剤を選ぶことをおすすめします。

 

⑥PCやスマホの見過ぎ

PCやスマホから発生しているブルーライトは目によくないというのは多くの方がご存知かと思います。

しかしこのブルーライト、実は肌にもよくないのです。

眠る前にブルーライトを見ると目がさえてしまい、十分な睡眠をとることができなくなります。

質の良い睡眠が妨げられると肌代謝が滞り、間接的に肌老化を進行させてしまうのです。

スマホやPCは就寝前の30分前には控えるようにしましょう。

 

まとめ

 

40代からは30代の頃よりもエイジングサインがはっきりと出始めます。

加齢とともに、肌の水分量、油分量も減り、肌のハリや弾力が失われていきます。

だからといって、「もう歳だし…」と諦める必要はありません。

肌の変化とともに肌ケアも変えていくことで、若々しい肌を保つことができます。

40代からはスキンケアラインに+αで保湿力、保水力の高いフェイスマスクを加えることで、エイジングサインに負けない肌を維持しましょう。

最新情報をチェックしよう!
広告