フェイスマスクの正しい使い方を解説!使用時間や順番・回数はこれがベスト!

 

肌にしばらく貼っておくだけで、潤ったぷるぷるの状態にしてくれるフェイスマスク。自分へのご褒美や特別な日のケアに使っている人も多いですよね。

でも、フェイスマスクを使うとき、「どのくらいの時間付けていればいいの?」「お手入れで使う順番はいつ?」「週に何回使えばいいの?」などど、疑問に思ったことはありませんか?

せっかく気合を入れてフェイスマスクを購入しても、間違った使い方をしてしまえば効果は半減!それどころか、肌トラブルの原因になってしまう可能性も…。

そこで、この記事ではフェイスマスクの正しい使い方を徹底解説。気になる疑問を解決して、フェイスマスクでうるうる美肌を手に入れましょう!

 

広告

フェイスマスクはこんなお悩みの人におすすめ

 

フェイスマスクは基本的に「スペシャルケア」というイメージもあるし、なんとなく面倒くさい、手を出しにくい…と感じている方もいるかもしれません。

でも、フェイスマスクは肌に貼って剥がすだけで、肌の調子をグンとアップさせてくれるお助けアイテムのような存在。

日々の疲れやストレスが肌に出てしまっているとき、年齢からくる悩みが増えてきたとき、日焼けなどでダメージを受けたとき…、そんなときでもほんの10分で肌をレスキューしてくれるフェイスマスク。ぜひひとつは持っておきたいアイテムです。

最近はデイリーに使えるお手頃価格のタイプも増えているので、お気に入りのフェイスマスクをひとつ見つけておくと、いざというとき助かるはず。

特に下記のような悩みがある方は、フェイスマスクをお手入れに取り入れてみるのがおすすめですよ。

乾燥が気になるとき

フェイスマスクを使う大きなメリットとして、まず「保湿力」があります。

フェイスマスクと言えば、美容成分をたっぷりと含んだヒタヒタのシートが特徴ですよね。

このシートをしばらく肌にのせておくことで、水分や成分を蒸発させずにしっかりと角層へと浸透させることができるので、普通に化粧水や美容液を付けるより保湿力が格段に高いのです。

いつものケアでは肌が乾燥するな…、と感じたときはぜひフェイスマスクで「肌に潤いを閉じ込める」ケアをしてあげましょう。

 

シミやくすみ、日焼けが気になるとき

フェイスマスクには、アルブチン・ビタミンC誘導体・トラネキサム酸などの美白成分を豊富に含むタイプも多くあります。

シミやくすみが気になり始めたときは、フェイスマスクで美白成分をしっかりとチャージしてあげるのも良い方法です。

最近では「肌の漂白剤」と呼ばれるハイドロキノンを配合したフェイスマスクも販売されているので、頑固なシミに悩んでいる方は試してみる価値があるはずです。

またフェイスマスクは、日焼け後の火照った肌をひんやりと鎮静化させる働きもしてくれますから、「うっかり日焼けしてしまった!」という日のお助けアイテムとしての使用もおすすめですよ。

 

シワやたるみなどのエイジングサインに

美容成分を贅沢に含んだフェイスマスクは、シワ・たるみなどの年齢肌の悩みにも高い効果を発揮してくれます。

実際、プラセンタ・コラーゲン・プロテオグリカンなどのアンチエイジング成分を含んだフェイスマスクは多数販売されており、30代・40代以降の衰えを感じ始めた肌には最適です。

これまでと同じケアでは肌の調子を維持できなくなってくるのが、30代や40代を過ぎた肌。いろいろスキンケアを試してみてもシワやたるみが改善されないときは、フェイスマスクに頼ってみましょう。これまでにない潤いやハリを感じられるはずです。

【脂性肌の人やニキビがある場合は注意!】

フェイスマスクには美容成分が豊富に配合されているため、肌に十分潤いや栄養を与えることができる反面、肌のタイプによっては「油分や栄養の与えすぎ」となってしまう場合もあります。

脂性肌の方や、ニキビができているようなときには、できればフェイスマスクの使用を避けたほうが無難です。

使うのであれば、オイルフリーのものやニキビケア用など、肌質に適したフェイスマスクを選んであげることが大切。

使用後にニキビが増えた、肌荒れしてしまったというような場合には、しばらくフェイスマスクの使用を控えて様子を見るようにしましょう。

 

フェイスマスクはスキンケアのどのタイミングで使うべき?

フェイスマスクの利用を考えたとき、お手入れの中でどのタイミングで使えばいいの?と迷ったことのある人も多いのではないでしょうか。

ここからは、そんなフェイスマスクの使い方に関する疑問にお答えしていきます。

まずは、フェイスマスクをスキンケアに取り入れる場合の「使う順番」から押さえておきましょう!

使うタイミングは化粧水の後が基本

さまざまな美容成分が濃密に含まれるフェイスマスクは、基本的には美容液と同様の位置づけになります。

つまりクレンジング・洗顔の後、化粧水で肌を整えてからフェイスマスクを使うのが最も効果的な順番なのです。

使う前に肌の汚れを落とすのはもちろんですが、化粧水でまず肌を整えておくことで、フェイスマスクに含まれる美容成分はより浸透しやすくなると考えられます。

さらに、フェイスマスクの使用後に、乳液やクリームで保湿をしてあげることも大切。マスクを取った後の肌はたっぷり潤っているので、その後「何も付けなくて大丈夫」だと思ってしまいがちですが、時間が経てば水分は逃げ、徐々に乾燥してしまいます。

フェイスマスクの後、乳液やクリームで肌に「油分のフタ」をすることで、美容成分が肌に留まりやすくなるため、このひと手間を惜しまないことがマスクの効果をアップさせるコツでもあるのです。

ただしフェイスマスクの中には、毎日化粧水代わりに使うことが推奨されているタイプも存在します。その商品におすすめの使い方がある場合は、説明書きの記載のとおりに使うようにしましょう。

 

フェイスマスクはどれくらいの時間付けていればいいの?

 

フェイスマスクを付けた後、どのくらい放置しておけばいいの?というのも、迷ってしまうポイントだと思います。

フェイスマスクを肌に付けておく時間はその商品によってさまざまですが、短いもので5分、長いものでも15分ほどが基本です。

プルプルに潤ったフェイスマスクは、長時間付けていればそのぶん肌にたくさんの栄養を与えてくれるような気がしますよね。でも、あまり長い時間付け過ぎるとマスクが乾燥してきてしまい、逆に肌から水分を奪ってしまうことになりかねません。

その商品が推奨している時間を確認し、その通りに使うことが最も大切であり、マスクがカサカサになるまで付けておくのは逆効果だと覚えておきましょう。

マスクに残ってしまった美容液は、デコルテなどに塗ってあげれば一石二鳥ですね。

 

フェイスマスクはどれくらいのペースで使うべき?

肌に潤いや栄養をチャージしてくれるフェイスマスクは、毎日使った方が肌に良いのでは?と考える方もいるかもしれません。

でも、多くの美容成分が含まれたフェイスマスクは、基本的には週1~2回のスペシャルケアという使い方で十分です。

毎日使うと肌への栄養の与えすぎになり、かえって肌本来の力を弱らせてしまったり、肌の負担となりニキビの原因となったりすることもあります。

決して「頻繁に使うほど美肌になれる」わけではないので注意したいところです。

ただし、商品によっては毎日使うことを基本としているタイプなどもあるため、そのフェイスマスクが推奨している使用頻度を守って使うようにするのがベストです。

 

フェイスマスクの効果をよりアップさせる方法とは?

 

せっかくフェイスマスクを使うんだったら、その効果をできるだけしっかりと実感したいですよね。フェイスマスクの効果をよりアップさせてくれる、おすすめの方法も紹介します!

入浴後に使う

入浴後の肌は血行が促進されていて毛穴も開いているため、フェイスマスクの美容成分がより浸透しやすいタイミングです。

入浴後、身体が温まっているうちにフェイスマスクを使うことで、浸透力がぐっとアップすることが期待できるので、ぜひ試してみてください。お風呂上りに化粧水でお肌を整えてからの使用がおすすめです。

忙しい朝にフェイスマスクを使いたい場合は、蒸しタオルなどで顔を温めた後に使うと効果的ですよ。

 

フェイスマスクをラップや手で覆う

フェイスマスクを肌にのせてしばらく経つとマスクの水分は徐々に蒸発していくため、「付けているうちにマスクが乾燥してしまった」という経験がある方も多いはず。

特に冬場などの乾燥する季節はマスクの水分が奪われやすく、いつの間にかシートがカピカピになっていた…ということもありますよね。

そんなときはマスクを顔に付けた後、手やラップで覆ってあげることで、マスクの乾燥を防ぎ浸透力を高めることができます。

特にラップを2つに切って、顔の左右や上下に分けてマスクの上から密着させるという方法は、密閉度を高めフェイスマスクの効果をアップさせてくれますから、こちらもぜひ試してみてくださいね。

 

おすすめの最新フェイスマスク!

 

さて、ここからは、これからフェイスマスクを使いたいと考えている人におすすめしたい、イチオシの高機能マスクをご紹介したいと思います。

今話題の成分「ヒト幹細胞エキス」が含まれた最先端のフェイスマスクなので、気になる方はぜひチェックしてみてください!

 

ビオプリマ

ビオプリマは、6種の保湿成分に植物由来の7種の美容成分を配合した、リッチな使い心地のフェイスマスクです。

肌本来の美しさを引き出すオリゴぺプチドなど3種のペプチドをはじめ、コラーゲンやヒアルロン酸、エラスチンなど、潤ったみずみずしい肌のために必要な成分がたっぷりと配合されています。

そんなビオプリマの配合成分の中でも、特に注目したいのが「ヒト幹細胞」という成分。

ヒト幹細胞は、人間から採取した細胞を培養したエキスのことで、驚異のアンチエイジング効果があるとしてSNSなどでも最近かなりの注目を集めている成分です。

もともとは再生医療から生まれたヒト幹細胞エキスですが、その「細胞を再生させる」という働きが、肌を根本から若々しく甦らせてくれる!として近年美容の世界でも広く使われるようになってきているのです。

 

【ヒト幹細胞のここがスゴイ!】

ヒト幹細胞には、年齢とともに衰えてしまう肌細胞をふたたび活性化させることで、ターンオーバーの周期を早めてくれる働きがあります。

さらに細胞が元気を取り戻すことによって、肌がもともと持っているコラーゲンやヒアルロン酸の生産力も強まるため、肌は内側からハリや弾力のある潤った状態へと自然に立ち直っていくのです。

つまり、肌が自ら生まれ変わる力を取り戻させ、細胞から若々しい肌へと変化していくサイクルを作りだしてくれるのがヒト幹細胞のスゴイところ。

これまでにない全く新しい働きをする「新世代のアンチエイジング成分」だと騒がれるのも納得ですよね!?

 

シートの素材にも注目!】

さらに、ビオプリマに使われている「バイオセルロース」という素材にも、ぜひ注目していただきたいのです。

一般的なフェイスマスクに使われているのは「不織物」という薄く乾燥しやすい素材ですが、植物を原料としたバイオセルロースは、たっぷりと水分を抱え込むことのできる特殊な技術が使われた素材です。

付けていてもマスクが乾燥することがなく、ナノレベルの細かい繊維がピッタリと肌に密着して美容成分を閉じ込めるため、一般のマスクに比べ浸透力は抜群。

その密着感やプルプル・うるうるとした感触が心地よい!と、驚きの声が上がっている注目の素材がバイオセルロースなのです。

ヒト幹細胞をはじめとする贅沢な成分を、特殊シートでぐんぐん浸透させるビオプリマは、肌のハリや弾力・潤いを復活させるだけでなく、シミやシワにも高い効果を発揮してくれます。

少しでも年齢肌のサインが気になってきた方は、一度お試ししてみても損はないおすすめのフェイスマスクです。公式サイト限定のお得なお試しコースもあるので、興味がある方は公式サイトをチェックしてみてはいかがでしょうか?

 

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

せっかくフェイスマスクを購入しても、間違った使い方をすることでその効果を半減させてしまってはもったいないですよね。

たった1枚で、さまざまな肌悩みを改善に導くパワーを持っているのがフェイスマスクですから、使い方のポイントを押さえて日々のスキンケアに役立ててもらえればと思います。

ただし、その商品が推奨している使用法が、そのフェイスマスクの効果を最も活かす使い方となるので、商品の説明書きをよく読んだうえで、最適な使い方をしてくださいね。

正しく使うことで、フェイスマスクはきっと美肌づくりに大きく貢献してくれるはずですよ!

最新情報をチェックしよう!
広告