女性に嬉しいヨガの効果とは?ヨガのメリットと魅力をご紹介

 

 

ヨガは、今から約5000年ほど前に古代インドで発祥した健康法です。

当時は男性が修練法として行っていて、正しい姿勢と正しい呼吸をすることで、心と身体のバランスを整えていました。

現在はヨガというと、女性が行うものというイメージがありますよね。

ヨガには様々な効果がありますが、その目的は人それぞれ。人気モデルやセレブたちなど、美容や健康を目的に行っている人も多いです。

今回はヨガによってもたらされる効果とその魅力をご紹介します。

 

広告

誰でも簡単に始められるヨガ

 

ヨガというと、オシャレなウェアにヨガマットを揃えて広いスペースがないと出来ないというイメージがあるかもしれません。

でも、実際は身体1つで、どんな服装でもどこでもできます。

キツい運動が苦手な人や身体が硬い人でも出来るので、続けていくうちにどんどんハマっていく人も多いですよ。

 

ヨガで大切なのは「呼吸」

ポーズをキレイにとることがヨガだと思う人もいるかもしれませんが、ポーズをとることよりも大切なのが「呼吸」です。

ヨガの呼吸法は、鼻から息を吸って鼻から息を吐きます。

鼻だけで呼吸を続けていくと、交感神経と副交感神経の両方を一緒に刺激できるため、自律神経のバランスが整うと言われています。

実は、私たちが無意識に呼吸をしているときは、左右どちらかの鼻でしか呼吸をしていないと言われています。

右側が交感神経(仕事や家事など活動をしているときに優位)で、左側が副交感神経(寝ているときやリラックスしているときに優位)と関係があると考えられています。

緊張しているときや身体がだるいときに、ヨガの呼吸法をすると不調が整います。

また、鼻呼吸を続けると、鼻のフィルターで体内にホコリやゴミなどの異物をが入流のを防ぎます。

日頃から鼻呼吸を意識してみるのはおすすめです。

 

ヨガの呼吸法は腹式呼吸法

ヨガの呼吸法はいろいろありますが、ポーズをとる際には腹式呼吸で行います。

〈腹式呼吸法〉
息を吸う
下腹部に手を当てながら、口を閉じてお腹が膨れるように鼻から34秒かけてゆっくり息を吸う

息を止める
3秒ほど息を止める

息を吐く
膨れたお腹を背中に近けるように引き寄せながら、67秒かけて息をゆっくり吐く

 

ヨガをするときに効果的なタイミングは?

 

ヨガをするのに決まった時間はありませんが、最も効果的な時間は朝起きた後と寝る前と言われています。

ヨガを朝にやるメリット

朝ヨガをすると、血行が良くなって眠っていた頭が身体がスッキリ目覚めます。

ベッドや布団の上でも簡単に出来ますが、太陽の光を浴びながら行うとハッピーホルモンが分泌され、一日中清々しい気分で過ごせますよ。

 

ヨガを夜にやるメリット

夜ヨガをすると、日中の活動で高まった自律神経を整え、心身共にリラックスした状態へ導いてくれます。

一日のストレスや疲れがリセットされ、睡眠の質が上がります。

 

ヨガを行う際の食事のタイミング

ヨガをするときは、身体が軽い食前がオススメです。

食後すぐや満腹の状態で行うと、胃に血液が集まって消化活動をするはずが、血液が筋肉にも分散されて消化不良を起こしてしまいます。

ヨガのポーズにはうつ伏せやお腹周りをねじるポーズなど、お腹を圧迫するポーズがあるので、気分が悪くなってしまう可能性も。食後は2〜3時間程あけてから行いましょう。

あまりにもお腹がすいて我慢できないという場合は、バナナ、ヨーグルト、サラダなど消化に時間がかからないものを食べるのがオススメです。

 

ヨガの効果は?

 

では具体的に、ヨガを行うと体にどのような効果があるのかをご紹介します。

ダイエット効果

普段使わない筋肉を使いながら呼吸に合わせて様々なポーズを行うヨガは、有酸素運動としてとても効果的です。

有酸素運動はエネルギー源として蓄えられている体脂肪を燃焼させます。

脂肪を燃焼するには酸素が必要ですが、20分以上続けることで脂肪燃焼が効果的に起こると言われています。

ヨガの呼吸は鼻呼吸と腹式呼吸なので、体内に酸素をたくさん取り入れることができ、脂肪燃焼効果が高まるのです。

インナーマッスルも鍛えられるのでお腹周りもスッキリしますよ。

筋肉量が増えると基礎代謝がアップするので、太りにくい身体になります。

 

姿勢が良くなる

日常生活では使わない筋肉や関節を動かしながらポーズをとるので、インナーマッスルや体幹が鍛えられ骨盤や背骨の歪みが整うという効果があります。

姿勢が良くなると身体の歪みが改善されるので、見た目のスタイルも良く見えるように!

普段の生活でも正しく筋肉が使えるようになるので、肩こり、腰痛、むくみといった身体の不調が緩和されます。

 

内臓機能が活性化する

ヨガで身体の歪みが改善されると、内臓の位置が調整されて正しいポジションに戻ると言われています。

食べ過ぎやストレスがあると内臓機能が悪くなり代謝が低下します。

体内の老廃物は血液や内臓に溜まると言われているので、ヨガで内蔵を刺激したりマッサージすると便秘解消、消化力アップ、血行促進の効果が期待できます。

特に、身体をねじるポーズには老廃物を排出して代謝がアップする効果があります。

 

冷え性改善

インナーマッスルが鍛えられると、見た目の印象が変わるだけでなく手先やつま先など末端の冷えも改善されます。

冷え性の主な原因は、筋肉量不足による血行不良と言われています。

筋肉は血液を全身に送るポンプのような働きをするのですが、冷え性でお悩みの方はこの筋肉量が少ないのかもしれません。

冷えは、肩こり、腰痛、便秘、生理痛、生理不順、不妊、ホルモンバランスの乱れといった女性特有の不調として現れます。

ヨガのポーズは普段使わない全身の筋肉をアプローチするので、筋肉を目覚めさせ、効果的に血液の循環を促して身体を温めます。

代謝も上がるので、冷え性や太りやすい体質を改善することができます。

 

美肌効果

ヨガを続けると、全身の血行とリンパの流れが良くなります。

新陳代謝が上がって肌のターンオーバーがスムーズになります。

ヨガをしたあとは、入浴後やマッサージをした後のように肌のトーンが上がります。

美肌の大敵はストレスと言われていますが、ヨガは自律神経のバランスを整える効果があるのでストレス解消にも繋がります。

こうした理由も美肌効果が得られる理由でしょう。

 

自律神経が整う

日常生活で呼吸に意識を向けることはほとんどないのではないでしょうか。

何だかイライラしたりソワソワ落ち着かないときは、無意識に呼吸が浅くなっている状態(または止まっている)になっていることがほとんど。交感神経が優位な状態になっています。

交感神経が優位になると身体も緊張するので、肩こりや腰痛、疲労といった身体の不調が出るようになります。

息を吸う時は交感神経が優位になり、息を吐く時に副交感神経が優位になります。

ゆったりと意識的な呼吸を繰り返すことで、自律神経のバランスが整えられます。

ポーズをする時間がないときは、ヨガの呼吸法をするだけでも気分が変わりますよ。

 

免疫力が上がる

自律神経が乱れると、免疫力も低下します。

風邪を引いても治りにくかったり、肌荒れや目の下のクマが気になる人は免疫力が下がっているかも。

ヨガの呼吸法は横隔膜を大きく動かしながら体内に酸素を取り入れ、内側から温めて自律神経を整えます。

酸素量が上がると、免疫力が上がります。

 

精神的に落ち着く

ヨガは深い呼吸とポーズに集中するので自分と向き合う時間ができ、心の安定に繋がります。

自律神経のバランスが整ってストレス解消に効果的。

私たちの身体と心は繋がっています。心がガチガチに緊張していると、身体もガチガチに硬くなります。

イライラしたり気分が落ち込むことがあっても、ゆっくりと深い呼吸でヨガをすると、心も身体も落ち着くことができますよ。

 

デトックス

ヨガをすると身体の内側から温まるので、体内に溜まっていた老廃物を排出する効果があります。

体内に老廃物が溜まると、便秘・むくみ・肌荒れ・疲れが抜けないなどがあります。

血液がドロドロになって、肥満になったり、風邪を引きやすかったり、気分が落ち込むなど心身に悪影響を及ぼします。

ヨガは身体だけでなく心のデトックスにも効果的です。ヨガの後は心身共にスッキリ清々しい気分になります。

 

筋力アップ

デスクワークが多かったり、運動する習慣がないと筋力は低下していきます。

ヨガはゆっくりとした動きが多いですが、だからこそ筋力が必要とされます。

筋肉や関節をダイナミックに動かすので、続けていくうちに筋肉と関節が柔らかくなり女性らしいしなやかな筋肉がついた理想的な身体になります。

ヨガを続けると、持久力がついて疲れにくい身体になりますし、エネルギー消費量が多いのでダイエットにも効果的です。

 

集中力UP

ヨガの呼吸法は、頭の中に酸素が届けられ思考がクリアになると言われています。

仕事や家事、育児、プライベートに忙しいと、心も身体も休まる暇がありません。

すると集中力が低下して仕事でミスをしてしまったり、あれこれと頭の中で想像しては気分が落ち込んでします。

そんな時はヨガで気持ちを切り替えて、ポーズと呼吸に集中しましょう。

自分の心と身体に意識を向けると、集中力がUPして作業効率も上がりますよ。

 

他にもある!ヨガの効果

ヨガの身体的な効果をご紹介してきましたが、他にも嬉しい効果があります。

・ポジティブシンキングになった

・ぐっすり眠れるようになった

・周りから「キレイになった」と言われた

などなど。

ヨガをすると、きっとキレイになれるはずです。

 

ヨガはどこでも簡単にできる

 

ヨガは身体1つあればどこでも出来ます。

ヨガマットがあるとベストですが、無くても出来ちゃいます。

可愛いヨガウェアがあるとモチベーションが上がりますが、ヨガはリラックスして行うことが大切。

いつもの部屋着で気軽に楽しめます。畳一畳分のスペースがあればOKなので、お金をかける必要はありません。

 

一日5分でOK

ヨガのポーズはねじるだけ、のばすだけで効果のあるものばかりです。ちょっとした空き時間や作業の合間など、リフレッシュ感覚でやってみてください。

最近運動不足かも、身体が硬い、肩こり、腰痛に悩んでいる・・。

体の悩みは尽きないという方!一日数分でも良いのでヨガ&プチエクササイズを始めてみましょう。

 

ベッドの上でやってみましょう

ヨガはベッドや布団の上でも身体に負担をかけずに出来ます。仰向けで行うので、自然と深い呼吸が感じられます。

就寝前
寝る前のヨガは眠りの質を高め、一日の疲れやストレスをリセットしてくれます。

疲れているときは何もしないで早く寝たいところですが、疲れているときだからこそヨガをしてみましょう!

活動モードだった心と身体がリラックスして、深い眠りにつくことができます。

翌朝はスッキリと目覚めることができて、身体が軽く感じますよ。

起床時
朝の起床前に1〜2つポーズをすると、頭と身体も目覚めます。

寝ている間に下がっていた体温上がり始めて、リラックスモードから活動モードにスイッチ。朝に軽く身体を動かすと身体が温まり、基礎代謝が上がります。

上がった代謝は一日中続くので、朝ヨガをすると痩せやすくなるとも言われています。

朝は排泄の時間とも言われているので、デトックス効果も期待できますよ。

5分くらいで出来るので、時間のない朝でも無理なくでき、気持ちの良い1日のスタートが切れます。

 

仕事や家事の隙間時間に

仕事や家事でなかなかまとまった時間が取れないそんな人は仕事や家事の隙間時間を有効に使いましょう。

席を立ったときやイスに座りながら、肩を回したり体側を伸ばすことができます。

この時も深い呼吸を意識して行いましょう。簡単な動きでも血流が良くなって、リラックス&リフレッシュしますよ。

 

無理なく続けることが大切

ヨガは時間も場所も取らないで、いつでも行うことが出来ます。

ヨガの効果が実感できると、自然と日常生活にヨガを取り入れられるようになります。

「肩こりがラクになった」「むくみが解消された」「睡眠の質が上がった」「モヤモヤしていた気分がスッキリした」など、日に日に体調の改善が感じられるようになると、モチベーションも上がってきますよ。

気分が乗らない日や時間が取れないときは、無理にやらなくて大丈夫です。

大切なのは、長く続けること。まずは15分を目安に、できるときに行ってみましょう。

 

まとめ

 

ヨガには女性に嬉しい効果がたくさんあることがわかりました。

女性の人気お稽古ランキングでも常に上位のヨガ、その魅力にハマる人の気持ちも分かりますね。

ヨガは、ポーズをとること以上に呼吸が大切です。

深い呼吸を意識しながら、まずは隙間時間やベッドの上でトライしてみましょう。

ヨガ雑誌や動画サイトに様々なポーズが紹介されているので、参考にしてみてはいかがでしょうか。

最新情報をチェックしよう!
広告