アレルギーの犬にもおやつは与えていいの?犬のアレルギーを詳しく解説

 

花粉症などのアレルギーにお悩みの方も多いのではないでしょうか。

私たちがアレルギーで悩むのと同じように、犬にもアレルギーがあるのを知っていますか?

実は、犬も人と同じように花粉や食べ物に身体が過剰反応を起こし、アレルギーと診断されることがあります。

この記事では、犬のアレルギーやアレルギーのある犬におやつを与えるときの注意点などを詳しくご紹介します。

 

広告

犬のアレルギーってどんなもの?

 

犬がアレルギーを起こすメカニズムは、基本的には私たち人間と同じとされています。

有害な物質を含む病原菌などに感染し引き起こされる感染症のようなものではなく、本来であれば害のない食べ物や花粉などに体が反応をして、体に異変が生じてしまうのがアレルギーです。

アレルギーの原因となり得るもの

アレルギー反応を起こすメカニズムについては、完全に解明されている訳ではありませんが、遺伝的要因や生活環境、毎日食べている食事などが複雑にからみあい発症するといわれています。

中でも犬のアレルギーの原因として最も多く挙げられるのが、毎日食べているドッグフードです。

市販されているドッグフードには、小麦やトウモロコシなどの穀物が主原料として使われているものが多くあります。

実は、よく食べるものほどアレルギーの原因となるアレルゲンとなりやすいとされていて、最近では小麦やトウモロコシに対してアレルギー反応を示す犬が増えてきています。

小麦やトウモロコシなどの穀物を使用しない食べ物はグレインフリーと呼ばれていますが、このような背景からグレインフリー仕様のドッグフードや犬用おやつが多く販売されるようになってきました。

また、アレルギーの原因を少しでも減らそうと、子犬の頃からグレインフリー仕様のドッグフードを与える人も増えています。

 

アレルギーの症状

犬のアレルギーの症状で比較的気づきやすいものには、皮膚の症状があります。

皮膚にプツプツと発疹ができていたり、部分的に脱毛するようになったり、目の周りや内ももなどの柔らかい場所が赤身を帯びて犬が痒がるようになることもあります。

その他には急にフケが増えたり、足の裏など肉球のあたりをしきりに舐めたり噛んだりするような行動をし始めたら、何か異変が生じている可能性がありますので、犬の体をチェックしてみましょう。

また、気になることがあれば早めに獣医師に相談するのがおすすめです。

例えば、何かの食べ物でアレルギー反応を起こしていた場合、最初は反応も小さく症状に気が付きにくいのですが、その食べ物を食べるたびに反応がどんどん強くなり、それに伴って症状はどんどん悪化していきます。

アレルギーの可能性がある場合には、早めに対処することで犬への負担も減らすことができます。

 

アレルギーの犬におやつは与えてもいいの?

アレルギーがある犬にも、おやつを与えることは問題ありません。

ただしアレルギーの原因が小麦であれば小麦の入っていないものを、それ以外であれば当然その物質が含まれていないものに限ります。

 

犬にとっておやつの必要性

おやつは必ずしも与えなければいけないかというと、実のところそうではありません。

現在販売されているドッグフードの多くは、総合栄養食として犬が必要とする栄養素が全て含まれています。

基本的にはドッグフードと新鮮な水を与えていれば栄養素は十分摂取できますので、そこへおやつを足す必要はありません。

以前は不足している栄養素やお腹を満たすために与えていたおやつですが、現在ではご褒美や楽しみとして与える要素が強くなっています。

愛犬とのコミュニケーションツールとして、上手に利用するのがおすすめですよ。

 

成分をよく確認する

ペットショップやホームセンターには、思わず人も食べたくなってしまうような美味しそうなおやつがたくさんそろっています。

ついいろいろと手を出しそうになるのですが、犬用のおやつを購入する時には成分をよく確認するようにしてください。

パッケージの裏には必ず成分表が記載されています。

原材料に使用されている成分を確認し、ここにアレルギーの原因となるものが記載されていたらそのおやつはNGです。

合わせて、使用されている添加物も確認してください。

最近では無添加と書かれているおやつもありますが、驚くほど多くの添加物を使用しているおやつもたくさんあるので注意が必要です。

添加物を長期間与え続けると、それが少しずつ体に蓄積されアレルギーの原因となってしまうこともあります。

すべての添加物を排除することは難しいですが、なるべく添加物の少ないおやつを選んで与えるようにしましょう。

 

おやつを与える時の注意点

 

実際に犬におやつを与える時にはどのような点に注意すればいいのか、紹介していきます。

与えすぎに注意

おやつを与えると犬が喜ぶからといって、与えすぎは厳禁です。

おやつは嗜好性が高く食べやすい形状のものが多いので、犬は与えれば与えるだけ食べてしまいます。

好きなだけおやつを与え食事もしっかり食べさせていると、あっという間に肥満犬になってしまいます。

とはいえ、おやつを与えて食事の量を減らすと場合によっては栄養バランスが悪くなってしまうこともあります。

おやつは食事のさまたげにならないように調整して与えるようにしましょう。

おやつ量のルールを作りましょう

犬に与えるおやつは、1日の量を最初に決めておくと良いでしょう。

1人暮らしならコントロールが簡単なのですが、調整が難しいのは家族全員が犬におやつを与えてしまう場合です。

そんな時には、1日に与えていい分量を小分けにしておくのがおすすめです。

「1日に与える量は小分けにされている量だけ」とあらかじめルールを決めてくことによって、家族全員がバラバラにおやつを与えても、与え過ぎを防ぐことができます。

どのくらい与えていいの?

犬に与えるおやつは、目安として1日に摂取カロリーの10%程度で、多くとも20%以内に抑えるのがベストです。

例えば体重が5㎏程度の小型犬であれば、1日に必要な摂取カロリーは約380カロリーになので、おやつはその10%程度の38カロリー程度となります。

おやつの種類によって量は異なりますが、犬用のビスケットなら1~2枚程度となります。

「それだけ?」と思われる方もいるかもしれませんが、おやつはお腹を満たすために与えるものではありませんので量は少なくても問題ありません。

犬はおやつをもらうという行為自体に喜びを感じます。

もっと欲しいとねだるのは、食べたくて仕方がないというよりも何かをもらう行動そのものを繰り返したい気持ちが大きいとか。

そのため、おやつは小さくちぎったり割ったりして、同じ量でも何度もやり取りができるようにするのがおすすめです。

 

おやつを開始する時期

おやつを開始する時期に決まりはありませんので、ここではおすすめの時期を紹介します。

おやつは食事の代わりにはなりません。

しかもおやつの食べやすさを覚えると、肝心のドッグフードを食べなくなってしまうこともあります。

子犬は離乳食を卒業すると、3回程度だった食事回数が成犬と同じように2回になります。

この1日2回の食事のリズムがしっかり定着した時期からおやつを開始すると、食事の妨げになることも少ないのでおすすめです。

 

おすすめの犬用おやつ

ここからは、愛犬に安心して与えることのできる市販のおやつをいくつかご紹介します。

 

わんかーむ

 

リラックス成分が配合されたおやつクッキーです。

オーガニックで国産素材を使用したおやつで、無駄吠えや噛み癖などのしつけでお悩みの方におすすめ。

テアニン・レモンバーム・カモミールなどのリラックス成分に加え、国産のおから・豆乳・チーズなどを使用しており、美味しく優しいおやつになっています。

 

 

モフモフデリ mof mof Deli 野菜シャッフルボーロ

 

サクサクとした口どけのよいボーロタイプのおやつです。

じゃがいも・かぼちゃ・にんじん・ほうれん草などの野菜を使用しているので、カラフルな上に一度に色々な味を愉しむことができます。

シニア犬でも問題なく食べることができます。

 

 

ソルビッツ 小麦を使っていないビスケット

 

小麦、卵、乳を一切使用していない犬用のビスケットです。

アレルギー対策でグレインフリー製品にこだわっている方にはおすすめです。

 

 

手作りおやつもおすすめ

 

特定の食品にアレルギー反応が出てしまう犬には、その材料を避けて安心できる材料を選んで手作りするおやつもおすすめです。

手作りなら、使用する食材をすべて選ぶことができるので、より安心して与えられます。

 

手作りおやつのレシピ

小麦粉不使用・犬用クッキー
【材料】片栗粉:100グラム

卵黄:1個

犬用ミルク:大さじ2

はちみつ:小さじ1

【作り方】

1、卵黄とハチミツをよく混ぜ合わせる

2、1に片栗粉と犬用ミルクをいれ、さらによく混ぜる

3、ひとかたまりになる程度の固さが理想なので、様子をみながら片栗粉か犬用ミルクを加える

4、クッキングシートを広げ、厚さ3mm程度になるように均等にできあがった生地を広げて、食べやすいサイズで切り目を入れておく

5、180度のオーブンで、10~15分程度焼いたら完成

*犬用のミルクがない場合には、スキムミルクと水で代用してもOKです。

*はちみつにはボツリヌス菌が含まれていますので、子犬や免疫力が落ちている老犬に与えるのはさけましょう。

さつまいもキントン
【材料】さつまいも:150グラム

無塩バター:5グラム

犬用ミルク:大さじ3

【作り方】

1、サツマイモは皮をむき、輪切りにしてから10分ほど水につけてあくを抜く

2、鍋にサツマイモとひたひたに浸かる程度の水を入れ、柔らかくなるまで煮る

3、サツマイモが柔らかくなったらボールに移して潰し、バターと犬用ミルクを加えてさらによく混ぜる

4、犬が食べやすい形に丸めて完成

*犬用のミルクがない時には、スキムミルクと水で代用してもOKです。

 

「簡単ささみジャーキー」

【材料】

ささみ:2~3日で食べきれる量

【作り方】

1、ささみを薄めのそぎ切りにする

2、クッキングシートを広げ、ささみが重ならないように並べていく

3、160度のオーブンで、40~50分程焼く

4、風通しのいい場所に置いてよく冷ましたら完成

*保存の際は冷蔵庫に入れて、2~3日で食べ切るようにしてください。

手作りおやつの注意点
手作りしたおやつを犬が喜んで食べてくれると、嬉しくてついたくさん与えたくなってしまいますが、与え過ぎには十分注意しましょう。また、手作りおやつは保存料などを使用していませんので、保存状態にも気を使う必要があります。

密封できる容器に入れ、必要に応じて冷蔵庫で保管し、なるべく早めに食べきることができるよう、大量に作らないことも大切です。

 

まとめ

 

犬のアレルギーとアレルギーのある犬のおやつについて紹介しました。

犬にアレルギーがあるからといって必要以上に気にすることはなく、おやつもアレルギーとして反応する食材が入っていないようなら問題なく与えることができます。

また市販のおやつだけでなく、愛犬のために手作りのおやつを作ってみるのもおすすめです。

手作りしたおやつを愛犬が喜んで食べてくれると、とても嬉しいものですよ。

最新情報をチェックしよう!
広告