柴犬はスキンシップが苦手?和犬ならではの性格や特徴、注意点についてご紹介!

キリリとした顔だちとくるんと丸まったしっぽが可愛い柴犬。最近では海外でも人気です。

そんな柴犬はどんな性格や特徴なのでしょうか?

一緒に暮らす上で知っておきたい歴史や特徴、病気やしつけの注意点などについてご紹介します。

 

広告

■柴犬の柴ってどんな意味?特徴や歴史を紹介

日本で古来から飼われている歴史のあるわんちゃんです。

なんと縄文時代の遺跡から、柴犬の祖先である縄文柴という犬の骨が出土しているほど、日本で昔から人と暮らしてきました。

日本の本州各地で、鳥やウサギの猟犬として飼われていました。山岳地帯という他のエリアとの交流が少ない地域で猟犬として繁殖していくうちに、犬種が確立していきます。

そして、山陰柴、美濃柴、信州柴の3つの系統ができました。

その後明治時代になり、日本に少しずつ洋犬が入ってきます。それにより柴犬を始めとする日本犬が減少していきました。

その減少を食い止めるため、昭和3年に日本犬保存会を設立。柴犬や秋田犬などの日本犬6種類の標準が定められ、種の保存を測りました。

1936年には柴犬は日本の天然記念物にも指定されました。

昭和初めには3種類いたのですが、その後の第二次大戦によって絶滅の危機を迎えます。これを防ぐために各地の柴犬を集めて交配してしまったため、それぞれの地域の特徴は失われてしまいました。

現在の柴犬の特徴は、ピンと立った耳とキリっとした凛々しい顔立ち、くるんと丸まったしっぽです。

体高は39㎝から35㎝ほどの中型犬で、秋田犬や紀州犬などと比べて小型なため、飼いやすいのが人気のポイントです。

日本犬6種類のうち、飼育頭数も圧倒的に多いです。

体つきはがっしりしていて、寒さにも強いため屋外の飼育でもOKです。

被毛は硬い上毛とやわらかい下毛のダブルコートで、色は赤、黒、白、胡麻があります。中でも最も多いのが赤です。

現在飼育されている8割は赤が占めており、胡麻は、赤、白、黒の3色が混ざった毛色のことで、赤色が多いと赤胡麻、黒色が多いと黒胡麻と呼ばれます。

胡麻色はとても珍しく、全体の数パーセントしかいません。

 

■頑固なの?日本犬らしい性格とは

とても飼い主さんに忠実で、従順な性格をしています。猟犬として長く飼われてきたため、自立心が高くとても勇敢です。

無駄吠えはあまりせず、飼い主さんに対しても大人になるとあまりベタベタしないクールな面も持っています。

洋犬のように構いすぎると、喜ぶどころか怒ってしまう場合もあるのです。

神経質なところもあるため小さなお子さんがいる家庭にはあまり向きません。

自立心が高いため、頑固なところもあります。飼い主さんには忠実ですが、縄張り意識が強く、見知らぬ人に対して警戒して吠えることもあります。

番犬としてはかなり優秀ですが、他の人や犬と仲良くできるように教える「社会化トレーニング」を必ず行う様にしましょう。

柴犬は賢いためしつけをすればよい家庭犬になりますが、いい加減なしつけをしてしまうと、頭がいい分飼い主を下に見てしまい、コントロールができなくなってしまいます。

特にオスは気が強く、甘やかすと自分が上だと思って問題行動を起こしやすいため注意しましょう。

ただし、飼い主さんを認めると、絶大な信頼を寄せてくれます。

しっかりとしたリーダーがいることでリラックスして過ごせるので、主従関係をはっきり教えることで柴犬も安定します。

社会化トレーニングと合わせて、服従訓練を行うことも大切なのです。

 

■飼い方とは

野山を駆け回っていた猟犬ですから、見た目以上に体力があります。

ストレス解消のためにも一日1時間以上は散歩させてあげてください。朝晩2回に分けて、なるべくたっぷりと散歩させてあげることで、運動不足解消だけでなく社会化トレーニングにもなります。

猟犬気質を持っていますから、ボールなど動くおもちゃで遊ぶのも好きな犬種です。

柴犬は環境への順応性が高いため、屋内と屋外どちらでも飼うことができます。屋外で飼う場合は犬小屋を用意しましょう。

特に夏の暑さは柴犬にとっても辛いため、風通しのよい場所に日陰を作って過ごせるようにしてあげてください。

屋外でも飼えますが、室内で飼うことが理想的。とてもキレイ好きな犬種ですから、家の中で飼っても問題はありません。

春と秋の換毛期には大量の毛が抜けます。皮膚疾患も多いため、こまめにブラッシングして清潔に保ってあげましょう。

できれば週に2、3回はブラッシングしてあげるのが理想的です。

 

■なりやすい病気は?健康で注意したいこと

とても我慢強い性格のため、体調不良があっても我慢してしまい、飼い主さんが病気に気付かない場合があります。

早期発見するためにも、日ごろからわんちゃんの様子をチェックして、異変を関じたらすぐに獣医師の診察を受けてください。

 

アトピー性皮膚炎をはじめとする皮膚疾患

体が丈夫な犬種ですが、皮膚疾患が多いことで知られています。

アトピー性皮膚炎は、ハウスダスト、花粉、ダニ、カビ、食べ物などさまざまなアレルゲンが原因で起こる皮膚の病気です。

マズル、目の周り、わきの下やももの付け根などに炎症が起こります。かゆそうにしていたら注意が必要。

かゆみや肌が赤くなり、脱毛を起こすことがあります。アトピー性皮膚炎だけでなく、マラセチアなどの真菌に感染することもあります。

皮膚の炎症を防ぐためにも、ブラッシングはこまめに行い、わんちゃんが過ごす場所を清潔にすることも大切です。アレルギーかもと思ったら獣医師の診断を受けて原因を特定しておきましょう。

 

膝蓋骨脱臼

膝蓋骨は膝のお皿にあたる部分の骨のことで、高いところから上り下りをして足に負担をかけると起こります。

三本足で歩くようなら要注意です。

滑りやすい床には敷物を敷いたり、ソファーなど高いところから飛び降りないよう踏み台を設置するなどして予防してください。

 

僧帽弁閉鎖不全

心臓の中で血液の逆流を防いで切る僧帽弁という弁が切れたり、変形することで機能しなくなる病気です。

年をとり、7歳くらいから多く見られるようになります。

息切れしたり呼吸困難などの症状が起こりますが、病気の初期にはあまり症状が見られず、気付かないまま進行してしまう場合があります。

様子をよく見て、疑わしいと思ったら早めに獣医師の診断を受けましょう。

 

■柴犬のしつけ

とても賢いわんちゃんです。ただし頑固なところがあるため、じっくりと教えていくことが大切。

しつけでまず大切にしたいのが、主従関係をはっきりさせることです。

主人には忠実で従順だと言われていますが、群れやリーダーを意識する犬種なので、自分をリーダーだと思ってしまうと、責任感が強いので群れを守るために気を張り、来客に吠えたり威嚇したりという問題行動を取ってしまいます。

逆に主従関係をはっきりさせ、飼い主さんをリーダーだと認めることで、安心しリラックスできるのです。

飼い主さんがリーダーであることを教えることは、柴犬にとっても幸せなことなのです。

柴犬のしつけを行う時は子犬の頃から上下関係を意識し、おやつや遊びのタイミングも飼い主さんがコントロールしてけじめをつけましょう。

わんちゃんのしつけは、罰を与えるよりも好ましい行動をしたらご褒美がもらえる「陽性強化」が効果的だとされています。

ご褒美はおやつ、撫でる、声で褒めるなどがありますが、洋犬に比べるとスキンシップがあまり好きではありません。

そのため、褒める時にしつこく撫でてしまうとかえって逆効果になってしまうこともあります。

しつけの時のご褒美は撫でるよりもおやつをあげることがとても効果的。

言葉で褒められることは声のトーンや雰囲気でわかるので、おやつとともに声掛けもしてあげるとより効果がアップします。

おやつをあげすぎると飽きてしまいご褒美としての価値が下がりますから、あげすぎには注意しましょう。

小分けにして少しずつあげ、ご褒美以外ではおやつを与えないことでおやつの喜びが大きくなり、カロリーオーバーを防ぐこともできます。

警戒心が強く繊細な一面を持っています。そのため知らない人やよその犬は苦手です。

他の人や犬とも仲良くできるよう、社会化トレーニングを子犬の頃から大切にしておくとよいでしょう。

散歩に行くのも社会化トレーニングのひとつ。知らない人や犬に会っても平気でいられるように慣らしていくことにつながります。

また少し集中力がないタイプのわんちゃんです。しつけを行う時は長時間行うのではなく、短時間で切り上げるようにするとよいでしょう。

ご褒美としてではなく、しつけの一環として身体に子犬の頃から触れておくことも大切です。

まずは背中や首回りを優しく撫でるようにして、触れることに慣れさせます。

徐々にマズル、頭、手足などあまり触られたくない場所にも触るようにしてスキンシップに慣らしておくと、爪切りやブラッシングがしやすくなります。

 

しつけのご褒美におすすめおやつ

しつけを行う時のご褒美には、わんかーむがおすすめです。おすすめの理由についてご紹介します。

スキンシップが苦手な柴犬もおいしいおやつなら喜ぶ

スキンシップが大好きな洋犬であれば、飼い主さんに撫でてもらうことはご褒美になります。

しかしスキンシップがあまり好きではない柴犬は、撫でられてもあまりご褒美だとは思わず、しつけの効果があまり出ないのです。

でも、おいしいおやつを貰えば喜びます。

わんかーむはわんちゃんが大好きな鹿肉のクッキーです。大好きなおやつを貰えば、柴犬もうれしい!と感じて、その前に行ったことを「またやろう!」と思います。

柴犬のしつけのご褒美はおいしいわんかーむが最適なのです。

 

繊細な柴犬をリラックスさせてくれる成分が入っている

わんかーむにはバレリアンという、ハーブ由来のリラックス成分が配合されています。

柴犬は繊細で警戒心が強いという特徴を持っています。

他の人や犬に会うとどうしても緊張し、警戒してしまうのです。柴犬にとって社会化トレーニングは欠かせませんが、とてもストレスを感じてしまいます。

社会化トレーニングで緊張する柴犬にとって、リラックス成分が配合されているわんかーむは最適なおやつ。

リラックス成分の力で気持ちがゆるみ、社会化トレーニングのストレスの緩和につながります。

警戒心がほどけることで、社会化トレーニングの効果をアップできるのもうれしいポイントです。

 

しつけ相談室で柴犬の特性に合ったしつけをアドバイスしてくれる

柴犬の性格は日本犬ならではのクセがあり、他の洋犬を飼った経験がある方でもとまどってしまうことがあります。

そんな時役立つのが「わんかーむしつけ相談室」です。

わんかーむしつけ相談室は、わんかーむを定期購入した方が無料で利用できる相談室です。

プロのアドバイザーが、犬種の特性などを踏まえてしつけのアドバイスをしてくれます。

柴犬ならではの特性にとまどったり行き詰った時、大きな助けになってくれるでしょう。

 

 

■まとめ

柴犬はキリっとした顔立ちとくるんとしたしっぽがとても可愛く、人気のわんちゃんです。日本犬らしい独特の性格も魅力的で、夢中になる飼い主さんも多いのではないでしょうか。

しかし誰とでも仲良くできる洋犬に比べると、しつけに困ってしまうこともあります。

しっかりしつけをしていけば、飼い主さんにとても忠実で深い絆を結ぶことができますから、まずは子犬の頃からしっかりとしつけをしていきましょう。

柴犬のしつけにはおやつ選びがとても大切です。

スキンシップが苦手な柴犬にはおいしいおやつはご褒美にぴったり。わんかーむを使って、柴犬との絆をもっともっと深めて行ってくださいね。

最新情報をチェックしよう!
広告