チワワってどんな犬種?性格や特徴、トレーニングの注意点を解説

 

小さな体に大きな瞳がかわいいチワワ。世界一小さな犬種としても知られています。

CMで人気に火が付き、現在でも人気ランキングで上位に入るわんちゃんです。そんなチワワはどんな性格や特徴をしているのでしょうか?

チワワの歴史や性格、気を付けたい病気やトしつけのポイントなど、チワワを飼う上で知っておきたいポイントをまとめてご紹介します。

 

広告

■チワワってどんな犬?歴史や特徴

 

チワワは祖先については諸説ありますが、古代メキシコで飼われていた「テチチ」という犬種が元だと考えられています。

テチチは9世紀ごろ、メキシコの先住民であるトルテック族が飼っていた犬で、神聖な神の使いとして、またいけにえや食用として欠かせない存在だったようです。多くの遺跡の壁画や彫刻にも、テチチの姿は描かれています。

15世紀ごろ、コロンブスがアメリカ大陸を発見した時も手紙で南米にいた小さな犬を発見したことが記されており、これがテチチであると考えられています。

その後テチチは数を減らしてしまいます。1850年になり、メキシコのチワワという町で3頭の小さな犬が発見され、発見地にちなんで「チワワ」と名付けられました。

チワワはアメリカに渡り、様々な犬種と掛け合わせながら品種改良を重ね、現在のスタイルが完成。1904年にアメリカの犬種登録協会に登録されました。

チワワの特徴は、その小さな体にあります。

手足は細くて華奢ですが、頭蓋骨はがっちりしており、アップルドームと呼ばれるリンゴのような形の頭がよいとされています。体重は1.5~3.0kg、体高13㎝の世界最小の超小型犬です。耳は大きなそり耳で、目はぱっちりと丸く、可愛らしい印象のわんちゃんです。

毛の長さで、スムースコート(短毛)とロングコート(長毛)の2種類に分けられます。毛色は多彩で、模様も多くカラーバリエーションは無限ともいわれています。

 

■チワワって意外と気が強い?チワワの性格

チワワはとても小さな体ですが、気が強く勇敢な性格です。小さな体で、自分よりも大きな犬に吠えたてる姿を見せることもあります。

明るく陽気で、飼い主に対してとても忠実です。その分警戒心が強く、家族以外の人や他の動物に対して攻撃的になることがあります。侵入者に対しては敏感に反応するので、小さくても番犬としても優秀です。

ただし吠え癖がついてしまうこともあるので、注意が必要。

基本的には甘えん坊で飼い主さんからたっぷりと愛情をもらうことで幸せを感じるわんちゃんです。頭もよく、自分で状況を判断して行動することもできるため、きちんとしつけをすれば家族のよい一員となってくれます。

 

■チワワの飼い方とは

 

チワワは小さいため、運動量は少なめです。

室内だけでも運動量としてはOKですが、外に出ることでストレス解消になります。一日最低でも1回、できれば朝晩2回15分前後のお散歩をさせてあげると、運動も出来て精神面でも安定します。

しつけ面でも、外に連れ出すことが大切です。チワワは警戒心が強く、家族以外の人に対して吠えてしまったり、攻撃的になることがあります。

外に連れ出し、子犬の頃から他の犬に触れ合わせたりすることで、誰とでも仲良くできるわんちゃんに育てましょう。

他の人やわんちゃんと仲良くできるようにしつけることを「社会化トレーニング」といいます。小さいからといって社会化トレーニングをおろそかにすると問題行動を取るようになりますから、しっかりと行うようにしましょう。

チワワは寒さに弱い犬種ですから、室内で飼うようにしてください。冬はお散歩のときなど防寒対策をしてあげます。小型犬はアスファルトからの照り返しの影響を受けやすいため、夏場の散歩は涼しい早朝や夕方以降に散歩してください。

毛の短いスムースは、適度にブラッシングとタオルでさっと拭いてあげるくらいでお手入れは大丈夫です。ロングは毛がからんで毛玉ができやすいため、週に2回以上はブラッシングとコーミングをして毛のお手入れをしてあげましょう。

 

■なりやすい病気は?チワワの健康で注意したいこと

チワワがかかりやすい病気とその対処法をご紹介していきます。

 

膝蓋骨脱臼

膝蓋骨脱臼とは、後ろ足の膝のお皿の部分がずれたり、外れたりする病気です。

小型犬がなりやすく、チワワを飼う時も気を付けたい病気となります。チワワが三本足で歩いていたり、スキップするような歩き方をしているなど、いつもと違う歩き方をしていたら要注意です。

膝に負担がかかることで膝蓋骨脱臼はおきやすくなります。フローリングで滑らないようにマットを敷いたり、ソファーや階段を飛び降りさせないように気を付けてください。

また、肥満は膝の負担を大きくしますから、体重管理にも気を付けましょう。

 

角膜炎

チワワは目が大きく飛び出しているため、目に物がぶつかったり異物が入りやすく、角膜炎を起こしやすい犬種です。

涙がやけに出ている、目やにが多い、目が充血しているなどの症状が見られたら、獣医師に相談してみましょう。

 

低血糖症

チワワは小さい身体ですがとても活発なわんちゃんです。そのため食べずに運動していると低血糖を起こしやすくなっています。

特に生後3カ月までの子犬は1回に食べられる量が少なく、低血糖を起こしやすいため注意してください。わんちゃんがぐったりしていたら、早めに獣医師の診断を仰ぎましょう。

 

泉門開存

チワワには、頭がへこんだ状態の子が多く生まれます。これは頭蓋骨の接合部である泉門が、不完全な状態で生まれてきたことが原因です。

成長につれて頭蓋骨が接合する場合もありますが、うまくふさがらないままの子もいます。ふさがらなかった場合は、その部分の神経を刺激してしまうと全身にさまざまな症状がでることがあります。

先天的なもので治療法はありませんが、泉門開存のある子は頭に対する刺激や激しい振動を与えないように気を付けてください。

 

■チワワのしつけ

チワワはとても賢く、学習能力が高いのでしつけがしやすい犬種です。しかし警戒心も強く臆病な一面もあるので、叩いたり大声を出すなど暴力的なしつけをすると、飼い主との信頼感が築けません。

叱る時は、「ダメ!」といった短くわかりやすい言葉で叱りますが、上手に出来た時は思いっきり褒めたり撫でたりする、陽性強化のしつけが理想的です。

褒める時はごほうびにおやつをあげるしつけも効果的です。ただし体が小さいため、一度にたくさん食べさせると肥満に繋がります。

チワワは足が華奢で膝蓋骨脱臼を起こしやすいため、足腰に負担がかかる肥満は大敵です。おやつをあげるときはなるべくヘルシーなものを小さく小分けにして与えるようにしましょう。

小さくて愛くるしいチワワですから、つい甘やかしてしまいたくなりますよね。

しかし賢い分、上下関係を間違って覚えさせてしまうと、飼い主にも攻撃的な性格になってしまいます。主導権は常に飼い主が持ち、リーダーはあくまで人間であることを覚えさせましょう。

主導権が人間にあることをチワワにわかってもらうには、チワワからの要求をすぐに答えるのはやめましょう。

「あそんで」「かまって」「おやつちょうだい」などのかわいいおねだりにもすぐに答えてはいけません。

特におやつやフードのあげすぎは、肥満に繋がりますから厳禁です。必要でない時は無視したり、「伏せ」などの支持を与えて、できたご褒美として撫でてあげ、かまってあげます。

これを繰り返すことで、チワワは少しずつ人間をリーダーとして認めてくれるのです。チワワは頑固な一面も持っていますから、しつけは根気よく繰り返していきましょう。

チワワのしつけでもうひとつ大切なのが、社会化トレーニングです。チワワは臆病な面があるため、激しく吠えて威嚇することがあります。

臆病であればあるほど吠えてしまうので、社会化トレーニングを重ねて周囲の環境に慣れさせ、無駄にほえないように育てることが大切なのです。

社会化トレーニングには、散歩が一番です。

2回目のワクチン接種を終えたら散歩デビューし、さまざまなものに触れさせます。

散歩自体も怖がるチワワがいますが、少し歩いたらおやつをあげたり、撫でたりしてあげることで、少しずつ自信をつけさせましょう。

怖がる場合はまず飼い主さんが抱っこして、外の景色や音に慣れさせるとよいでしょう。

チワワは頭がいい分、一度嫌な思いをするとそれを引きずってしまう傾向があります。慣れるまではなるべく嫌な経験をしないようにしてあげるのがおすすめです。

 

■チワワのしつけのご褒美にはわんかーむがおすすめ

 

チワワのしつけのご褒美には、わんかーむがおすすめです。わんかーむがおすすめの理由を紹介していきましょう。

緊張しがちなチワワにはリラックス成分が効果的

チワワは臆病で、警戒心が強い一面があります。身体が小さい分、危険がないように周囲を警戒して用心深くなっているのです。

そのため吠え癖が付きやすく、散歩を始める時も嫌な思いをしないよう注意しなくてはなりません。つまりチワワはリラックスがとても必要な犬種と言えます。

わんかーむにはテアニン、カモミール、レモングラスの3種類のリラックス成分が含まれています。3種類のリラックス成分は、ハーブや緑茶の成分などどれも自然のものですから、身体の小さなチワワにも安心してあげることができます。

わんかーむに含まれている3種類のリラックス成分をトレーニングのご褒美にあげることで、緊張しているチワワの気持ちも和らぎます。

社会化トレーニングの一環として散歩中に他の犬や知らない人に会ったとき、吠えずにいられた時のごほうびのわんかーむをあげれば、その後の社会化トレーニングをリラックスして受けることができるため、とても効果的になるのです。

 

ヘルシーなおから配合クッキーだから肥満対策になる

身体が小さく足が華奢なチワワにとって、肥満は病気を引き起こす原因となります。

ご褒美になるからと言って大きなおやつをそのままあげていては、食べ過ぎになってしまい肥満に繋がってしまいます。

わんかーむはチーズ風味のクッキーで、小分けにしやすいのが特徴です。小さく分けてあげることができるので、しつけのご褒美にしてもカロリーオーバーしにくいのが大きなポイント。

小さく分けてあげることで、しつけ中に何度もあげても肥満になりにくくなります。

さらにわんかーむはおから配合でヘルシーなのもうれしいポイント。

おからは低糖質で太りにくい食材として最近人気になっています。おからパウダーと小麦粉を比較すると、100g当たりの糖質は小麦粉が73gなのに対して、おからパウダーはたったの5.9g。肥満対策としてもおから入りのわんかーむはとてもおすすめのおやつなのです。

 

チワワがなりやすい低血糖対策にはおから

チワワがなりやすい病気の一つとして、低血糖を紹介しました。低血糖とは、血液中の糖分濃度が低下する病気です。

多くの糖質を摂ると一時的に血糖値は上がりますが、インスリンの分泌で血糖値は下がります。このような急激な血糖値の上げ下げは、低血糖の原因となるのです。

わんかーむは低糖質なおから配合のクッキーです。血糖値の急激な上げ下げが起こりにくいことで、低血糖対策にもなるのです。

 

しつけ相談室で相談できる

チワワは賢いですが頑固な一面があり、しつけに苦労してしまう飼い主さんもいます。しつけの本やネットの情報だけではなかなかしつけがうまくできず、困ってしまう場合もあります。

そんな時役立つのが、「わんかーむ しつけ相談室」です。これはわんかーむを公式サイトから定期購入する方が無料で利用できるしつけ相談サービスで、電話でプロのアドバイザーからわんちゃんのしつけについてアドバイスを受けられます。

アドバイザーは犬種ごとの特徴や性格も把握した上でアドバイスをしてくれるので、がんこなチワワのしつけにも効果的です。チワワのしつけに悩んだ時は、ぜひわんかーむしつけ相談室を活用してみましょう。

 

 

■まとめ

 

チワワの性格や特徴、しつけの際に気を付けるポイントなどについてご紹介しました。

チワワはとても可愛く賢い犬種で、きちんとしつければ飼い主さんと深い絆で結ばれます。ただし気が強く臆病な一面があり、きちんと社会化トレーニングや主従関係を教えなくては、攻撃的なわんちゃんに育ってしまうこともあります。

わんかーむなどおいしいおやつを効果的に使い、チワワとの暮らしをもっと楽しいものにしてみてくださいね。

最新情報をチェックしよう!
広告