まつ毛美容液でトラブル!?使用時に気をつけたい3つのこと

 

自まつ毛を長く綺麗に保とうとする女性が増え、まつげ美容液の需要も日に日に増加傾向にあります。まつげ美容液を使用している人が増えていけばいくほど、誤った使用方法などによってトラブルに合っているケースも多くなっています。せっかく綺麗になるためにと思ってやっていることで、嫌な思いをするなんて絶対に避けたいですよね!

そこで今回は、「まつ毛美容液を使用する上で注意したいポイント」についてご紹介していきます!

 

広告

まつ毛美容液の効果とは?

まずはそもそものまつ毛美容液の効果ですが、一般的に以下のようなものが挙げられます。

1.まつげの成長を促す効果

2.まつ毛の保湿効果

3.ダメージを受けたまつ毛のリペア効果

4.細く弱くなっているまつ毛をハリのある状態に戻す効果

普段メイクをしているだけでも、まつ毛にかなりの負担がかかっています。マスカラやビューラーの使用はもちろん、クレンジングの際にも、まつ毛にはかなりのダメージを与えているのです。そして、冬の時期は特に乾燥によるダメージも油断してはなりません。まつ毛美容液は、まつ毛の成長を促す効果だけでなく、そのようなトラブルを解決してくれる役割もあるのです。

 

トラブルが出やすい人の特徴

効果を見ると、メリットばかりでとても魅力的に見えるまつ毛美容液ですが、残念なことに、使用してトラブルが出やすい人とそうでない人がいるのです。そこでどのような人にトラブルが出やすいのかをまとめてみましたのでみていきましょう!

 

●肌が敏感

敏感肌の方は、ノーマル肌の方に比べてトラブルに遭いやすくなります。美容液を塗っただけで痒みや痛みを伴う方もいるようですので、まつ毛美容液を選ぶ際は、ご自分に合うものを選ぶ必要があります。

 

●アレルギー

敏感肌の人と同様に、アレルギー体質の方もまた、まつ毛美容液を使用した際のトラブルの報告が多くあがっています。まつ毛美容液を購入する際には、製品の成分表などをよくチェックして、ご自分の肌に合うかどうかを見極めることがとても重要になってきます。

 

●間違った塗り方

肌にトラブルを抱えていない人たちでも、まつげ美容液の使用方法を間違えた場合、痒みや痛みを感じることがあります。規定量以上のまつげ美容液を塗ったり、誤った部位に使用したりするなど、間違った塗り方をしているとトラブルに遭うことがありますので注意しましょう。

 

こんな症状が出たら注意

 

それでは、美容液を使用する際に私たちはどのような症状が出たら注意する必要があるのでしょうか? 危険だとされる具体的な症状をまとめてみましたのでみていきましょう!

 

●目元やまぶたが赤く腫れた

塗った後に、目元やまぶたが赤く腫れる症状が出た場合は要注意です。基本的に日本国内で市販されているまつ毛美容液には、目の周りを赤く腫れさせるような成分は含まれていません。しかし、中には副作用が起こりやすい成分を使用した商品なども報告されていますので、信用できない販売サイトなどからの購入は避けるのが先決です。

 

●ヒリヒリやかゆみが出た

塗った後に、ヒリヒリするなと感じたりかゆみが出た場合もSOSサインの現れです。そのような場合は、すぐに使用をやめましょう。目の周りの皮膚は、他の顔の部分の皮膚に比べ、とてもデリケートな部分であり、敏感肌の方であれば少しの刺激で痛みやかゆみが出てきてしまいます。かゆみがある場合は、皮膚でなくまつ毛のみに塗るという選択肢もあります。しかし、勿体無いからといってそのまま同じものを使うのではなく、ご自分に合うものを探すことがとても大切です。

 

●目の充血

間違って目に入ってしまった際によく起こるトラブルが、目の充血です。まつ毛美容液に使われている防腐剤の成分(フェノキシエタノールやプロピルパラベンなど)の副作用によって、充血するケースが報告されています。特に、薬の副作用などがある方は成分表を確認してからの購入をおすすめします。

 

トラブルを防ぐためには?

それでは、これまでご説明したようなトラブルはどうやって防いでいけばよいのでしょうか? 具体的な回避方法をまとめてみました!

 

①パッチテストをする

肌トラブルを防ぐためにとても有効とされているのが「パッチテスト」です。

具体的なパッチテストのやり方をご紹介します。

(パッチテストの仕方)

1.  まつげ美容液を腕の内側に塗る。
2.  塗った箇所に絆創膏などを貼る。
3.  30分ほど経ったら、絆創膏を剥がし経過観察をする。
4.  その後1日〜2日後にもう一度経過を観察する。
5.  痒みや赤みなどの異常が出た場合は使用を控え、変化がない場合は使用OK。

腫れや痒み、痛みが治まらない場合は、すぐに使用をやめて、専門医への相談するようにしましょう。

 

②使用方法を守る

1.  清潔な目元やまつ毛に使用すること

まつ毛美容液の効果を最大限に出すためにも、目元やまつ毛を清潔にしておくことはとても重要です。また、まつ毛や目元が汚れた状態で美容液を使用した際、美容液自体にも汚れが移ってしまい、劣化や腐敗につながっていきますので注意が必要です。

2.  規定量を決まった場所に塗ること

たくさんの量を塗ったからといって、効果が早く出ることはありません。むしろ、規定量よりも多く使うことで、美容液が目の中に入って充血を起こし、痛みなどを伴うトラブルにもつながりますので気をつけましょう。また、美容液を塗る場所もとても重要です。まつ毛の根元や目の際(キワ)の部分に軽く塗るようにしましょう。

3.  使用回数や使用する時間帯も要チェック

まつ毛美容液によっては、1日に1回塗るものや2回塗るものなどがあります。美容液の成分によってより効果があらわれるように、商品によって塗る時間帯も変わってきます。今一度、ご自分の使われている美容液の使用方法を確認してみましょう。

 

③貸し借りをしない

リップクリームやメイク道具をお友達と貸し借りすることもあるかと思います。それと同じような感覚で、他の人のまつ毛美容液を借りて試してみたい! と思う方もいるでしょう。

お気持ちはとてもわかりますが、おすすめできません…。

その理由は、感染症の恐れがあるからです。結膜炎などを引き起こすリスクがとても高いため、やめておいたほうが良いでしょう。また、まつ毛美容液に限らず、化粧品をシェアすることはなるべく避けましょう。

 

捨てるタイミングの見極めポイント

意外と難しいのが、捨てるタイミング。みなさん、どのような基準で、そしてどのくらいの期間使用したら処分されていますか? 捨てるタイミングがすぐわかる判断基準をまとめてみました!

●美容液の変色

美容液の変色は、まつ毛自体についていた油分が美容液に入り込むことで起こってしまう現象です。まつ毛の油分は、化粧水や乳液、クリームなどを塗る際についたり、皮脂よごれとして付着するなど、生活をしていく上でどうしてもついてきてしまうものです。多少変色をしても使用できると各メーカーも回答していますが、変色しているということは、少しずつ劣化が進んでいる証拠です。少しでも早く使い切るか、毎回新しい綿棒などを使って美容液を塗るなど工夫が必要です。変色だけでなく、中身が分離してしまったり、どろっとした状態になった場合はすぐに使用をやめることをおすすめします。

 

●悪臭がしていないか?

まつ毛美容液に限らず、どの化粧品も腐敗が進んでいた場合に、鼻にツーンとくるような刺激臭がします。少しでも不安になったら使用をやめ、新しい美容液を購入しましょう。

基本的に、未開封のまつ毛美容液の寿命は3年、開封後は3ヶ月をめどに使い切ることが目安とされています。それ以上の期間に渡って使用している場合は、ご自分の美容液の状態をチェックしてみましょう!

 

より効果が期待できるオススメのまつ毛美容液「アイラシード」

様々なまつ毛美容液を使ってきた筆者が、最終的にたどり着いたのが、「アイラシード」です。

美しいまつ毛のためにこだわりぬいて作られたまつ毛美容液で、無添加にこだわり国内生産しているため、とても安心して使うことができるのがうれしいポイントです。筆者は敏感肌のためか、安い美容液を使うと目元がかゆくなってしまっていたのですが、このアイラシードはそういったことは一切なく、とても快適に使うことができています。

また、まつ毛を長くする成分とまつ毛の保湿をして濃くはっきりとした目元にしてくれる成分がW配合されていて、しっかりとしたまつ毛に導いてくれます。どのまつ毛美容液を使おうか悩んでいる方がいたら、是非このアイラシードを試していただきたいと思います。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか? 今回は、まつ毛美容液を使用した際に注意すべきことについてまとめてみました。

敏感肌やアレルギー体質の方は、まずパッチテストなどを行うなどして、ご自分にあった美容液選びをしましょう。また、正しい使用方法を守ることも、トラブルを避けるためにとても重要ですので是非覚えておきましょう!

この記事を読まれた方たちがまつ毛美容液を使いこなして、ご自分の理想的なまつ毛に近づけていけますよう、心から応援しています! そして、まつ毛美容液を使うことで、日々の自分磨きがさらにレベルアップしたものになりますように!

最新情報をチェックしよう!
広告