下まつげない方必見!きれいな下まつげになるメイクとケア方法!

いつも上まつげだけは気にするけど、下まつげを工夫してメイクをすればさらにぱっちりとした可愛らしい目元を演出できます。

目ヂカラUPで魅力的な目元というと、アイシャドウで立体的に…、アイライナーでくっきりと…などと思いがちですが、見逃しがちな下まつげのメイクも欠かせないんです!

目元をより美しく引き立てるために、この記事では可愛い雰囲気に仕上げる下まつげのメイク方法や、下まつげを増やす方法をご紹介していきます。

 

広告

下まつげが意外と重要なワケ

アイメイクをするとき、上まつげは上向きカールで長く見えるよう丁寧に仕上げると思いますが、下まつげは何もしないという方もいるのではないでしょうか。

実は下まつげは、魅力的な目元に仕上げるための重要なパーツのひとつで、下まつげをメイクすると嬉しいメリットがたくさんあるんです。

ここでは、下まつげのメイクには、どのような優れた効果があるのか具体的に見ていきたいと思います。

●下まつげには小顔効果がある

下まつげにマスカラを塗ってメイクをすると、小顔に見える効果があります。黒目の下から口角までが長いと、間のびしているような印象を与えため、顔の縦ラインが長く見えてしまいます。

でも、下まつげをメイクすると目の下の部分が強調されて目元の重心が下がるため、頬の面積が狭く見えます。その結果、顔の中心にパーツが集まっているように見え、小顔効果が得られるのです。

ただし、小顔効果が期待できるからといって、下まつげにマスカラをたっぷり塗るなど盛りすぎはNGです。顔全体の見た目のバランスが不自然に見えてしまいます。あくまでもナチュラルに仕上げることがポイントです。

●目がぱっちり大きく見える

下まつげのアイメイクには小顔効果のほかに、目がぱっちりと大きく見える効果もあります。目が大きく見えるポイントは、黒目の大きさなどもありますが、「目の縦の幅」も関係しています。そのため、下まつげにマスカラを塗ると、目の輪郭が強調されて目の幅が広く見え、目が大きく見えるのです。

さらに、上まつげもビューラーで上向きカールにして、長く見えるようにマスカラを塗ると、目の下側だけでなく目の上側も強調されるので、よりぱっちりとした目元を演出できます。

 

下まつげのアイメイク方法

 

ここでは、下まつげのアイメイク方法や、メイクをする際のポイントを説明していきます。下まつげのメイクに慣れていない方でも簡単にできるので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

●下まつげのビューラーの使い方

上まつげと同様、下まつげもマスカラを塗る前にまずビューラーでカールさせ、それからマスカラを塗ります。下まつげの場合は、ビューラーを逆さにして持って使います。

そして、ビューラーを下まつげの根元に沿わせ、まつげを挟んで下に向かって軽くカールさせましょう。

もしやりづらい場合や長さが短く、うまくビューラーに挟めないときは、部分用ビューラーで2〜3回に分けてやるのがおすすめです。部分用ビューラーは、通常のビューラーよりも幅が半分程度の形状になっています。そのため、少し手間にはなりますがまつげを挟みやすいので、まつげ全体をきれいに整えることができます。

●下まつげのマスカラの塗り方

下まつげにマスカラをきれいに塗るには、塗る前の準備もポイントです。まず、下まつげの表面についた余分な油分や、ファンデーションをティッシュで軽く拭き取りましょう。そうすることで、マスカラがなじみやすくなります。

そして、マスカラを塗っていきます。このとき、ブラシにマスカラ液がつきすぎている場合は、軽くティッシュで拭き取りましょう。たっぷりとブラシにマスカラ液がついたまま塗るとダマができてしまい、きれいな仕上がりになりません。

マスカラ液をティッシュオフしたらマスカラを縦に持ち、ブラシの先端部分を使って下まつげの生え際から下に向かって塗ります。左右に小刻みに動かしながら塗ると長さがでるので、よりパッチリとした目元になります

目頭から目尻まで塗れたら、今度はマスカラを横にして持ち変え、下まつげの生え際から下に向かって塗りましょう。もしダマになってしまったときは、綿棒で軽く拭き取って調整するときれいな仕上がりになります。

 

下まつげを増やす方法ってあるの?

下まつげをメイクして小顔効果やデカ目効果を狙いたくても、そもそも下まつげが短かったり、少なかったりする場合は「効果が得られるの?」と思ってしまいますよね…。

上まつげと同じように、下まつげも長くて量が多いほうがマスカラを塗ったときに映えます。そこでここでは、下まつげを増やす方法をお伝えしていきます。

●下まつげ用のつけま

簡単に下まつげを増やすには、下まつげ用のつけまつげを使うものひとつの方法です。まつエクをするという方法もありますが、コスト面を考えると1,000円程度で購入できるつけまつげのほうが、はるかにお得です。

下まつげ用のつけまつげと一口にいっても、長さやデザイン、太さなどさまざまな種類があります。そのため、どんな雰囲気に仕上げたいかによって選ぶようにしましょう。

例えば、華やかでエレガントな雰囲気の目元にしたい場合は、束感のあるものが向いています。また、なるべく目を大きく見せたい場合は、ロングタイプ、ナチュラルな優しい雰囲気に仕上げたい場合は、長さが短めで毛の並びがランダムのものがおすすめです。

加えて、より自然な仕上がりにしたい場合は、ハーフタイプもよいでしょう。ハーフタイプは毛束が小さいので、黒目の下と目尻に少しだけプラスするなど、自分好みに調整しやすい点が魅力です。黒目の下と目尻につけるだけでも、目の縦幅と横幅が十分に強調されるので、デカ目効果と小顔効果を得られます。

つけまつげのデメリットとしては、自まつ毛を傷めてしまうことです。つけまつげの重さで自まつ毛が抜けてしまったりコシが無くなったりするケースがあります。

●まつげ美容液

なるべく自まつげに負担がかからないようにしてまつげを増やしていきたいという方は、まつげ美容液でまつげをケアしながら増やすのもひとつの手です。

まつげ美容液には保湿や育毛のサポート、ダメージを修復する成分など、さまざまな美容成分が含まれています。そのため、まつげに栄養を与えてケアをすることで、抜け毛を防ぎ育毛を促して健やかなまつげへと導いてくれます。

まつげ美容液は非常に種類が多く魅力的なアイテムばかりですが、その中でもおすすめなのは、こだわりの成分で作られている「アイラシード」です

まつげ美人を目指す女性のために誕生したアイラシードは、キャピルキシルとワイドラッシュという美容成分が、両方とも高濃度推奨量で配合されています。キャピルキシルは、抜け毛を防ぎ発毛や育毛を促す成分、ワイドラッシュはまつげを切れにくくし、コシのある強いまつげへと導く成分です。

そのため、上まつげはもちろん、長くてハリのある健やかな下まつげの発毛や育毛も期待できます。

まとめ

まつげのメイクというと、上まつげにフォーカスしがちですが、下まつげも重要なポイントです。下まつげを増やしたり、マスカラで強調したりすることによって、目が大きく見えたり小顔効果になったりと、女性にとって嬉しいことだらけです。

なお、下まつげにマスカラを塗るときは、ダマにならないように注意しましょう。特にボリュームタイプのマスカラの場合はブラシの形状上、マスカラ液がまつげにつきやすいようにできているので気をつけてくださいね。

また、下まつげ用のつけまつげは、盛りすぎにならないように意識し、あくまでもナチュラル感のある雰囲気に仕上げることがポイントです。バサバサしすぎてしまうとデカ目効果というよりも、ただの不自然な目元になってしまいます。

下まつげをうまく活用して、より可愛さをアップさせましょう!

最新情報をチェックしよう!
広告