マツエクサロンに行く必要なし!?サロン品質のまつげ美容液とは

 

強い日光やホコリ、そして汗などから大切な目を守ってくれるまつげ。

多くの女性たちにとってまつげを強調することはメイクアップの重要ポイント! まつげのケアやエクステ利用にマツエクサロンを利用している人も多いのでは?

その一方で「マツエクサロンに通う時間&お金がない」という方も。

この記事ではマツエクサロンに通うことが難しい時の頼れるまつげ美容液について詳しくご紹介させていただきます。

 

広告

そもそもまつげが減る理由とは?

 

長さがあって太さのある濃いまつげに、ふちどられた目ヂカラのある目元は女性のあこがれですよね。でも、美人の条件ともいえる目の印象を強めてくれる大切なまつ毛は抜けやすくしかも生え変わりにくいという弱点があることをご存知でしょうか?

 

まつ毛は頭髪同様に「毛周期」「ヘアサイクル」と呼ばれるはえかわりのサイクルがあります。まつ毛全体の大半が該当する「成長期」を過ぎたら、徐々に毛根が活力を失いついには抜け落ちる「退行期」そして次に新しい毛が生えるまでのしばしの「休止期」を迎えます。

 

このサイクルが頭髪の場合は個人差はありますが目安として5~8年程度の期間を要します。それに対してまつげのヘアサイクルは非常に短く半年から1年程度といわれています。そのうえ妊娠や出産で抜け毛を経験する女性は多いですが、まつげも頭髪同様に抜け落ちることが多々あります。

 

また女性のアイメイクもまつげの健康に影響します。まつげには眼球を保護する役割があり、もともとある程度カールしているもなのですが、パッチリ目元に見せて目を大きく見せたいと願うのが女性心理。そう言った心理からビューラーの使い過ぎ、頻繁に繰り返すまつげパーマやまつげエクステも、まつげに大きな負担がかかります。

 

また濃いアイメイクを落とす時のリバーもトラブルの要因となりえます。このようなまつげと目元周りのトラブルは、さらにまつげの脱毛を進行させ、大切な眼の保護機能を果たせなくなってしまいます。

 

そのうえ目のまわりが赤らんだり、かぶれやかゆみなどの症状が出てしまうなど、女性の外観上もっと深刻な状況を招いてしまう可能性もあります。日ごろからこまめにまつげケアを行い、まつげの成長と毛量の維持を両立させることは外見、健康ともに重要なのです。

 

●お家でのまつげの扱い方

つけまつげやマスカラなどのアイメイクを落とす時に必要以上に力を入れすぎていませんか?

またビューラーでまつげをカールさせるときも同じく強めに抑えすぎていませんか?

 

このように日ごろの日常生活を思い返してみれば、まつげに負担をかける原因はたくさんみつかるものです。

 

まず、お家でのまつ毛の扱い方で見直したいのはアイメイクのクレンジングです。しっかり落とそうと無理なクレンジングや逆にクレンジングが足りずアイメイクを落とし切れていないことが原因で、まつげの脱毛を招いてしまう可能性が高いのです。

 

なるべくマスカラはお湯で落とせるタイプのような極力クレンジングで落としやすいものがまつげに刺激を与えにくいといえます。

 

また、ビューラーを使うときには、まつ毛の根元ラインを引っ張らないようにして、毛先に近づくにつ入れて力を入れるように注意しみてください。

 

そして、極力大切なまつげを失わないためにも、スキンケア同様にまつげケアはぜひ取り入れたい毎日の美容習慣です。なので、まつげ美容液の利用も検討してみましょう。さらにまつげパーマ、まつげエクステなどで、深刻なまつげ量の減少に悩んでいる人はマツエクサロンの利用も一つですが、毎日のホームケアこそまつげをいたわり育てるための基本です。

 

マツエクサロンの利用

最近のまつげをケアしてくれるサロンでは、まつげパーマやまつげエクステの施術と並行して、まつげをケアして育毛するところも増えています。

 

まつげの施術を行う人は必ず「美容師免許」を取得することが必要になっています。プロフェッショナルの施術によって、数時間で思い通りのスタイルのまつげが手に入り、かつ自まつげの育毛効果も期待できるマツエクサロンの利用は、まつげが気になる女性にとってなくてはならない存在です。

 

●マツエクサロンのメリット

マツエクサロンに通うメリットは、即まつげが増えた効果が実感できるまつげエクステなどの施術を受けながら、美容のプロの手によるまつげをいたわる根本的なケアが受けられることです。

 

最近では美容院やサロンのほかに、皮膚科でも何らかの原因でまつ毛が少なく傷んでしまった睫毛貧毛症(しょうもうひんもうしょう)の治療の一環としてまつげケアを行うようになりました。

 

●マツエクサロンのデメリット

印象深い目元を作るのはやはりまつげ! とばかりにマツエクサロンに通いまつげケアに余念のない女性も少なくありません。確かに太くて長い密集したフサフサのまつげは目の印象を強めてくれる効果がありますが、まつげには抜けやすく、しかも生え変わりにくいという弱点があります。

 

マツエクサロンでエクステ施術を受けることで思い通りのまつげを手にいれることが可能ですが、施術を受けるための時間とお金がかかる事は避けられません。子育て中の女性や仕事に趣味に多忙な女性には通い続けるのは大変なことです。

 

忙しいあなたにおすすめのまつげ美容液

まつげが少なくなったことが気になっていても、「子供が小さくてマツエクサロンに通う時間がない」なるべくお金をかけずにホームケアでまつげをキープしたいという方は多いもの。

 

マツエクサロンに通うお金と時間をかけずに、まつげの量を増やしたい! それならば自宅で行うホームケアを充実させることが効果的です。まつげをいたわるホームケアの効果を上げるには、まつげ美容液の利用がもっともおすすめ出来る方法です

 

まつげ美容液には、まつげの根元に1日1~2回塗っておくだけでOKという手軽な製品があります。時間がかからずまつげや目の周囲にも負担が軽いケア方法です。これなら仕事の拘束時間が長くまつげのケアに時間が取れない人、小さな子供がいて手がかかるという人も無理なく続けやすいでしょう。

 

忙しくまつげのケアに時間が取れない方は、ぜひまつげ美容液を毎日のスキンケアの一環として取り入れてみてください。

 

●まるでサロン品質「アイラシード」

以前の長くてコシのある密集したまつげを取り戻したい!

でもマツエクサロンに通う余裕はない…

 

そんなときに頼りになるのが女性皮膚科専門医とアイリストがタッグを組んで共同開発したまつげ美容液「アイラシード」です。

 

まつげや肌、身体に優しい材料を使って国内生産されているアイラシードはまつげを成長させ、量をキープするために強い味方になってくれます。

 

多くの女性がまつげ美容液に求めるのは、まつ毛を濃く長くそして太さを取り戻すこと。「アイラシード」に含まれる成分「ワイドラッシュ」はまつげの代謝を刺激してまつげを太く長く成長させることが期待できます。加えて「キャピキシル」の名でよく知られた植物エキス「アカツメクサ花エキス」とペプチド「アセチルテトラペプチド」がまつげの量を増やすためによい効果をもたらします。

 

また、肌につけるものはできるだけ自然派・無添加派の方にもアイラシードはぴったりです。アイラシードは香料や着色料やアルコール、界面活性剤などを一切使用してない安全性の高さも評価されています。敏感肌の方にも使いやすいまつげ美容液ですね。

まとめ

量がたっぷりあって長さのあるまつげにフチどられた目ヂカラのある目元は、女性にとっては美人の条件ともいえる憧れ的存在です。

しかし、ご説明してきた通りまつ毛は髪の毛に比べると抜けやすくしかも生えかわるサイクルが短くデリケートです。

マツエクサロンに通ってプロのケアを受ける、もしくは効果のあるまつげ美容液でホームケアを徹底することが大切です。そしてまつげ美容液を使ったホームケアなら「アイラシード」をぜひ試してみてください。

最新情報をチェックしよう!
広告