最強まつげ美容液をご紹介!憧れのフサフサ自まつ毛を手に入れよう!

 

まつ毛が短くて少ないから、アイメイクが映えない

目元がはっきりしない

マスカラをつけてもあまり効果が感じられない

 

……こんな悩みを抱えている女性は少なくないのではないでしょうか?

まつ毛を増やすには今生えているもの、これから生えてくるもの両方へのアプローチが重要です。そういった部分からも、まつ毛をいたわりながらまぶたの皮膚を健やかに整えてくれるまつ毛美容液はまさに最強です。

でも、せっかく使うならできるだけ効果の確かなものを選びたいですよね。今回はそんな理想のまつ毛をゲットできる、最強まつ毛美容液について徹底的に調べてみました!

 

広告

女性が憧れる理想のまつげとは?

「まつ毛が伸びる」「今までにない長さに!」など、まつ毛を濃く、長くする効果をうたった新作マスカラが発売されれば、あっという間に完売、メイク雑誌ではまつ毛ケアの特集が組まれ、まつエクサロンは大盛況……などなど、女性のまつ毛への情熱は、とどまるところを知りません。

少し前までは、まつ毛を長く、濃く見せたいなら付けまつ毛でボリュームアップするのが主流でした。

しかし、バサバサのつけまつ毛は不自然ですし、まぶたへのダメージも気になります。最近の多くの女性が今求める理想のまつ毛は、長く、濃く、そして自然であること。マスカラやまつエクなしでも、ハリがあって密度のある、「健康な自まつ毛」なのです。

 

まつげを傷めるNGポイント

「まつ毛が短い、少ないのは生まれつきだから仕方ない」

なんて思っていませんか? 確かに髪の毛と同じように、まつ毛の毛質や量にも個人差があります。

でも、「生まれつき」ですべてが決まるわけではないのも事実。実は普段の生活習慣や癖が理想のまつ毛への道を阻んでいる可能性もあるんです。

 

●目をさわる癖がある

まぶたがかゆくなったり、涙が出やすかったりするために、無意識のうちに目を触る癖のある人は注意が必要です。

まぶたへの刺激が炎症や腫れを引き起こす可能性はもちろん、掻いたり涙をぬぐったりすることで、まつ毛が抜けてしまう恐れがあるからです。

まつ毛は一定のサイクルで自然に抜け、また生えてきます。しかし、刺激によって本来の寿命より早く抜けてしまうと、次に生えてくるまでに時間がかかりますし、その原因が癖となると、今生えているまつ毛が毎日抜けていくということになります。

気がついたらまつ毛がスカスカに…! なんてことにならないために、目を触る癖のある人は意識するようにしてくださいね。

また、マスカラのつけ方も見直してみましょう。

まつ毛をボリュームアップするには、マスカラは手っ取り早く手軽な方法ですが、ダマになって固まってしまうと、まつ毛がまぶたに張り付いたり、ごわついたりして違和感を感じる元になります。まつ毛をほぐそうと引っ張ったら抜けてしまった……なんて、残念過ぎますよね。

マスカラはつける前にブラシを軽くティッシュで拭って、付けすぎを防ぎましょう。もしダマになってしまったら、コームで必ずとかすことが重要になってきます。そうすることによって、まつ毛を自然な扇形に整える効果もあります。

 

●まつエクのしすぎ

まつエクは自まつ毛に専用のグルーを使って人工毛をつぎ足す方法です。即効性があり、自分の好みの濃さや長さ、形状に整えられるのがメリットです。

きちんとケアすれば約1ヶ月はもちますし、ノーメイクでもまつ毛はしっかり上向き。マスカラやビューラーでまつ毛を傷めるリスクも減らすことができます。

いいことづくめのようですが、まつエクにはデメリットもあります。一つは、自まつ毛1本に数本のまつエクをつけるので、負担がかかりやすいこと。また、施術時にはどうしてもまぶたやまつ毛を引っ張り気味になるので、ダメージも心配です。

そして、まつエクは定期的に古いまつエクをオフして、つけ直さなくてはなりません。場合によっては、すべてのまつエクを外して、新しいものと替える必要もあります。

専門サロンで行うとはいえ、接着剤を溶かすほど強いリムーバーを使い、まつ毛を引っ張るようにしてオフするのはかなりの負担です。

自まつ毛が弱ってしまったり、抜けてしまったりする恐れがあるだけでなく、まつエクの接着剤は油分に弱いため、オイルタイプのクレンジング剤が使えません

そのため、アイメイクが落としきれず、まぶたの荒れやかぶれを引き起こして、これから生えてくるまつ毛にもダメージを与える可能性も考えられます。

まつ毛が短い、少ないという人は、まつエクは避けた方が無難でしょう。

 

●まつげパーマのしすぎ

まつ毛パーマは専用のパーマ液とロッドを使って、まつ毛にカールをつける方法です。ビューラーとは異なり、長続きするのがメリットです。

マスカラがつけやすくなる、まつ毛が持ち上がることで目を大きく見せることができるなど、時短メイクや印象チェンジにも効果が期待できるでしょう。

しかし、まつ毛パーマはあくまで自分のもともとのまつ毛に施術するもの。量を増やしたり、長さを足したりすることはできません。そのため、まつ毛が短くて少ない人の場合、パーマをしても思ったような効果が得られないことがあります。

また、まつエクよりも寿命は長くても、やはり定期的にかけ直す必要があるのでどうしても費用や時間がかかります

セルフ用のキットも発売されてはいますが、自分で均等なカールをつけるのははっきり言って至難の業。パーマ液が目に入った、まぶたがかぶれたというトラブルの可能性もゼロではありません。

 

●クレンジングに注意

まつ毛を「盛る」効果の高いマスカラは、便利ですがそれだけオフするのも手間がかかります。

特にウォータープルーフなど、水分や皮脂にも崩れにくいマスカラは、普通のクレンジングだけでは十分落としきれないことがあります。

だからといって、きれいに落とそうとつい何度もこすったり、まつ毛を引っ張るようなクレンジング法はNGです。

専用のアイメイクリムーバーを使って、丁寧に優しく落としてからクレンジングをするようにしましょう。

 

最強のまつげ美容液おすすめアイテム

まつ毛が短い人、少ない人がボリュームアップを狙うなら、結局のところ元からある自分のまつげを最強にしてくれるまつ毛美容液がベストです。

NG習慣を改善した上でまつ毛美容液でケアして、コシのある健やかな自まつ毛を育てましょう。

まつ毛美容液はさまざまなメーカーから発売されており、価格もプチプラから高級コスメ並みのものまで揃っています。特に初めて使うとなると、どれを選べばいいのか迷ってしまいそうですよね。

 

●アイラシード

数あるまつ毛美容液の中でも、最強と呼ばれて高い人気を誇っているのが「アイラシード」です

注目すべきは、育毛効果が期待できる二つの成分が配合されていること。

キャピキシルはアカツメクサ花エキスとアセチルテトラペプチドがミックスされた成分です。アカツメクサ花エキスに含まれる、イソフラボンの一種であるビオカニンAは抜け毛を防ぎ、成長因子の一つであるアセチルテトラペプチドには、毛の素である毛母細胞を活性化する働きがあります。

つまり、まつ毛が抜けるのを防ぎながら成長を促すことで、自まつ毛を長くしてくれるのですね。

そしてもう一つの成分、ワイドラッシュはフランスで開発・実用化されたまつ毛専用の成分です。ビオチノイルトリペプチド-1とパンテノール、グリセリンが今生えているまつ毛を保湿。ハリやコシを与えて、濃くしっかりとしたまつ毛へと導きます。

もちろん、安全性の面でも心配ありません。皮膚科医とまつ毛の専門科であるアイリストが共同開発したアイラシードは、

・合成香料
・合成着色料
・シリコン
・鉱物油
・紫外線吸収剤
・オイル

の6つの無添加を実現。さらに品質管理を徹底した国内工場生産で、デリケートな目元にも安心して使うことができます。

定期購入を利用すれば初回2,980円(税抜・送料別)、2回目以降からもずっと定価の29%オフ(同)と価格もリーズナブル!

効果・安全性・価格と三拍子揃ったアイラシード、最強のまつ毛美容液と呼ばれるのも納得です!

 

まとめ

マスカラやまつエクといったボリュームアップ法は、一時的ならあまり負担にならないかもしれませんが、使い続けるとなるとなかなか大変です。何より、自まつ毛を育てるという根本的な改善にはなりません。

まつ毛に優しく、自然に増やしたいなら、やはりまつ毛美容液で毎日お手入れするのがおすすめです。すぐに始めれば、それだけ早く効果も感じられるはずです。数か月後を楽しみに、ぜひトライして最強まつげを手に入れましょう!

最新情報をチェックしよう!
広告