【初心者向け】まつげ美容液の正しい塗り方と効果を高める5つのコツ!

 

 

 

まつ毛美容液」にはいろいろな種類があり、基本的な使い方は同じですが、それぞれの特徴を生かした使い方をマスターすればより効果的です。

この記事では、まつげ美容液の正しい塗り方とまつげ美容液の効果を高める5つのコツをご紹介します。

 

広告

【タイプ別】まつげ美容液の正しい塗り方

基本的な塗り方は、以下の手順になります。

  1. 目を閉じて、上まぶたを少し引き上げる。
  2. 上まつげの根元、きわ、全体に塗る。
  3. 下まつげの根元、きわに塗る。

基本的に、全種類同様です。

また、マスカラタイプ、チップタイプ、ペンタイプの主に3つの種類があります。

それぞれの特徴を生かした使い方をマスターすることで、より効果的にまつげ美容液を使うことができるようになりますよ。

マスカラタイプの正しい塗り方

まつげ全体にムラなく美容液を行き渡らせることができるのが魅力です。初心者でも簡単に使えるのも嬉しいポイント。

このタイプは、今あるまつげのダメージケア、ハリ、ツヤを与えて毛質を整えたりする働きが得意です。

①全体をムラなく塗る

まぶたを少し上に引っ張ってマスカラを塗るように根元からブラシを入れるのがポイントです。

 

②1本ずつ丁寧に塗る

目頭から目尻の根元に向かって1本ずつ丁寧に塗っていきます。

塗り残しがないように、これを3~4回繰り返しましょう。

ブラシを縦に持ってまつげを絡め取るように動かすと、きれいにムラなく塗れます。

 

③下まつげを根元から塗る

最後に下まつげを上まつげと同じように根元から塗ります。

下まつげは上まつげよりも短いので、ブラシを縦にすると美容液がキレイにつきます。

 

チップタイプの塗り方

チップタイプは美容液がたっぷり染み込んだチップを全体にくまなく塗ることができるのが魅力です。

肌への刺激が少なく、塗りやすいのが嬉しいポイント。

このタイプは、今あるまつげの毛質を良くすることと、まつげの発毛や育毛のすべてに効果を発揮します。

 

①まんべんなく塗る

上まつげの目頭から目尻の隙間をまんべんなく塗っていきます。

軽くあてるようにしながら塗ると、全体にムラなくつけられます。

 

②チップを動かしながら塗る

チップを縦にしたり横にしたりしながら、まつげの量に合わせて塗ります。

このタイプは美容液がたっぷりつけられる反面、つけすぎて美容液が目に入ってしまう危険性があるのであまりチップを強く押し付けないように注意しましょう。

 

③下まつげを塗る

チップを縦にして下まつげの根元から隙間をまんべんなく塗っていきます。

毛先はもちろんですが発毛や育毛効果を高めるためには、根元にも丁寧に塗るようにしましょう。

 

ペン(筆)タイプの塗り方

ペンタイプはアイラインのような細い筆でまつげのキワにも塗れるのが魅力です。

液量の微調整がしやすいので、塗りすぎによるトラブルを回避できるのも嬉しいポイント。

このタイプは、まつげを太く長くしたり、ハリやコシを与えたりするのにぴったりです。

①アイラインを引くように塗る

上まつげの目頭から目尻に向かって、アイラインを引くように塗っていきます。

下まつげも同じように塗ります。

 

②まつ毛のキワを埋めていく

まつげの間を埋めるようにペン先を動かします。

まつげの補修効果があるものは、まつげのキワだけでなく、まつげ1本1本にも丁寧に塗っていきましょう。

 

 

まつげ美容液の効果を高める5つのコツ

 

ちょっとしたコツをとりいれることでまつげ美容液の効果がぐんと高まります。

①マッサージで血行促進

塗る前に目の周りを軽くマッサージしましょう。

血行が促され、育毛環境が良くなります。

また、血行が促進すると代謝が良くなり、成分の浸透力も高まります。

〈マッサージ方法〉

1.温タオルで目元を温める。

2.指の腹で目の周辺を軽く押す。

3.まぶたの上に指先を置いて円を描くように優しく撫でる。

 

②クレンジング+洗顔を丁寧に行う

まつげに汗や皮脂、ほこり、メイク残りなどがあるとまつげ美容液が浸透せず、効果実感が半減してしまいます。

塗る前にはクレンジングをしっかり行うことが重要です。

できれば、マスカラやアイラインなどの落ちにくいメイク汚れはアイメイク専用のリムーバーを使ってください。

まつげや目の周りが汚れた状態でまつげ美容液を塗ると、炎症を起こしたりものもらいになったりする恐れもあります。

クレンジングや洗顔を丁寧にした清潔な状態で使用してください。

 

③適量を毎日継続して塗る

製品やタイプによっても異なりますが、まつげ美容液には使用頻度が決められています。

たくさん塗ると効果も早く出る!と思う方もいるかもしれませんが、塗りすぎるとトラブルが起こる恐れがあります。

効果実感を得るまでには、個人のまつげのヘアサイクル(新しい毛と古い毛が入れ替わる周期)によっても変わりますし、

適量を毎日こつこつ使用することが大切です。

 

④ゴールデンタイム前に塗る

夜は細胞の再生や修復を促す「成長ホルモン」の分泌が活発になるため、お肌のゴールデンタイムと呼ばれています。

これは、髪やまつげも同じです。

成長ホルモンの分泌が活発になると、毛の再生や修復も促されますので、髪の毛やまつげのハリやコシ、成長にも影響を与えます。

成長ホルモンは入眠後の2~3時間に分泌が活発になり、その後4~5時間ゆるやかに分泌します。そこで、入眠前にまつげ美容液を塗ることがおすすめです。

まつげの発毛や育毛のために、1日6~8時間の睡眠時間の確保と、途中で目覚めることもなく朝スッキリ起きられる質の良い睡眠を心がけましょう。

 

⑤まつげが育ちやすい栄養を摂る

今あるまつげを美しく保つだけでなく、これから生えてくるまつげも強く太くするには栄養補給も重要です。

肌も髪も同じですが、バランスの良い栄養を摂ることで代謝も良くなり、古い細胞と新しい細胞の入れ替わりがスムーズになります。

まつげがすくすくと育ちやすい環境をつくるためには、栄養バランスはもちろん、育毛や発毛をサポートする栄養を積極的に摂ることが大切です。

たんぱく質、アミノ酸

肌や髪の毛、健康なまつげを育むための栄養となります。

たんぱく質が不足すると新陳代謝が低下して、まつげのハリやコシが失われるだけでなく、まつげの成長も滞ります。

肉類、大豆製品、魚介類、乳製品に多く含まれています。

 

メチオニン
アミノ酸の一種で、髪の毛やまつげなど、体の体毛を構成するタンパク質の大部分を担っている「ケラチン」を形成するために欠かせないアミノ酸です。

不足すると髪の毛やまつげの成長が阻害される恐れがあります。

肉類、チーズ、ナッツ類に多く含まれています。


ビタミンB群

代謝を促す働きを持っていますので育毛を目指している方には欠かせません。

特に肌や髪の細胞の再生をサポートし、皮膚や粘膜の健康を維持する「ビタミンB2」、たんぱく質をアミノ酸に分解しケラチンの生成を助ける「ビタミンB6」、アミノ酸の分解・代謝を助け、コラーゲンの生成にも関わる「ビオチン」は積極的に摂るようにしましょう。

魚介類、乳製品に多く含まれています。


亜鉛

亜鉛はミネラルの一種です。

活性酸素を除去し、新陳代謝を促す働きがありますが、髪の毛やまつげの成長にも欠かせません。

また、抜け毛を引き起こす原因物質の発生を抑制する働きもあります。

亜鉛は毛の主成分となるタンパク質の合成に必要不可欠ですので、不足すると毛が細くなったり、抜け毛が増えたりします。

そのため、まつげの成長や、抜け毛予防のためにも有効な成分です。

牡蠣、魚卵、豚肉、ゴマに多く含まれています。

 

鉄分

鉄はミネラルの一種です。

酸素を運搬するヘモグロビンを作り、体のさまざまな代謝をサポートします。

不足して貧血になると必要な酸素や栄養を運ぶヘモグロビンが減少し、まつげをつくる細胞は栄養不足になります。

とくに女性は月経、妊娠、出産などで不足しやすいので、積極的に摂る必要があります。

ほうれん草、レバーなどに多く含まれています。

また、体内に吸収されにくい性質を持っていますので、吸収を高めるビタミンCと一緒に摂ることをおすすめします。

 

【注意!】まつげに負担をかけるNG行動とは?

 

まつげ美容液をこつこつ塗り、育毛・発毛習慣をとりいれていても、大きな負担をかけるNG行動をとっているとすべてが台無しになります。

ここからはまつげ、まぶたに負担をかけるNG行動をご紹介します。

 

目元をこする、触る

必要以上に目元をこすったり、触ったりするとまつげやまぶたに負担がかかります。

経験がある方もいるかもしれませんが、まつげは他の体毛と違い、少し目元をこするだけで簡単に抜けたり切れたりします。

特にクレンジングは負担が大きいので、専用のリムーバーを使用したり、量をたっぷり使うなどして摩擦によるダメージを減らしましょう。

目の周辺を保湿し、肌を健やかに保つことも重要ですよ。

 

目の周りの汗、皮脂、メイク汚れ

汗や皮脂、メイク汚れはまつ毛やまぶたに大きな負担をかけます。

とはいえ、クレンジングや洗顔をシンプルに終わらせてしまうと、かえってまつげやまぶたへのダメージが大きくなります。

汗、皮脂、メイク汚れはクレンジングと洗顔で優しくしっかり落として、清潔な状態を保ちましょう。

 

ビューラーの間違った使い方

まつげのダメージの要因の一つはビューラーです。

間違った使い方をするとまつげへの負担は倍増します。

ビューラーを強く握ったり、自分の目のカーブに合わないものを使っていると、力が均等にかからずまつげへのダメージは必要以上に大きくなります。

なるべく力を入れないように軽く握ってください。

そして、根元から、中心、毛先の3回に分けてまつげを軽くはさむようにしましょう。

また、ゴムが痛んでいるとダメージも大きくなりますので、3か月程度で交換するようにしましょう。

 

睡眠不足

上記でもご説明しましたが、睡眠中に分泌が活発になる成長ホルモンはまつげの成長にも大事な役割を担っています。

睡眠不足が続くと、まつげの成長が滞り、今あるまつげが細く抜けやすくなる恐れがあります。

最低でも6時間以上の睡眠時間を確保するとともに、睡眠前に軽くストレッチをしたり、心が落ち着く音楽を聴いたりするなどして質の良い睡眠がとれるようにしましょう。

 

まとめ

 

まつげ美容液は種類によって使い方や得意な働きが異なります。

それぞれの使い方や得意な働きを知っておくことは、自分の理想を叶えてくれるまつげ美容液を選ぶ際のポイントにもなりますよね。

また、即効性はありませんので、継続して塗り続ける必要があります。

美容液の効果を高めてくれるコツをとりいれたり、まつげの成長を妨げる習慣を控えたりすることも大切ですよ。

 

最新情報をチェックしよう!
広告