まつげが抜ける!?注意したい4つのポイントとケア方法

 

最近まつげが少なくなったな…と感じる方は要注意です。

まつげは抜けてしまうと、すぐに生えてきません。さらに、まつげは人に与える印象が大きいので、抜ける原因を知ってきちんと対策することが大事です。

今回はまつげが抜けてしまう主な原因と、抜けがちなまつ毛をふさふさにする方法をまとめてみました。まつげのボリュームが気になる方は必見です。

 

広告

まつ毛が抜けてしまう主な原因

加齢に伴ってまつ毛が抜けていくのは、ごく自然なことです。しかし、まつ毛が抜けるのは加齢だけが原因とは限りません。

アイメイクやメイク落とし、発毛サイクル、ストレスなど、スキンケアや生活習慣が原因になっている場合もたくさんあるんです。

ここでは、まつ毛が抜けてしまう主な原因についてみていきましょう。

 

●発毛サイクルによって抜ける

まつ毛が抜ける原因として多いのは、発毛サイクルによるものです。まつ毛は髪の毛と同じように、生えては抜けるという毛周期のサイクルを繰り返しています。

まつ毛の発毛サイクルは、

①皮膚の中で成長が始まる成長初期
②皮膚の表面にまつ毛が出て太く伸びる時期
③成長が止まる退行期
④毛が抜け落ちて次の毛が生えるまでの休止期

の4つの工程があります。発毛サイクルは、1ヶ月から3ヶ月ほどです。まつ毛1本1本でサイクルは異なるわけなので、1日あたり数本のまつ毛は抜けています。

発毛サイクルでまつ毛が抜けるのは自然なことです。しかし、加齢にともなってまつ毛の発毛サイクルが遅くなってしまうと、新しいまつ毛が生えてくる前に他のまつ毛が抜ける事態になります。

発毛サイクルが乱れ、新しく生えてくるまつ毛よりも抜けるまつ毛の方が多くなり、やがてまつ毛の量は減ってくるでしょう。

 

●アイメイク

アイメイクを頻繁にする女性は、まつ毛が抜けるトラブルに遭いやすい特徴があります。マスカラを放置したまま寝てしまうと、翌朝にマスカラを落とすときにまつ毛も一緒に抜けることになるでしょう。

さらにアイメイクでまつ毛が抜けてしまう原因としてあるのが、毛根の詰まりです。毛穴が詰まってしまうことで、新しいまつ毛の生成を邪魔してしまうんです。

結果、気づいた頃には「あれ、なんだかまつげが少なくなってる?」となってしまうのです。

また、まつ毛が成長するために必要な栄養分を運んでくるのは血液です。毛穴が詰まってしまうと血液の流れが悪くなり、まつ毛が必要とする栄養分を送り届けることができません

まつ毛が栄養不足になってしまい、元気に育つことができなくなり、抜けてしまうというわけです。アイメイクはしっかり落として、成分を残さないようにしなければなりません。

ビューラーを使ってまつ毛を引っ張るのも、まつ毛が抜ける原因の一つです。他にも、つけまつげをつけているときに、そのまま引っ張ると接着剤とまつ毛が一緒に抜けてしまいます。

水やお湯を使って接着部分をふやかすことや、リムーバーを使用すること、ビューラーを使うときは優しい力で使っていきましょう。

 

●メイク落とし

まつ毛を減らさないためには、アイメイクをクレンジングでしっかり落とす必要があります

しかし、メイク落としのやり方が間違っていることでまつ毛が抜けやすくなるケースもあるので注意しましょう。

メイク落としを使用する場合に、焦っているときはクレンジングでゴシゴシ目元を洗ってしまいがちです。

目の周りはデリケートで皮膚が薄くなっているため、力を加えるとまつ毛だけでなく、まぶたにも大きな負担をかけることになるでしょう。

洗顔を使用する場合もアイメイクの成分をしっかり落とすために、洗浄力が強いタイプのモノを使用しがちです。

洗浄力が強いと肌を刺激してまつ毛が弱ることもあるため、刺激が小さい洗顔でソフトに洗いましょう。

まつ毛に負担がかからないためにも、肌への刺激が少ないコットンにリムーバーを染み込ませてメイクを落とすことが大事です。これだけで大半のマスカラを落とすことができるでしょう。

メイク落としを使用するマイナスの影響よりも、メイクをそのままにしておく方が、まつ毛にとってはマイナスの影響が多いです。面倒でも、まつ毛の健康を保つためにきちんとメイク落としをしましょう

 

●ストレス

まつ毛が急に抜けるようになった場合は、ストレスが原因になっている可能性もあります。

ストレスが原因で起こる体毛の症状と言えば、頭髪に現れる円形脱毛症です。頭髪ということで目立ちやすいため広く知られていますが、頭髪だけでなくまつ毛やまゆ毛に現れることも少なくありません

ストレスは身体にさまざまな悪影響を与えます。その過程で、まつ毛が成長するために必要な栄養分が効率的に供給されず、体の不調が重なってしまうのです。

ストレスの増加でまつ毛が抜けやすくなっている場合は、ストレスを溜めないような生活を送る必要があります

 

抜けがちなまつ毛をフサフサにするためには?

 

抜けがちなまつ毛をフサフサにするためには、食生活の見直しやまつ毛美容液の使用がおすすめです。ここでは、食生活からの見直しのコツやまつ毛美容液の使い方などを紹介していきます。

●食生活からの見直し

まつ毛は食事から摂取した栄養分で作られているため、健康的な食事を心がけてまつ毛の状態を整えていきます。

傷んでしまったまつげに必要な成分は、アミノ酸やタンパク質です。まつ毛はアミノ酸で構成されているケラチンで作られており、キレイなまつ毛を作るために欠かせない成分になります。大豆や魚介類、乳製品などに多く含まれているため、これらの食材を取り入れるようにしましょう。タンパク質の吸収を促すのが亜鉛です。亜鉛はレバーや牡蠣などの食材に多く含まれています。

まつ毛に元気を与えていく成分がビオチンになります。アミノ酸を摂取すると脂肪が体に蓄積しやすいため、代謝を促す働きがあるビオチンの摂取も必要です。魚介類、乳製品、豆類、ホウレン草、グレープフルーツなどの食材に多く含まれています。

食生活を改善する場合の注意点は、栄養価が高いからと言って偏った食事をしないことです。偏った食事をしていると、足りない栄養分が出てきて逆効果になる場合があります。上記の栄養分の摂取を意識しながら、バランスの取れた食事をしましょう。

 

●まつ毛美容液を試してみる

まつ毛をふさふさにするためには、まつ毛美容液の使用もおすすめします。

まつ毛美容液はまつ毛のために開発された専用の美容液で、まつ毛にハリやコシ、潤いを与え、すこやかなまつ毛を作る効果が期待できるでしょう。

まつ毛美容液は、さまざまな美容メーカーが製造して販売しています。自分に合ったまつ毛美容液選びが必要です。

また、目元に使用する美容液になるため、安全性や信頼性なども重視して選びましょう。安全性や口コミ、評価の高さなどから、筆者がおすすめするのは「アイラシード」というまつげ美容液です。

まつ毛をすこやかにし、ツヤやハリを与えるキャピキシルとワイドラッシュが配合されており、すべて国内で生産されているという点も安心でお勧めできる理由です。

さらにアイラシードは無添加にこだわりがあり、合成香料や着色料、シリコン、鉱物油、紫外線吸収剤なども使用されていません。初回割引キャンペーンや定期割引コースなどもあるので、お得な金額で試して安く続けることができます。

乾燥肌や敏感肌に不安を抱える人も使えるまつ毛美容液です。

まとめ

まつ毛が抜けてしまう原因は、生活習慣やメイク、加齢などが挙げられます。完全に防ぐことはできませんが、努力次第で今より状況を良くすることは可能です。

まつ毛の抜けが気になり始めたら、まずは原因を調べていきましょう。その上で食生活の改善を図ることや、アイラシードのように信頼できるまつ毛美容液を使ってケアすることをおすすめします。

まつ毛の健康を保つためにも、普段からまつ毛ケアをしっかり行いましょう。

最新情報をチェックしよう!
広告