まつげが伸びない原因は?解決方法と効果的な伸ばし方をご紹介!

 

高い効果を期待して品質のよいまつげ美容液を購入しても、思っていたよりもまつげが伸びなかったらがっかりしてしまいますよね。

最近、まつげ美人を目指す女性のあいだで話題になっているまつげ美容液ですが、果たして本当にまつげを長くする効果は期待できるのでしょうか?

まつげ美容液を使ってもまつげが伸びない」という口コミも見かけますが、まつげが伸びない原因にはいくつかの理由が考えられます。

今回はまつげが伸びない原因と、長くて魅力的なまつげを手に入れるためにまつげ美容液の正しい使い方をお伝えしていきます。

 

広告

まつげにダメージを与えているかも…

まず、まつげ美容液で毎日まつげケアする以前に、そもそも普段の生活の中で知らないうちにまつげにダメージを与えるようなことをしている場合は、なかなかまつげは伸びません。

まつげが生えている目元は、皮膚が薄くデリケートな部分なのでダメージの影響がでやすい傾向にあります。

まずここでは、まつげが伸びない原因として考えられることを見ていきます。

 

●アイメイク

まつげをより長く見せたいがためにマスカラを塗りすぎると、結果的にまつげに負担をかける原因となってしまい、まつげが伸びないという結果につながります。

特にウォータープルーフのマスカラを重ね塗りしているような場合、通常のマスカラよりも落とすのが大変なため、メイク落としの際にまつげを擦ったり引っ張ったりしがちです。

無理にマスカラを落とそうとすると、まつげに負担がかかることはもちろん、途中で切れて短くなってしまうことがあります。

また、ビューラーの使いすぎやビューラーを使うときに強い力でまつげを挟むようなことも、まつげの育毛を妨げる原因です。強くまつげを挟むとまつげが切れて短くなったり抜けたりしてしまうので、まつげはなかなか伸びません。

●間違ったアフターケア

アイメイクをばっちりしたときは、しっかりとメイクを落とすことが大切です。

しかし、だからといってクレンジングや洗顔時に目元を強く擦るようにしてメイクオフすると、まつげにダメージを与えまつげが伸びにくくなってしまうだけでなく、抜けてしまう場合もあります。

極力まつげに負担をかけないようにするには、クレンジングや洗顔をする前にまず、アイメイクリムーバーでアイメイクが落ちやすいようメイクを浮かしてから落とすとよいでしょう。

コットンにアイメイクリムーバーを適量とり、目元を優しく押さえるようにして落とすとまつげを守ることができます。

また、メイク落としが面倒だからと頻繁にアイメイクをしたまま寝てしまうのも、まつげが伸びない原因です。

まつげはまぶたと目の粘膜の境目に生えています。よって、まぶたやまつげが汚れている状態が続くとまつげの毛穴が詰まってしまい、まつげの育毛に必要な栄養や水分がまつげに届きづらく成長を妨げてしまいます

まつげを伸びやすくするには、優しく丁寧にメイクを落としまつげや目元を清潔に保つことが肝心です。

 

まつげ美容液を使ってもまつげが伸びない?

先述したアイメイクやアイケアの仕方に気をつけ、まつげ美容液を使ってまつげケアをしても、まつげが伸びないという方もいるのではないでしょうか。

まつげ美容液の成分が肌に合っていないということももちろん考えられますが、使用方法などが原因の場合もあります。

ここでは、まつげ美容液を使ってもまつげが伸びない理由として考えられることを見ていきましょう。

●用法・用量を守っていない

どんなに高品質なまつげ美容液を使ってケアをしたとしても、使用方法や用量を守ってケアをしていない場合は効果がでにくく、まつげはなかなか伸びないです。

基本的にまつげ美容液はクレンジングや洗顔でメイクを落とし、まつげが清潔になった状態で塗ります。そうすることで育毛や発毛を促す栄養成分や潤いを与える成分がまつげにいきわたり、まつげが伸びやすくなります。

また、まつげ美容液を塗る回数は商品によって異なり、夜にだけ塗るものと朝と夜に塗るタイプがあります。朝と夜に塗るタイプは1日2回に分けて塗ることで、まつげに栄養が届くように成分が調整されている商品です。

よって、1日1回だけしか塗っていない場合は栄養が十分に届いていない可能性があり、まつげが伸びない原因になります。

 

●即効性があると勘違いしている

そもそもまつげ美容液は、まつげに塗ったからといってすぐに効果が現れるわけではありません。美しいまつげの維持やまつげの環境をすこやかに整えるなど、美容を目的とした化粧品であるため、医薬品のように即効性のある医薬成分は含まれていません。

緩やかに作用するように作られていることから、継続して使うことでまつげの伸長が期待できます。

このようなまつげ美容液の性質を理解していないと、効果がないと感じて使用して間もないうちにまつげケアをやめてしまい、まつげ美容液を使ってもまつげが伸びないと勘違いしてしまうのです。

 

効果的にまつげを伸ばすためには?

前述の通り、まつげを伸ばすには正しいケアと効果的なまつげ美容液の使い方が必要です。

ではまつげ美容液は何を選べばよいのでしょうか?

筆者がおすすめしたいのは、現在口コミで話題のまつげ美容液「アイラシード」です。

美容皮膚科医との共同開発のもと、こだわりの美容成分で作られているアイラシードは長くて濃いまつげへ導いてくれると評判の商品です。

 

 

長くて可愛らしいまつげを手に入れるために、アイラシードでのまつげケアによりまつげを伸ばすためのポイントをお伝えします。

●用法・用量を正しく守ること!

使用方法や使用回数を守ってケアをすれば、アイラシードによりまつげが伸びた実感を感じられるはずです。

アイラシードの使用回数は朝と夜の2回で、洗顔後の清潔な状態のまつげに塗ってケアをします。塗り方は以下のように行いましょう。

  1. 目頭から目尻に向かって上まつげの生え際を塗る
  2. まつげの根元から毛先に向かって塗る
  3. 下まつげも同様にして塗る

塗る際は一度塗りで大丈夫です。

量を多めに塗ったからといって効果が高くなるわけではありません。使用方法や回数を守ってケアをすれば、長い魅力的なまつげが期待できます。

●継続して4ヶ月しっかり使ってみること!

先述のとおり、まつげ美容液には即効性がないため継続的に使うことが重要です。加えて、まつげの毛周期のサイクルからもまつげを伸ばすには継続して使う必要があります。

まつげには、まつげが成長する成長期、まつげの成長が止まる退行期、まつげが抜けて発毛の準備期間となる休止期があり、この周期の繰り返しによりまつげが生え変わります。

毛周期のサイクルは3〜4ヶ月程度なので、4ヶ月以上しっかりと使い続けることで休止期に栄養を蓄えて発毛が促され、成長期に栄養がいきわたるためまつげが伸びやすくなるのです。

なお、アイラシードには単品購入と定期購入があります。まずはお試しで単品購入し、様子を見てよさそうだと感じたら定期購入をするのもありかもしれません。※定期購入のほうが料金的にお得なようです。

 

まとめ

 

まつげは非常にデリケートなパーツなため、アイメイクのしすぎや目元のアフターケアがきちんとできていないと、ダメージを受けてまつげが伸びにくくなってしまいます。まつげに負担になるようなことをしていないかを改めて確認してみましょう。

また、アイラシードのように多くの女性から評判を集めているまつげ美容液であっても、使用方法が間違っている場合はまつげの伸長は期待できません。

結果を焦らず少なくとも4ヶ月以上使い続けて、長くて濃い憧れのまつげを手に入れましょう!

最新情報をチェックしよう!
広告