失明の危険!?まつげ美容液が目に悪いって本当?

 

ここ数年で認知度がぐんと上がってきた「まつげ美容液」。もうすでに利用したことがある人、もしくは興味のあるという人が多いのではないかと思います。

どの年代の女性も、女性らしさを作り出してくれる長くカールのかかったまつげに対して憧れを抱くと思います。最近では、まつげエクステなどの文化もかなり定着していますが、コストもかかりますし、何より自まつ毛が抜けてしまいがちなのが難点ですよね。

コストをなるべくかけずに、自まつ毛を美しくしたいという思いから「まつげ美容液」の需要は年々増えてきています。

しかし、そんな「まつげ美容液」をネットで検索してみると、「失明」という恐ろしいキーワードが上がってきます。果たして、まつげ美容液を使用するだけで本当に失明してしまうのでしょうか?

今回は、そんな不安を解消すべく、正しいまつげ美容液の使用方法や選ぶ際の注意点などをご紹介したいと思います!

 

広告

まつげ美容液で失明ってホント?

「まつげ美容液を使用しただけで、本当に失明してしまうのか?」と心配になりますよね。調べてみた結果、実際に健康被害が出たとういう報告はないようです。しかし、失明しそうだと思うほど目に激痛を感じたという声はネット上からも確認することができます。

痛みを感じるということは、通常の状態でないとういうSOSサインですから、自分に合った商品選びやきちんとした使用方法など、まつげ美容液に対する正しい知識を身につける必要がありそうですね。

 

こんな症状がでたら注意!

 

では、具体的にどのような症状が出たら注意が必要なのでしょうか? 気になる症状をまとめてみました!

●目やにがたくさんでる

目やにが出るということは、目の中に入ったゴミやバイ菌などを外に排出しようとして起こる生理現象です。規定量を超えて使用したケースなどがこれに該当するようです。たくさんつけたからといって、効果がすぐに現れる訳ではありません。適量を使用することもとても大事なことですね!

 

  • 目元が腫れる

まつげ美容液を使用して目元が腫れるという事例も報告されています。これらの多くは、塗る箇所に問題があるといった報告があります。皮膚の薄いまぶたになるべく塗らないようにして、まつげの根元に薄くつけるようにすると、こうしたトラブルを回避できます。

また、使用する前にパッチテストを行うことも重要なポイントです。アレルギー反応などがないかを事前にチェックすることも大切ですね。

  • 目元がかゆい

目元は顔の中でも特に皮膚の薄い箇所であるため、アレルギー反応も出やすいところです。そのため、敏感肌の人などは自分に合わない美容液を塗っただけで痛みや痒みを伴うことがあります。こうしたトラブルを防ぐためには、先ほどもご紹介したパッチテストがとても有効的です。

(パッチテストの方法)

1.  まつげ美容液を腕の内側に塗る。

2.  塗った箇所に絆創膏などを貼る。

3.  30分ほどたったら、絆創膏を剥がし経過観察をする。

4.  その後1日〜2日後にもう一度経過を観察する。

5.  痒みや赤みなどの異常が出た場合は使用を控える。何も変化がない場合は使用OK。

痛み、腫れや痒みが治まらない場合はすぐに使用をやめ、皮膚科医などの専門家に相談することがとても重要であることを忘れないでおきましょう!

 

まつげ美容液の正しい塗り方

 

それでは、まつげ美容液の正しい塗り方についてご紹介します! まつげ美容液の主な3タイプである「筆タイプ」、「チップタイプ」、そして「マスカラ(ブラシ)タイプ」を種類別にご説明していきます。

1.筆タイプの塗り方

筆タイプの場合は、アイライナーを引くような感覚で塗っていきましょう。まつげのキワの部分を1本ずつ埋めてくように塗っていくイメージです。ポイントはゆっくりではなく、サーっと手早く塗っていくこと。アイラインのように丁寧に筆を滑らせる必要はありませんので、時間をかげずに少量をつけるようにしましょう!

2.チップタイプの塗り方

チップタイプは、まつげ美容液の初心者の方にも塗りやすくおすすめです!塗り方は、まず、チップを縦に持ち、まつげの根元部分に当てます。目頭から目尻の方向に向かって細かく上下に動かしながら塗っていきます。チップを横向きに持ち替えて、マスカラをつけるイメージでまつげに直接塗っていましょう。その後、チップを縦方向に持ちかえ、下まつ毛にも同様に塗っていきます。

3.マスカラ(ブラシ)タイプの塗り方

マスカラ(ブラシ)タイプの場合は、マスカラを塗るような感覚で、まつげの根元からジグザグと細かく動かしながら、まつげ全体に塗っていきます。下まつげにはブラシを縦方向に持ち替えて、1本ずつ丁寧に塗っていきましょう。

 

まつげ美容液が目に入った時は?

 

万が一、まつげ美容液が目に入ってしまった時には、すぐに流水で洗い流すようにしましょう。時間をおいてしまうと、症状が悪化してしまうことも考えられるため、少しでも違和感を感じる場合は、早急に対処しておくべきでしょう。時間がたっても痛みがある場合は、眼科にかかることをおすすめします。

 

まつげ美容液の取扱方法

 

  • 目元や手を清潔にすること!

まつげ美容液を塗る目元は清潔に保つ必要があります。

なぜなら、目元が綺麗な状態でないと、まつげ美容液を塗った際の効果が得られないとともに、まつげ美容液自体を汚してしまうことになるからです。

また、目元だけでなく、使用する際の手元も清潔にしておくことも忘れないでおきましょう。

 

  • まつげ美容液の使用期限も要チェック!

まつげ美容液の使用期限にも注意が必要です。どの化粧品も、時間が経つごとにだんだんと劣化していき、最終的には腐敗しています。

具体的にどの程度保管ができるかというと、未開封のものであれば3年。オーガニックなど防腐剤無添加のものになるともっと期間は短くなってきます。

開封後のまつげ美容液は、3ヶ月を目安に使い切った方が無難と言えます。一般的な化粧品の寿命は、開封してから半年と言われていますが、目元というデリケートな部分に使う商品であるということから、他の商品よりも早いスパンで使い切った方が無難でしょう。

 

おすすめのまつげ美容液


フローフシ THEまつげ美容液

価格:1,296円(税込)

幅広い世代から絶大な人気を誇るフローフシのまつげ美容液。チューブ型になっているこちらの商品は、美容液を指にとって使用する新しい形態の商品です。指で塗ることでマッサージ効果にもつながり、まつげの成長を促すそうです。まつげだけではなく、眉毛の育毛にも使えると大評判です。

 

アンファー スカルプD ピュアフリー アイラッシュセラム プレミアム 

価格:3,460円(税込)

不動の人気を誇るスカルプDのまつげ美容液にまつげケア成分が2倍になってパワーアップした新商品が登場しました。柔らかいチップの設計になっているため、初心者の人にも塗りやすいのが嬉しいポイント。値段もお手頃なので、初めてまつげ美容液を使うという人にもおすすめの商品です!

アイラシード

価格:2,980円(税抜)

皮膚科医とアイリストが共同開発した、無添加、国内完全生産と随所にこだわりが詰まったまつげ美容液です。まつげを濃く、長く、そして新しいまつげの発毛も促す成分が多く含まれており、自まつ毛に自信が持てるアイテムです。公式サイト限定で初回2,980円とかなりお得にゲットできるのでチェックしてみましょう!

まとめ

 

まつげ美容液で失明してしまう可能性はあるのか? というテーマでお話をしてきました。正しくまつげ美容液を使用していないと、痛みや痒みを伴うこともありますが、自分に合った美容液をきちんとした方法で使用すれば、より女性らしく安全に素敵な自分へと変身させてくれる素晴らしいアイテムです。

まだまつげ美容液を試されたことがない方は、ぜひご自身に合うまつげ美容液がどれなのかを探して、試してみてはいかがでしょうか?

ご紹介したおすすめ商品もぜひチェックしてみてくださいね!

最新情報をチェックしよう!
広告