まつげ育毛剤とまつげ美容液の違いは?使い時とおすすめ商品をご紹介!

顔立ちの印象に大きく影響を与える「まつげ」は女性の美容ケアの中でも重要なポジションですよね。長く濃いまつげを手に入れたいと願う女性も多いことでしょう。

しかし、頭髪と違い生え変わりのサイクルが早いまつげは、毎日のアイメイクやまつげエクステなどの負担も大きく、せっかくまつげ美容を実践していてもなかなか効果がでないとお悩みの方もいらっしゃると思います。

そんなまつげの悩みを改善する商品として、まつげ育毛剤やまつげ美容液があります。

しかし、まつげ美容液とまつげ育毛剤の違いがよくわからない…という人もいるのではないでしょうか。

今回はそれぞれの違いや効果などを知り、自分に合ったまつげケアをしていく方法をご一緒に考えていきたいと思います。

 

広告

そもそもまつげ育毛剤って?

 

まつげ育毛剤とは、まつげの発毛や育毛の治療や予防などの医療目的で開発された薬です。そのため、薬事法により「医薬品」に分類されています。

まつげが少ない、短い、細いといった、まつげが貧弱の状態になる「まつ毛貧毛症」と呼ばれる症状の治療薬として主に使われます。

なお、まつげ育毛剤には、以下のようないくつかの種類があります。

・グラッシュビスタ
・ガンフォート
・ルミガン
・ビマトアイドロップス
・その他ジェネリック品

まつげ育毛剤の中で代表的なものは、グラッシュビスタです。厚生労働省から、まつ毛貧毛症治療薬として認可されています。

ルミガンは基本的には緑内障の治療に用いられる点眼薬ですが、グラッシュビスタにも含まれている「ビマトプロスト」というまつげを伸ばす作用がある成分が含まれており、まつげの発毛・育毛治療に役立つことから、まつ毛育毛剤としても使われています。

まつげ育毛剤は危険?

まつげ育毛剤は、臨床検査により安全性がテストされているため、用法や用量を守って使用をすれば危険ではありません。

ただし医療目的として作られているため、効き目が高いというメリットがある一方、人によっては以下のような副作用がでる場合があります。

・目のかゆみ
・目の乾燥
・目の充血
・色素沈着によりまぶたが黒ずむ

まつげ育毛剤には、メラニンを増加させる成分が含まれています。

外用薬としてまつげの生え際に塗って使うため、使い続けていくとメラニンが増し、その影響でまぶたが黒ずんで色素沈着してしまうという副作用が報告されているようです。

副作用がでた場合や違和感がある場合は、すぐに使用をやめましょう。

また、妊娠中や妊娠予定のある人は、胎児へ影響する恐れがあるため使用できません。

●まつげ育毛剤どこで買える?

まつげ育毛剤には医薬成分が含まれているため、購入するには皮膚科や眼科、美容クリニックなどで医師の診察を受けて処方してもらう必要があります。

また、ルミガンや先述のジェネリックは個人輸入代行サイトを利用して購入することも可能です。

この場合、個人での使用であれば合法ですが、正規品とうたっていても偽物である可能性も考えられるためあまりおすすめではありません。

まつげ育毛剤の値段は10,000〜15,000円程度、それに対し個人輸入品は2,000円〜3,000円程度で購入できます。

値段に大きな差があるので個人輸入品のほうがお得に感じるかもしれませんが、医薬品の個人輸入は医師の診断を受けているわけではなく、さらにはトラブルの可能性も高いのでやめておいたほうが無難です。

●まつげ育毛剤がおすすめな人

以下のような人には、まつげ育毛剤がおすすめです。

・病気の影響でまつげが抜けてしまった、または少ない人
・出産後にまつげが貧弱になってしまった人・加齢によりまつげが少なくなってきた人

病気などの影響により、まつげがなかなか伸びなかったり生えなかったりする場合、まつげは大きなダメージを受けています。そのため、医薬成分が含まれているまつげ育毛剤を使用することで、まつげの発毛や育毛が期待できます。

当てはまる方は、眼科や皮膚科を受診してまつげ育毛剤を処方してもらえるか相談してみるのも手ですね。

 

そもそもまつげ美容液って?

まつげ美容液とは、まつげのケアを目的とした美容商品です。まつげ育毛剤のように、まつげの治療を目的としたものではありません。

まつげ美容液のパッケージには「育毛をサポートする成分配合」などといった文言が書いてあることもあるため、まつげ育毛剤と混同しがちです。

しかし、まつげケアが目的であるまつげ美容液は「化粧品」に区分されています。美しい目元を保ちたい、健やかなまつげコンディションに整えたいなど、あくまでも美容のために作られているものです。

そのため主にまつげ美容液には、まつげに潤いを与える保湿成分、成長を促すための成分、ダメージを受けたまつげの修復をサポートする補修成分などが配合されています。

まつげを長くしたい、上向きカールをキープできるコシのあるまつげを手に入れたい、まつエクなどで短くなってしまったまつげをなんとかしたい…などなど、さまざまなお悩みに対してケアが可能です。

●まつげ美容液なら安全?

まつげ美容液は、まつげ育毛剤と比べて副作用が起きにくく、安全性が高いと言えるでしょう。

そもそも副作用とは目的となる作用に対して、目的以外に働いてしまうマイナス面の作用のことです。化粧品であるまつげ美容液には、医療効果があるような薬剤が含まれていないため、副作用が起きにくくなっています。

よって、使用方法をしっかりと確認して使えば心配は少ないです。ただし、配合成分が肌に合わない場合などは以下のような症状がでることがあるので要注意です。

・目や目元のかゆみ
・目の充血
・目が乾く
・まぶたのかぶれ
・まぶたがヒリヒリとしてしみる

もしこのような症状がでた場合は、改善するまで使用を控えるか、別の製品を試してみましょう。

●まつげ美容液はどこで買えるの?

近年のまつ育ブームに伴い、まつげ美容液は以下のようなところで手軽に購入できます。

・メーカーの公式オンラインショップ
・Amazonや楽天などの通販サイト
・ドラッグストア
・雑貨店
・100円ショップ

また、種類も非常に多いうえ、1,000円〜2,000円程度と手頃な値段のものも豊富に揃っているので、自分が気に入ったアイテムを見つけやすいのも嬉しいところです。

●まつげ美容液がおすすめな人

まつげ美容液は、特に以下のようなケアをしたい人におすすめです。

・まつエク中でもケアをしてまつげを守りたい
・まつげにハリを与えたい
・ダメージを修復してまつげを長くしたい
・抜けるのを防いで、ボリュームのあるまつげを手に入れたい
・副作用などの心配が少ないものを使いたい

特にまつエクをしている人などは、まつげ美容液でのケアがおすすめです。

まつエクは地まつげに直接つけるため、まつげに負担がかかります。まつエクの上から塗って使用できるものを選んでケアをすればまつげが傷みにくくなります。

また、まつげは頭髪に比べると数段デリケートです。5~8年は生えたままの頭髪と比較するとまつげの寿命はわずか1年前後です。

次々と新しいまつげが生えてこないとまつげはどんどん少なくなってしまいます。そこで、まつげ美容液によってまつげの成長をサポートし傷みからケアすることが重要になってきます。

たいていのまつげ美容液は日に一度塗ればよい、というシンプルでお手軽なケアなのもうれしいポイントです。

 

まつげ育毛剤 VS まつげ美容液

 

まつげ育毛剤もまつげ美容液も長くて濃い強いまつげを手に入れるために使用するものですが、自分のまつげの状態を考慮して使うことが大切です。

医薬成分が配合されているまつげ育毛剤は、まつげ美容液に比べてまつげの伸長や発毛が期待できます。

しかしまつげ育毛剤は医薬品であり、副作用があるという可能性を考えると、まつげのダメージが少ない場合や病気によってまつ毛が抜けてしまっているわけではない人は、まつげ美容液でのケアを行うほうがいいでしょう。

一方、病気によってまつげのダメージが大きく生えてくるのにあまりにも時間がかかるくらい貧弱なまつげになっている場合は、まつげ美容液でのケアでは改善が期待できないこともあるのでまつげ育毛剤が役立ちます。

まつげ育毛剤とまつげ美容液とで、どちらが優れているとは言い切れません。まつげの状態をチェックして必要に応じて使い分けましょう。

 

良いまつげ美容液の選び方

 

では、良いまつげ美容液の選び方のポイントとはどのようなものなのでしょうか?

例えば、育毛効果が期待できる成分として「ワイドラッシュ」、植物エキス「アカツメクサ花エキス」と、ペプチド「アセチルテトラペプチド」等があります。これらは濃く長く、そして太くコシのあるまつげをキープする育毛成分です。

このように、まずはまつげにとってどのような成分が入っているのか確認することが重要になってきます。

また、肌に優しい処方であることも重要です。「無添加」「国産」といった特徴を持つ製品を選ぶポイントと言えます。さらに敏感肌の方であれば製品開発の際に医師のサポートがある事も大きなプラスポイントです。

さらに選ぶポイントとして重要になってくるのがコスパです。

ひと月単位で継続して使用してはじめて効果が出るまつげ美容液はコスパのよさも大切なチェックポイントです。内容量はもちろんのこと、購入時の割引サービス内容などについても入念なチェックが必要です。

実際に使ってみた人たちの口コミ評価も非常に参考になります。なるべくたくさんの口コミサイトの情報などに目を通しておきたいものです。

●口コミで選ぶ

口コミで選ぶ時に大切なことは、なるべく多くの情報を偏りなく確認することです。たとえば一人のブログだけで判断することはリスクが高いためおすすめできません。

なるべくたくさんの人のブログ情報を読んだり、複数の口コミサイトの評価を比較検討することが大切です。口コミ情報だけを判断材料とすることは危険ですが、実際に使用した人の意見は何より貴重なもの。

出来るだけ多くの口コミ情報に目を通すことをおすすめします。

●コスパで選ぶ

先ほど解説した通り、まつげ美容液を選ぶ際はコスパの点から選ぶのも重要になってきます。なぜならどのまつげ美容液も即効性があるわけではなく、数ヶ月に渡って継続して購入し使用する必要があるからです。

無理をして買ってしまうと、そもそも効果がでる前に諦めることになってしまいます。

なので、まつげ美容液をコスパで選ぶなら値段と内容量をよく比較しましょう。1ml当たりの単価計算くらいは実行しておきたいものです。

そして、もう一つ情報収集しておきたいのがキャンペーン情報です。キャンペーン実施期間中は割引サービスや様々な特典があります。購入を申し込む前にチェックしておきたいものです。

 

サロンに通うよりお手軽!まつげ美容液ケア

 

美容室の他、各種サロンや皮膚科、美容整形外科ではまつげの育毛ケアを受けられるところが多くなりました。特にサロンはまつげエクステなど即効性のあるまつげ施術を受けながら、育毛効果のある施術を受けられる利点があります。

とはいえ費用と時間がかかることは避けられません。そこでサロンに通うよりもお手軽にできるまつげ美容液ケアに注目してみました。

 

●家でまつげケアするメリット

サロンを利用せず自宅でのホームケアを選んだ場合のメリットは、なんといっても費用と時間を節約できることにあります。購入するものは効果のあるまつげ美容液だけで済み、サロンに行く手間暇や時間もかかりません。

このように家・自宅でまつげケアするメリットは非常に大きいといえるでしょう。ただし自宅でエクステはまず無理、即効性があるまつげ増毛となると付けまつげくらいになります。

 

●まつ育サロンでケアするメリット

逆に多少費用は掛かっても構わないのでエクステを施術してもらいながらまつげケアを受けたいという人なら積極的にまつ育サロンを利用しましょう。

費用と時間をいとわないのなら、プロの施術を受けられるまつ育サロンの利用は即効性という大きなメリットのある方法です。

 

おすすめのまつげ美容液ランキング

 

つけまつげの使用が珍しいメイクアップではなくなりまつげケアが一般的になった昨今、まつげ美容液も多くの製品が誕生しています。

それぞれの製品に優れた特徴があり、口コミやメーカーホームページをよく確認してお気に入りのまつげ美容液を見つけたいものです。

ではここからは筆者おすすめのまつげ美容液をご紹介します。

●1位 : アイラシード

女性が考える理想のまつげに必要なものは、とにかく「長くする」。そして、「量を増やす」ことにあります。

そこで、ダイレクトにまつ毛の根元へアプローチする成分が入っている「アイラシード」が大きな支持を得ているということがわかりました。

まずアイラシードは自然派・無添加にこだわる昨今の消費者の要望に応え、余計な化学成分を加えることをしていません。合成香料、合成着色料、シリコン、鉱物油、紫外線吸収剤、オイルなどの添加物は一切加えられていない目や肌に優しいまつげ美容液になっています。

それでいてまつげの育毛に効果的な成分はしっかり含み、まつげの成長を流してくれる植物エキス「アカツメクサ花エキス」と「アセチルテトラペプチド」「ワイドラッシュ」が入っています。

さらにアイラシードは国内生産のまつげ美容液。日本の安全品質で安心して使用でき、しかも効果は抜群のアイラシードが堂々の一位となったのもうなずけます。

 

 

●2位 : ビューティーラッシュ オリジン

ビューティラッシュLIMITED

 

全世界のセールス本数が200万本という「ビューティーラッシュオリジン」はシリコン、ノンアルコールと敏感肌の方も安心して使用できる刺激の少ない美容液として人気を博しています。

さらに厳選されたまつげの養生成分として、「オタネニンジンエキス」、「チャ葉エキス」、「パパイア果実エキス」、「シルクアミノ酸」、「ブドウ種子エキス」が含まれています。

口コミ評価では「まつげの量が増えた」「エクステで傷んだまつげがよくなった」という喜びの声が目立ちます。

 

●3位 : リバイブラッシュ

 

まつげケアのためにまつげ美容液を使いたいけれど肌に合うか心配、という敏感肌が悩みの方は多いもの。

「リバイブラッシュ」は無刺激性もしくは低刺激性を掲げる肌の弱い人にとってまさに救世主

アレルギー反応チェックも行われており、まつげケアはしたいけれど肌への負担はなるべく避けたいという人におすすめです。

 

 

●4位 : ナノキューブエターナルアイラッシュ

最先端の美容技術を取り入れていることを前面に打ち出しているまつげ美容液が「ナノキューブエターナルアイラッシュ」です。

まつげの毛周期を整えるために役立つ成分に注目し、ミネラルを豊富に含んだ海洋性珪藻土から抽出した「フムスエキス」などの目新しい素材に、すばやく効果が期待できる成分を吸収させるために役立つ「ナノキューブ効果」など様々な新しいテクノロジーが導入されています。

 

●5位 : エグータム

電子の力を利用したヘアケア製品で知られる株式会社「アルマダ」のまつげ美容液「エグータム」は口コミ評価も上々で育毛効果を実際に確かめた声が多数。

ヘアケア製品開発で培ったノウハウを存分に発揮しているのでしょう

使い方も簡単で、寝る前にアイライナーを塗る要領で「上下のまつ毛の生え際」に一度だけ塗ればOKです。ただしこの生え際に塗るという方法が目に影響が出ないのか懸念する人も少なからずいるようです。

 

 

 

まとめ

 

まつげ育毛剤とまつげ美容液は同じものだと思われがちですが、健やかなまつげへのアプローチの仕方が異なります。

長くて濃い地まつげは、ノーメイクやナチュラルメイクでも目元の印象をかわいらしくしてくれます。

まつげのダメージ具合など、コンディションによってそれぞれ使いわけて魅力的なまつげを目指しましょう!

最新情報をチェックしよう!
広告