50代におすすめまつげ美容液!50代こそ目元を華やかに!

 

目元で人の印象はずいぶん変わります。

CMや雑誌などでは「目ヂカラ」いう言葉がキーワードのようによく出てきており、目は本当に人に強い印象を与えますよね。

最近ではより自分をキレイにみせるためにアイメイクやまつげパーマ、まつげエクステなど、50代女性でも日常的に取り入れるようになってきてはいますが、一方で、自宅で簡単にできるビューラーを使用している50代女性も多いのはないでしょうか。

そのまつ毛、本当に大丈夫でしょうか?

スカスカになっていませんか?

キレイを継続して続けていくためにはまつげの存在はとっても大事です。

だんだんまつげが少なくなってくる50代だからこそ必要なケアがあります。

改めて日々の大事なケア方法を振り返ってみていきましょう。

 

 

広告

50代女性たちが多く抱えているまつ毛の悩み

 

女性は30代を過ぎるとお肌の曲がり角が始まり、髪の毛も含め体毛などあらゆる老化を感じることが多くなります。

20代の頃は髪の毛にもツヤやハリがありチャームポイントだった人も50代になると髪の毛は白髪になり、ツヤやハリがなくなって弱ってきた感じがすると思うことが多いのではないでしょうか?

これはまつげにも全く同じことが言えます。

若い頃はまつげの量も多くふさふさで長く太かったのに、いつの間にかスカスカで短く細くなってたような気がする…。といった方はかなり多いです。

では、実際まつ毛の悩みにはどんなものがあるのでしょうか?

●目元がどうしてもくすみがちでメイクもしにくい

加齢が原因のお悩みにくすみがあります。お顔全体のくすみはもちろん気になりますが特に目元が気になるのではないでしょうか?

上まぶたのくすみ、下まぶたのくすみ、目元はとっても皮膚が薄くデリケートなため少しの摩擦でもくすみの原因になります。

若い頃はきれいな肌だったのに気がつくと目の周りの肌が茶色くなっている…。

なんてことになりかねません。

それらを予防するためには、メイクを落とすときにゴシゴシ力をかけず優しく落としていくことが重要です。

また、メイクがしにくい原因にはシワ、たるみが原因にあたります。

保湿をしっかりすることでお肌にハリがでますのでしっかり保湿しましょう。

●原因は眼瞼下垂(がんけんかすい)

眼瞼下垂とはどのような状態でしょうか?

有名人でいうと間寛平さんのような目の形です。加齢とともに目じりが下がりだし、目頭の方も下がり三角の形になってきます。

若い頃は目がパッチリしていたのに加齢とともに視野が狭くなったと感じる方は要注意です。

自分があてはまるか確認したい方は、おでこに手をぐっとあてて目が開くかどうか試してみてください。

これで開かない方は眼瞼下垂の可能性があります。

眼瞼下垂になると生活にも支障をきたす場合がありますので、早めに専門医への相談をお勧めします。

 

50代で特に意識したい日常からのまつ毛ケア

 

アイメイクをしない方でも日々のクレンジングがまつ毛に負担をかけていることがあります。何も思い当たることがない方でもダイエットや生活スタイルに何かしらの原因があることも。

ですので、直接のアイケアだけでなく日々の生活スタイルも意識することをおすすめします。

では、日ごろのケアはどのように行えばいいでしょうか?

●メイクだけがんばってもダメ!しっかりケアをしましょう

まつ毛が衰える原因として

ストレス
メイクやクレンジング方法
栄養不足・偏り
加齢

などがあげられます。

これらはアイメイクをしない方にも当てはまる原因です。

まつ毛はしっかりケアをすると回復が早いと言われている理由として、生え変わりサイクルが短いことです。まつ毛は約3ヶ月で生え変わるといわれており、その生え変わるサイクルにあわせてケアをすると短期間で改善されます。

しかしながら、まつげ美容液などを使用されてない方は、洗顔後なにもケアしないお肌と同じ状態です。

時間とともにお肌もカサカサになりますよね。まつげも同じです。まつげ内の水分が奪われパサパサになります。

パサパサになるとエクステの持ちが悪い、ビューラーでまつ毛を上げてもすぐに落ちてくる、マスカラがキレイにつかないなどデメリットばかりです。

目を美しく見せるためには日頃のケアが必要です。ぜひお顔に化粧水を塗った後にはまつげ美容液を塗るようにしましょう。

●睡眠、生活習慣、食べ物からまつ育を

人体はご存知の通り、口から食べたもので構成されています。

栄養バランスを考えて食事をとらないと、まつ毛にも影響が出てきます。ダイエットを繰り返している女性は髪や肌などをキレイに保つことが難しいといわれています。

その原因には、食べないことによる栄養不足が考えられるからです。髪や肌はたんぱく質から作られています。それらが不足すると毛がパサパサになったり、肌はハリやツヤが失われることになります。

そのため、たんぱく質が豊富な大豆類、お肉、お魚を積極的に食べるようにしましょう。

次に大事なことは睡眠です。睡眠時間を多く確保することはもちろんですが、美容に必要なホルモンが多く分泌される夜の22時から2時の間に熟睡することが大事です。

一度自分の生活を見直してみるのもいいのかもしれませんね。

 

50代でも若々しいハリ・コシのあるまつ毛にすることは可能?

 

若々しいハリ・コシのあるまつ毛はいつまでも維持したいものです。若い頃は素敵なまつ毛だったのに…と過去の話にはしたくないですよね。

目元が若々しいとその人自体の印象も若く見えます。

では、どのようにしたら若々しい目元でいられることができるのでしょうか?

 

●つけまつ毛やエクステでカバー

まつ毛を若々しく見せる簡単なアイテムとして、つけまつげやエクステがあります。

自分のまつ毛が少なかったり、短かったりしても人工的なきれいなまつ毛で若々しく演出できます。

しかしながら、丁寧に扱わないとまつ毛がさらに少なくなったり、つけまつげを乱暴にはがしたりすると目元のしわやたるみの原因にもつながり、さらには地まつげまで痛めて薄くしてしまいますので、利用には注意が必要です。

 

●まつ毛美容液で根本から改善

50代からでもまつげ美容液で改善できます。年齢に問わず、ケアすることで結果は変わります。

きちんとケアをすることで以前よりもまつげの量が多くなり、ハリやコシが出てくるなど効果も出ていますので一日でも早くケアすることをオススメします。

まつ毛美容液も種類がたくさんありますが、特に目元に使うものなので安全性には注意したいですよね。

人によっては合う合わないなど様々ですので、口コミなど参考にして選んでみてください。

最近、50代の方に人気のまつげ美容液が「アイラシード」という製品です。

アイラシードは国産で安心できる点はもちろんですが、美容皮膚科医とアイリストが考案して作られていますので高い効果が期待できます。

通常価格は8000円代と少しお高めですが、初回は2,980円で購入できますので、まずはお試ししてみたい人にはピッタリですね!

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

根本的なことは髪や肌と全く同じです。栄養が不足すると状態は悪くなるばかりで、それとともに加齢が加わります。

一日でも早くケアすることが状態を良く保つ秘訣です。

生活習慣など振り返りつつ、まつげ美容液を活用して若々しい目元をゲットしましょう!

 

最新情報をチェックしよう!
広告