DEOXIA(デオシア)は効果なし?ワキガへの効果と有効成分を口コミから徹底検証!

気になるワキガのニオイ。

そんなワキガに効果的なアイテムとして、今、最も注目されているのが「DEOXIA(デオシア)」です。

DEOXIA(デオシア)は、2種類の「有効成分」でワキガの原因となる「汗」と「菌の繁殖」に、直接アプローチ。

さらに、24時間ニオイを抑える効果を持続してワキガを抑制してくれます。

口コミでも「ワキガに悩まなくなった」「ニオイが気にならなくなった!」という声が多数ありました。

この記事では、そんなDEOXIA(デオシア)のワキガへの効果について詳しくご紹介します

「気になるワキガをどうにかしたい!」という人や、「クリームを塗るだけで本当に効果があるの?」という人はぜひチェックしてみてくださいね。

 

広告

DEOXIA(デオシア)はワキガに効果あり?成分や効果を徹底検証!

現在、さまざまなデオドラントアイテムが販売されています。

一般的な制汗スプレーのように、香りを重ねてニオイをごまかすものもありますが、ワキガの場合ニオイが混じってより目立ってしまうことも……。

ワキガには、ワキガのニオイを根本的に抑えるデオドラントアイテムがおすすめです。

今注目のワキガ用デオドラントクリーム「DEOXIA(デオシア)」は、国から効果を認められた有効成分を配合し、ワキガの原因菌を徹底的に殺菌してニオイを抑えてくれるアイテムです。

ではDEOXIA(デオシア)の成分をチェックしてその効果を見ていきましょう。

 

期待できる効果① 汗を抑える

DEOXIA(デオシア)には、2つの有効成分が含まれています。

その一つが、汗を抑える働きをもつ「クロルヒドロキシアルミニウム」という成分です。

では、この成分がどのようにアプローチするのでしょうか。

実はワキガのニオイ原因には、「汗」と「菌」の2種類があります。

脇には「アポクリン腺」と「エクリン腺」という2つの汗腺があります。

エクリン腺から出る汗はさらさらとしていて無臭ですが、アポクリン腺から出る汗には脂質やタンパク質が豊富に含まれ、ベタベタしています。

ワキガの原因となるのは、このアポクリン腺から出る汗なのです。

アポクリン腺から出る汗を、肌にいつも存在している「常在菌」が分解すると、ニオイの成分が発生します。

このニオイ成分が、ワキガのニオイの原因です。

つまり、アポクリン腺から出る汗を抑えることで常在菌による汗の分解を抑え、ニオイ成分を減らすことができます。

アポクリン腺から出る汗を抑えるためには、汗の出口となる毛穴を引き締めて出口を狭くしたり、毛穴を塞いでしまうことが効果的です。

DEOXIA(デオシア)に含まれている制汗成分は、毛穴を引き締める働きが強いので、毛穴をきゅっと引き締めることで汗の量を抑えることができるのです。

 

 

DEOXIA(デオシア)の制汗成分は「バランスが良い」

制汗成分にはさまざまな種類がありますが、その中でも特に多用されているのが「塩化アルミニウム」という成分です。

しかし、DEOXIA(デオシア)にはこの「塩化アルミニウム」は使用せず、「クロルヒドロキシアルミニウム」という制汗成分を使用しています。

では、なぜ「塩化アルミニウム」をDEOXIA(デオシア)に使わないのでしょうか。

制汗成分には、「毛穴を塞ぐタイプ」と「毛穴を引き締めるタイプ」の2種類があり、それぞれメリット・デメリットがあります。

【毛穴を塞ぐタイプ】

このタイプの制汗成分は、汗の出口を塞ぐので制汗作用がとても強いというメリットがあります。

しかし、毛穴を塞いでしまうためニキビができやすくなることも。

また、肌への刺激が強く、肌荒れなどのトラブルを引き起こしてしまうこともあります

一般的によく使用されている「塩化アルミニウム」は、この「毛穴を塞ぐタイプ」の成分です。

 

【毛穴を引き締めるタイプ】

このタイプの成分は毛穴を塞がず引き締めて汗の出口を狭くするため、「毛穴を塞ぐ」成分よりもやや制汗効果は低くなります。

しかし、肌への刺激が比較的弱く、肌あれを起こしにくいというメリットがあります。

また、毛穴を塞いでしまわないのでニキビを増やす心配もありません。

DEOXIA(デオシア)に使用されている制汗成分は、この「毛穴を引き締めるタイプ」の成分です。

 

デオドラントアイテムは、一度使えば一生ワキガのニオイが消えるものではありません。

定期的に使い続ける必要があるので、肌への優しさはとても大切です。どんなに効果が強い成分でも、肌あれを起こしてしまっては使い続けることができません。

そのため、DEOXIA(デオシア)は肌への刺激が強い「毛穴を塞ぐタイプ」ではなく、比較的肌に優しい「毛穴を引き締めるタイプ」の制汗成分を使用しているのです。

しかも、DEOXIA(デオシア)に含まれている「クロルヒドロキシアルミニウム」は、「毛穴を引き締めるタイプ」の中でも比較的効果が強い成分です。

つまり、DEOXIA(デオシア)に含まれている制汗成分は、「制汗効果」と「肌への優しさ」のバランスがとれた成分なのです。

 

期待できる効果② 菌の繁殖を抑える

ワキガのニオイは、アポクリン腺から出る汗を「常在菌」が分解することで発生します。

そのため、常在菌が増えると、汗を分解する力も強まりワキガのニオイが強くなる原因になってしまいます……。

DEOXIA(デオシア)には、そんな「常在菌」の繁殖を抑える成分が含まれています。それが、有効成分「イソプロピルメチルフェノール」です。

この成分は、強い殺菌効果を持っていて、ワキガの原因菌にも強力にアプローチ。

力強い殺菌力を24時間持続してくれるので、一日中塗り直す必要がありません。

さらに、DEOXIA(デオシア)に使用されている殺菌成分には、ほとんど刺激がありません。

殺菌成分の中には肌への刺激が強いものが多いので、敏感肌の人がデオドラントアイテムを使うと、肌が赤くなったりかゆみが出たりすることもあります。

しかし、DEOXIA(デオシア)の殺菌成分は肌に優しく、デリケートな肌の人でも使うことができた!という口コミも。肌に優しいのにしっかり殺菌してくれるなんて、嬉しいですよね。

 

期待できる効果③ ワキガのニオイを抑える

ワキガのニオイを抑えるためには、ニオイの原因となる「汗」と「菌」の両方を抑えると効果的です。

しかし、デオドラントアイテムの中には殺菌成分だけを使用したタイプもあります。

また、使用している成分の効果が弱いものもあるので、ワキガのニオイを抑える効果に不安があるものも。

DEOXIA(デオシア)は、「汗」と「菌」の両方に働きかけるので、ワキガのニオイをしっかりと抑えることができます。

しかも、国から一定の効果を認められた「有効成分」を使用しているから、ワキガのニオイにとても効果的。

さらに、豊富な植物エキスが有効成分の働きをサポートし、ワキガのニオイをしっかりと抑えてくれます。

 

<DEOXIA(デオシア)に配合されている主な植物エキス>

・柿タンニン:消臭効果で注目の成分。殺菌・防菌効果。

・オウゴンエキス:収れん作用、抗菌作用、保湿効果。

・ツボクサエキス:肌荒れを抑える効果、傷の修復をサポートする効果。

・イタドリエキス:収れん作用。

 

つまり、DEOXIA(デオシア)は「有効成分」と「植物エキス」でワキガの原因に働きかけ、ニオイを抑えてくれる心強いデオドラントアイテムなのです。

 

 

DEOXIA(デオシア)が「効果なし」と言われるのはなぜ?

ここまではDEOXIA(デオシア)に期待できる効果についてご紹介してきましたが、実は「効果がない」と言われることもあります。

では、効果なしと言われる理由とはなんなのでしょうか。

 

使い方が間違っている

効果を感じられないという場合、使い方が間違っていることが多いようです。

例えば、すでにワキガのニオイが気になる状態の脇に塗ってもあまり効果は得られません。

DEOXIA(デオシア)は今あるニオイ成分を減らすものではなく、「ニオイ成分の発生を抑える」アイテムだからです。

DEOXIA(デオシア)だけに限らず、どのワキガクリームもそうですが、間違った使い方だとうまくアイテムの効果を引き出すことができません。

せっかくクリームを使っているのに、使い方を間違えているから効果を得られないなんてもったいないですよね。

そのため、正しい使い方を確認してその効果をしっかりと引き出しましょう。

 

DEOXIA(デオシア)の正しい使い方

 

  • 脇を清潔な状態にする
    DEOXIA(デオシア)を効果的に使うには、脇を清潔な状態にしてからクリームを塗ることが重要です。シャワーを浴びたり、脇を制汗シートなどで清潔にしてからクリームを塗りましょう。
  • 汗を拭き取ってからDEOXIA(デオシア)を塗り直す
    たくさん汗をかくと、DEOXIA(デオシア)の成分が流れて効果が弱まりやすいので、汗をタオルや制汗シートなどでしっかり拭き取ってから必ず塗り直すことがポイントです。

 

肌に合わなかった

DEOXIA(デオシア)は肌に刺激を与える成分は極力カットしているため、「敏感肌でも使えた!」という口コミも多く見られました。

しかし、どんなに肌に優しいアイテムでも人によって肌に合わないことはあります。

実際に使用した人の口コミにも、肌に合わなかったという声がありました。これも効果なしと言われる原因の一つかもしれません。

肌がデリケートで肌荒れを起こしやすいという人は、使用前にパッチテストをしておくのがおすすめです。

 

デオドラントアイテムは医薬部外品のものがおすすめ

デオドラントアイテムの中には、効果が弱い成分を使用しているものもあります。

では、ワキガにより効果的な成分を使ったアイテムを選ぶためにはどうしたらいいのでしょうか。

効果的なデオドラントアイテムを選ぶ一つの目安となるのが、「医薬部外品」かどうかということ。

 

医薬部外品とは、厚生労働省が「一定の効果を認めた有効成分」を決められた量だけ配合しているアイテムのことを指します。

 

デオドラントアイテムの場合、「医薬部外品」だとワキガのニオイにしっかりと働きかけてくれるという安心感があります。

そのため、ワキガに悩む人に特におすすめのアイテムだと言えるでしょう。

今回ご紹介したDEOXIA(デオシア)も、この「医薬部外品」に分類されるデオドラントアイテムの一つです。

 

 

DEOXIA(デオシア)には副作用があるの?

 

デオドラントアイテムを使うと、

・ニキビができやすくなる

・肌が赤くなる

・かゆみが出る

などの副作用が出る人も少なくないようです。

では、DEOXIA(デオシア)に副作用はあるのでしょうか。

結論から言うと、デオシアは肌に刺激のある成分をできるだけカットしたアイテムなので、基本的に副作用はありません。

ただ先述の通り、どんなに肌に優しい成分でも人によっては肌に合わない場合があります。

そのため、肌が敏感な人は脇に使う前にパッチテストを行うようにしましょう。

 

DEOXIA(デオシア)の持続性は?

効果の持続力が短いデオドラントアイテムを使うと、時間がたつにつれニオイが気になってしまい、一日に何度も塗り直す必要が出てきてしまうことも……。

でも、忙しくて汗をかきやすいときほど、塗り直す時間がとれないこともありますよね。

デオドラントアイテムを選ぶときは、塗り直しの回数をできるだけ減らすため「効果の持続力が高い」ことも重要なポイントです。

では、DEOXIA(デオシア)の持続力はどのくらいあるのでしょうか?

 

DEOXIA(デオシア)の効果は、24時間持続します。

夜お風呂上がりに塗ると翌日の夜までしっかりと効果が続くので、一日中塗り直す必要はありません。

 

ただ、汗をかく量が多い人の場合、成分が流れてしまい時間が経つにつれニオイが気になってしまうことも。

汗をたくさんかく人は脇をきれいに拭き取ってから塗り直すと効果的ですよ。

 

 

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

ワキガ用デオドラントクリームの「DEOXIA(デオシア)」は、ワキガの原因に働きかける2つの有効成分が含まれています。

さらに、優しくワキガの悩みに寄り添う植物エキスも配合。さまざまな成分がニオイの原因にアプローチするので、ワキガのニオイをしっかりと抑えることができます。

「制汗スプレーやロールオンタイプのデオドラントアイテムでも効果がなかった」

「香水をつけるとニオイが混ざって困る」

など、ワキガに悩んでいる人はぜひチェックしてみてくださいね。

 

関連記事

 あんなにお手入れしたのに、またツーンとした臭いが…。ちょっと前までの私は、こんな状態が当たり前でした。かれこれ10年以上ワキガに悩み続け、制汗剤や消臭クリームなどあらゆる対策を試してきましたが、納得のいくものに出会えず…[…]

最新情報をチェックしよう!
広告