夏ワキガと冬ワキガの原因は違う!?ニオイの原因と季節に合わせた対策とは?

 

『今年も汗をかく季節になったからケアをしないと…』

『夏になってきたからワキガ対策しよう…』

汗をかく機会の多い夏に、ワキガ対策をする方は多いですよね。

ワキガそのものも 『夏に起きる』と思われるのですが、実は冬にもワキガの現象は起きています、人によっては 『冬の方がにぎやかな』人が多いです。

夏ばり注目されるがちかいワキガですが季節による原因を知ることで、年間を介してしっけケアが行きます!

 

広告

◾️ワキガのにおいては何が原因?

 

汗を出す汗腺にはアポクリン腺とエクリン腺の2種類があります。

エクリン腺は全身にたくさんさんありますが、アポクリン腺は、ワキの下やへその周り、肛門の周辺など、体の一部にだけ存在しています。

アポクリン腺から出る汗には、糖質や脂質、アンモニアなどが含まれ、やや粘り気があるのが特徴です。

栄養分が多いため人の皮膚に存在する常在菌が繁殖しやすい、これが発酵するときに出るがワキガとなってます。

その他の要因

アポクリン腺の汗と、皮脂腺から出た皮脂が皮膚の細菌に分解されて、独特のものが発生しているということもあります。

また、ワキ毛がおおいをさらに強くしていることもあります。

 

◾️ワキガになりやすい人とは?

 

ワキガは全ての人が発症する翻訳ではありません。

ワキガとなりやすい特徴を見ていきましょう!

○家族や身内がワキガ

ワキガは遺伝的要素が深く関係しているため、家族内でワキガを発症しているとワキガになる確率は高くなっています。

両親がワキガだと確かに遺伝する翻訳ではありませんが、身内にワキガの人がいる場合早めの対策がおすすめです。

 

○耳あかが湿っている

外耳道にもワキガの要因となるアポクリン腺があり、耳あかが湿っているとアポクリン腺が活発なのでワキガとなりやすいです。

韓国では「ワキガ症の約65%が湿性の耳あかである」とする研究データが発表されていること。

汗をかいてもそのままにしている人……汗は常在菌と交わることで悪臭をもたらすため、汗をかいてもそばにおけば菌の宝庫となってます。

臭いや刺激の強い食事が好きな人……例ば、にんにくやニラなどの香りの強い食材が体内で消化されずにいると、香気成分として汗と一緒に排出されるケースもある。

 

◾️冬ワキガの原因を知ろう!

アポクリン腺からの汗がポイントになることがわかりましたが、なぜ汗をかきにくい冬でもワキガとなってしまえますか。

冬ワキガの原因を見ていきましょう!

 

○汗腺の働きが弱い

暑い夏は体も温度調整をするために汗腺が活発に働いています。

それに比べて冬は、気温が低くなるので汗腺は働きたくなっています。

働きが弱くなった汗腺は皮膚の汚れや雑菌を洗い流すという汗本来の働きもなくなってしまうので、老廃物やたんぱく質が溜まりやすいすくなってしまいます。

暖房の効いた暖かい部屋にいて温かいものを食べてすると、冬でも少し汗ばむようなことがありますよね。

冬になり汗の量自分が少しなくなってしまうと、おおいの元となる雑菌や老廃物の濃度が濃くなってしまいます

その結果、ワキガのにおいては冬の方が強くなってしまいます。

 

○においを吸収しやすい洋服

冬はとても気温が​​低く、私たちは衣類を重ねて暖かく取っています。

し室内に入るとほとんどの家や商業施設などで暖房が効いていますよね。

外と中の寒暖差から一気に汗が出る機会が多い、この汗が原因となりそうでおねがいします。

また、シャツや上着など重ね着をしていると汗のケアもしくしくなりますよね。

しっとり汗を拭くことができなくなり、分厚い衣類も蒸して乾きにきいたため、かなりの原因である雑菌が繁殖してしまってます。

 

○水分量が減る

暑い夏には喉がきき、自然と摂取する水分量も多くなりますよね。

に対して冬では寒さやタイヤが近くなるなど、さまざまな理由からどうしても水分摂取量は減ってしまいます。

喉が乾けば冬でも水分を摂取しますが、水分量が減ると汗の濃度も濃くなり、老廃物がしっくりと排出されないということでアポクリン腺の汗にも老廃物が混在します。

老廃物排出やワキガのにおいて対策のためにも、夏冬関係なく水分を摂取しましょう。

 

○代謝が上がる

夏は代謝が上がるからダイエットにぴっとり!

なんていう方法もありますが、実際には冬の方が代謝が上がっているんです。

私たちの体は気付かぬうちに、寒い冬になんとか体を温めようと、代謝を上げてエネルギーを作っています。

『冬のになんか汗が出てくる…』

『厚着をしすぎたのか汗かいた…』

なんて経験はありませんか?

基礎代謝が上がる冬は意外と少ないの運動や行動で、汗をかきやすい体になっているのです。

 

○暖房の使用

暖房の効いた暖かい部屋は過ごしやすいですよね。

今はほとんどの家庭で暖房器具があり、デパートやスーパーでさえも暖房で暖かくなっています。

少しの時間だと上着を脱ぐのも面倒くさく、少し暑いと感じてもそのままの状態である方も多いのではないでしょうか。

暖房の部屋では上着を脱いだり、その場所の温度に合わせて汗をかない対策をしましょう。

 

○脇毛処理が甘い

夏は脇部分が見える洋服も多いですが、冬は基本的に長袖の洋服を着るため、脇部分の肌を露出することは滅多にありません。

ついつい人には見られないからと、脇毛の処理をサボりがちになってしまう方も多いのではないでしょうか。

その結果、汗をかいた時に放置されている脇毛に菌が繁殖してワキガのところが強くなっているのです。

 

○デオドラント商品を使わない

夏になるとドラッグストアなどでは、ズラリと目立つ部分に制汗剤スプレーやクリームなどのデオドラント商品が並んでますよね。

逆に冬になるとカイロや湯たんぽなど、暖かい商品に変わっていきます。

こうした販売店の策略も、人は自然とその季節に合った商品を手に取りやすくなっています。

衣類の重ね着でケアしたいということや、商品によっては脇が冷たくなってしまうなどなどの理由も重く、冬にデオドラント商品を使わない方は少しなってまいます。

デオドラント商品は汗を抑制して気持ちいいだけでなく、皮膚バランスを考えておいての軽減も行けます。

冬でも積極的にデオドラント商品を取り込むのがおすすめですよ!

 

○食生活の乱れ

食欲が落ち、暑さでサッパリとした食生活になりやすい夏ですが、冬にはクリスマスや忘年会と、正月や新年会と、外食する機会が増える食生活も悪くなりやすいです。

脂っこいものなどはアポクリン腺の活動力を活性化しやすいので、食生活の乱れからワキガのものが強くなる傾向があります。

 

◾️ワキガは夏よりも冬に強くなる!?

冬ワキガの原因がわかると、夏ワキガとの違いが明確になってきますね。

水分量による汗の濃度の違い

○衣類の違い

○食生活の違い

○汗のかき方の違い

○ワキガケアの違い

冬では気づかないうちに汗をかいていて、水分量が減ってしまいます。

その結果、においがこもりやすい衣類によってワキガが悪化してしまいます。

年間を通してワキガ対策をしてあげるのが良いでしょう。

 

◾️夏も冬も手軽にできる対策!

 

夏冬問わず、簡単にできるワキガ対策を見ていきましょう!

○食生活の改善

夏冬問わず、効果を感じやすいのが食生活の改善です。

アポクリン腺から出る汗には脂分やたんぱく質、糖質が含まれているのですが、食べ物によってそれそれ汗の成分に影響を与えています。

ワキガの原因ともなる細菌は栄養がたくさんさんあればあるほど分泌や分解が進み、結果的にワキガが強くなってまいます。

たんぱく質が多い動物性脂分の多いお肉、ジャックフードなど味の濃い食べ物やスナック菓子などにもかなり大きな影響を与えます。

また、お酒やばこも体臭を強くする傾向があります。

一方、ワカメなどの海藻やトマトやブロッコリーなどの緑黄色野菜、りんごやブルーベリーなどの果物はにおいを改善する作用があります。

抗酸化作用のある緑茶なども効果的です。

食べ物を食べていても、たんぱく質が多いことやおいにつながりやすいと意識して食べていることはないので、なかなかワキガの原因とは結びつきづらいですよ。

全てを改善するのは難しいですが、かなり大量に摂取したくないように気を付けたい、夕飯に一品海藻類や果物を取り入れることで、ワキガの対策になりますよ!

 

○ストレスを溜め込まない

このページを見ている方や、最近ワキガについて一悩むようになったという方の中には、ワキガがストレスと疲労が影響すると聞いて、思っていると感じる人も多いです。

強いストレスを感じた状態は神経も活動的になって、アポクリン腺を強く刺激することになります。

ワキガの原因であるアポクリン腺を刺激するということは、脇から汗を増やして、臭いを劇的に変えてまいます。

また、疲労が蓄積すると体内のアンモニアが肝臓で分解されなくなり、アポクリン腺からアンモニアが排出されることになります。

ストレスと疲労は非常に密接に関連しているので、2つに対して対処することが重要です。

 

○デオドラント商品の使用

ワキガで悩んでいる方が真っ先に対策するのが制汗剤やデドラントではないでしょうか。

なかなか効果がないなー…と思いながらも、どこの商品を選んだら良いのか分からないですよね。

ワキガのおおいの原因は、汗の量と菌の量がポイントになってくるので、この2つをしっかり対策できるデオドラント商品が最適です。

 

◾️季節問わず悩まされるワキガはかなり対策

食生活や衣類の心がけによってワキガの症状を抑制することができますが、完璧に改善することは難しいですよね。

そんな時に、ワキガの症状を抑制してくれるのが、デオドラント商品です。

 

○ワキガ専用デオドラント

デオドラント商品と聞くと、スプレータイプの制汗剤を思い浮かぶ方が多いのではないでしょうか。

今ではドラッグストアなどで、シート状になったものやミストになったものなど、たくさんのデオドラント商品が発売されていますよね。

『気休め程度しない効果がない…』

『すぐにおいが気になってくる!』

中にはあまり効果を感じることのできない方も多いのではないでしょうか。

そんな方におすすめなのが、 『ワキガ専用』のデオドラント商品です!

 

○ワキガに効果的な成分

普通のデオドラント商品でも汗の抑制や香り付けができますが、ワキガ専用との違いは何でしょうか。ワキガ専用の成分を見ていきましょう。

制汗剤やデオドラント商品などと言いますが、基本的にデオドラントとは殺菌作用のある商品、制汗剤とは汗を止める作用のある商品のことを指します。

制汗剤のスプレーなど消臭効果のある商品もありますが、基本的には汗を抑えて、フラワーや石けんなどの香りづけをメインとしています。

するとおいの強いワキガに対する効果は薄くなってしまいます。

『ワキガ専用』のデドラント商品では、制汗作用に加え殺菌作用にもアプローチができます!

デオドラント商品に含まれている殺菌作用の成分としては、イソプロピルメチルフェノールとミオバンが有名です。

イソプロピルメチルフェノールは殺菌作用が強く、持続性もあります。

ワキガ専用のデオドラント商品には配合されている事の多い成分ですが、ワキガ対策をし行き方は裏の成分表を見るのもポイントですよ!

 

◾️おすすめのワキガ専用クリーム

ワキガの方には、ワキガ専用のデオドラント商品がいかに大きく切り分けましたね!

『本当に効果のあるデドラント剤が欲しい!』

ワキガに悩む方は誰もが思うことですが、どこの商品も制汗やに対策ができる!と書いてあり選ぶのが難しいですよね。

そんな方におすすめなのが、本当に効果があったと口コミで人気の 『イニオスプラス』です!

イソプロピルメチルフェノールとクロロヒドロキシアルミニウムが配合されており、制汗とワキガ菌の殺菌を行うことができます。

イニオスプラスは黄色ブドウ球菌の増殖実験を独自に行って、イニオスプラスを使用した場合24時間後でも驚異の殺菌力を叩きました。

すぐに効果が薄れてしまう他のデオドラント商品と比べて、その持続力も人気のポイントです!

 

 

◾️まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

汗だけが原因と思いがちなワキガも、夏と冬によって原因が異なります。

年間を通してを通して季節に合わせた対策がワキガには切りですね。

手軽に活用できるデドラント商品も使って、ストレスフリーになりましょう!

 

 

 

最新情報をチェックしよう!
広告