ずっと若々しくいたい!アンチエイジングのポイントは細胞にあった!?

 

「ずっと若々しくきれいでいたい」という思いから、メイクやファッションはいつも気合充分!だけどなんだかしっくりこない‥。

そんな方にぜひトライして欲しいのが、アンチエイジングです。

いつまでも若々しくいるために、メイクやファッションはもちろん大切なポイントですが、肌のハリやツヤ、髪の美しさなどが足りないとどこかチグハグになってしまうことも…。

そこで大切なのが内側からのケアです。

この記事では、輝くような若々しさを目指すためのコツをご紹介します。

大人女子なら知っておきたいポイントがいっぱいです!

 

広告

■そもそもアンチエイジングって?

 

アンチエイジングという言葉はよく耳にするけれど、イマイチ良く分からない…という方も多いのではないでしょうか。

一般的なアンチエイジングとは、日本語で「老化防止」という意味で、年齢を重ねることによる心や身体の変化への対策を指します。

一方、美容におけるアンチエイジングというと、ほうれい線をはじめとする顔のしわや肌のハリ不足、髪のツヤ不足などを、食事や運動、サプリなどによって防止し、健康的で美しい状態をキープすることをいいます。

つまり、「いつまでも若々しくきれいでいたい」と思うなら、アンチエイジングは欠かせないものなのです。

 

■老化はなぜ起きるの?

アンチエイジングにトライする前に、ぜひ知っておきたいのが「なぜ老化が起きるのか」ということです。

しっかり身体のメカニズムを知っておけば、賢くアンチエイジングができるので、必ずチェックしておきましょう。

老化とは細胞の機能低下により、身体のいろいろなところの機能が低下してしまうことです。

食事や生活習慣、ストレスなどさまざまな原因が考えられます。

なかでも最近注目されているのが、酸化・糖化・ホルモンバランスの変化の3つの現象です。

 

酸化

酸化とは、シミやシワなどのエイジングサインだけではなく、重大な病気の原因にもなりかねない恐ろしいものです。

「酸化」というと難しそうに聞こえますが、簡単にいうと酸素と反応して「サビて」しまうこと。

切ったリンゴが茶色く変色するのも酸化の一例です。

酸化により、細胞の質が変わったり、死んでしまったりすると上記のような老化現象が起きてしまいます。

酸化の原因となる活性酸素はもともと体内にありますが、年齢を重ねることにより活性酸素を抑える酵素が弱まり、酸化しやすくなってしまいます。

つまりアンチエイジングにあたって、酸化のケアは欠かせないものなのです。

 

糖化

身体の中で余っている糖分とタンパク質が結びつくと、「AGE」という物質が発生します。

このAGEは、コラーゲンや角質にあるケラチンを弱らせて黄色く変色させ、肌のハリ不足やくすみを引き起こすといわれています。

いくらスキンケアをしても実感できないという方は、もしかしたらこの糖化が原因かもしれません。

 

ホルモンバランスの変化

ホルモンは、肌のハリ・ツヤや髪・爪のしなやかさ、メリハリのあるボディラインを作ってくれるので、若々しい外見をキープするのに欠かせません。

さらに、骨や血管の機能維持にも大切な成分です。

年齢を重ねることで身体の中にあるホルモンは、だんだん減少します。

そうすると肌のハリやツヤが失われて、ほうれい線やたるみなどのエイジングサインが目立ってしまいます。

 

■アンチエイジングの方法は?

 

上記のような身体の内側の変化は、見た目の年齢にも大きく影響します。

そこで大切なのは、しっかりとアンチエイジングケアを行うことです。

食生活や運動などの生活習慣を整えたり、エイジングケア用のスキンケアを使って肌にハリやツヤを与えたりと、しっかり身体をいたわりましょう。

地道に頑張れば、今よりグッと若見えできる可能性もありますよ!

アンチエイジングのための食生活

美容のためにも健康のためにも、食事にはしっかり気をつけたいものです。

でも、仕事や家事、育児などでバタバタしていると、なかなか手が回らないこともありますよね…。

でも大丈夫!ポイントさえ押さえれば、ちょっと気をつけるだけでも充分効果的です。

(1)朝・昼・晩、3食しっかり食べる

食事を抜いてしまうと、血糖値のアップダウンが激しくなって体調に影響することも…。

また、お腹が減っているとドカ食いの原因となり、かえって多くのカロリーを摂ってしまうことになります。

 

(2)主食・主菜・副菜の3つはマスト

「お肌にいいって聞いたから○○をたくさん食べよう」と考えている方は、いったんストップ。

確かに、お肌にいいとされている成分をたくさん摂るのは良いことなのですが、食事で何より大切なのは栄養のバランスです。

主食・主菜・副菜の3種類を一つずつ用意するだけで、栄養バランスがとりやすくなります。

特にご飯やパンだけですませている方は要注意です!

炭水化物が多すぎると、糖化の原因となるので、しっかりおかずも食べるようにしましょう。

特に肌や髪をつくる材料となるタンパク質、ビタミン類が豊富な野菜は積極的にとるのがおすすめです。

 

アンチエイジングには運動も大切

アンチエイジングのためには、適度に身体を動かすことが大切です。

血行が良くなり、身体のめぐりがスムーズになりますし、ホルモンバランスも整います。

特に嬉しいのが成長ホルモンやセロトニンというホルモンが分泌されやすくなること。

成長ホルモンにはターンオーバーによる肌細胞の生まれ変わりを促す働きが、セロトニンにはお肌の大敵のストレスを和らげる働きがあります。

つまり運動することで、身体の内側から美肌になれるというわけです。

ウオーキングやヨガなどの軽い運動でもOKなので、まずはできるところからスタートしましょう。

 

アンチエイジングのためのスキンケア

アンチエイジングのためには、スキンケアも重要です。ハリのあるきれいなお肌は、若々しさの象徴といってもよいでしょう。

ポイントは以下の3つです。

肌の摩擦をさける

肌をゴシゴシこすってしまうと、ダメージを与えてしまい荒れてしまうこともあります。

洗顔の時は泡立てネットを使って、洗顔料をモコモコに。

優しく洗ってすすいだら、ふわふわのタオルでそっと顔を包み込んで水を吸わせます。

化粧水をつける時もできればコットンを使わずに、化粧水をつけた手で顔を包んで丁寧に浸透させていくのが大切です。

極力こすらないようにしましょう。

 

保湿をしっかり

スキンケアを選ぶ際に大切なのは、しっかり保湿ができるかどうかです。

カラカラに乾燥したお肌は、ほうれい線などのしわやくすみの原因にもなります。

セラミドなど保湿効果が高いといわれている成分がたっぷり入っているものを選んで、お肌にうるおいをチャージしましょう。

 

紫外線を避ける

お日様の光に含まれる紫外線は、お肌にとってダメージ大。肌が老化してしまう原因の一つです。

日光を浴びると紫外線をガードするために、肌の内側でメラニン色素ができて、シミの原因となります。

さらに、肌の奥まで届くとコラーゲンを破壊して、ハリ不足やしわの原因にもなりかねません。

夏だけではなくオールシーズン、日傘や日焼け止めなどでしっかりケアをすることが大切です。

日焼け止めはこまめに塗り直しましょう。

 

■エイジングケアにはサプリがおすすめ

 

食事や運動などが大切なのは分かるけど、忙しくて続かない…とお悩みの方には、エイジングサプリがおすすめですよ。

サプリならあわただしい日でも、サッと飲んでしっかりエイジングケア成分を補給できますよね。

サプリによっては、一度に何種類もの美容成分を摂れるので、内側から徹底的にケアが可能です。

仕事・家事・子育て…何かと忙しい現代の女性に、サプリは強い味方。

若々しいハリを取り戻したいなら、ぜひ取り入れることをおすすめします!

 

エイジングケアサプリの選び方

エイジングケアサプリがいっぱいありすぎて、選べない…。

そんな方のために、サプリを選ぶ際の4つのポイントをご紹介します!

(1)どんな成分が含まれているか

サプリを選ぶ上で一番大切なのが、どんな成分が含まれているのかです。

例えばうるおいが足りていないのに、うるおい成分がほとんど入っていないサプリを使っても、あまり変化は実感できないかもしれません。

自分の悩みをしっかり把握した上で、その悩みにアプローチできる成分が入っているかをチェック。

効率的にケアできるサプリを選びましょう。

 

(2)続けやすさ

サプリを使ったエイジングケアで大切なのは、ちゃんと続けることです。

身体の内側からきれいになるには、それなりの時間がかかります。

値段や飲みやすさは続けやすさを左右する重要ポイントなので、必ずチェックしましょう。

 

(3)飲みやすさ

粒が大きすぎて飲み込みにくかったり、1日に何度も飲む必要があったりするサプリは、いくら良い成分が入っていても、飲むのが面倒になってしまい長続きしません。

また、サプリの味も要注意。苦手な味のものは結局飲まなくなってしまいます。

 

(4)口コミの評価

サプリを選ぶ際に気になるのは、やっぱり口コミです。実際に効果を実感できるのかをチェックしましょう。

特に通販などで定期購入する場合は、会社の対応の良しあしも大切です。

口コミを参考にする際は、複数のサイトで確認するのがポイントです。

サイトによっては、偏った内容を載せているケースもあるので、比較した方が良いでしょう。

もし評価が割れていて悩む場合は、年齢などの属性が自分に近い口コミか、具体的かつ冷静に書いている口コミを参考にすると、失敗が少ないです。

 

(5)値段

ついつい気合を入れて、「高くても良いサプリ」にしがちですが、コンスタントに購入できる金額のものを選ぶのが大切です。

確かに高価なサプリにはたっぷりと美容成分が入っていることが多いのですが、本当に必要な成分を厳選したものにすれば、コストを抑えられる場合もありますよ。

 

 

■アイテム選びの参考に!エイジングケアに役立つ成分とは

 

さきほどお伝えした通り、エイジングケア商品を選ぶ一番のポイントは成分ですが、どの成分にどんな働きがあるか分からない方もいると思います。

そこでエイジングケアにおすすめの成分とその働きを詳しくご説明します!

アイテム選びの参考にしてください。

 

(1)コラーゲン

コラーゲンとは、タンパク質の一種で細胞と細胞をつなぐ役割を持っている物質です。

肌の表面を下から支える「真皮」と呼ばれる部分に、たくさん含まれています。

うるおい成分であるヒアルロン酸やエラスチンと呼ばれるたんぱく質などをしっかり抱え込んで、弾力のある肌へと導いてくれるすごい成分なのです。

コラーゲンは年齢を重ねると減ってしまうので、しっかりサプリで補いましょう。

 

(2)ヒアルロン酸

ヒアルロン酸は水分を貯める働きがあり、うるおい成分として多くの美容アイテムに使われています。

皮膚の真皮に多く含まれており、うるおいとハリのある肌づくりに大活躍。

逆にヒアルロン酸が不足するとたるんでしまい、ほうれい線などのエイジングサインの原因となりかねません。

 

(3)セラミド

肌のハリを保つには真皮がしっかりうるおっていることが大切ですが、真皮の上の表皮にある角質層が乾燥してしまうと、あっという間に水分は奪われてしまいます。

セラミドは細胞と細胞の隙間を埋める働きがある成分で、角質層の水分をしっかりキープして真皮が乾燥しないようにガードしてくれます。

また、紫外線やほこりなどの刺激からも守ってくれるので、年齢を重ねたデリケートな肌の強い味方です。

 

(4)プラセンタ

お腹の赤ちゃんとお母さんを繋ぐ大切な部分である胎盤から抽出された成分だけあって、美容に良い成分がたっぷり。

なかでも「核酸」はエイジングケア成分として大きな注目を浴びています。

遺伝子をリカバリーしたり、新陳代謝のバランスをとったりと、大人女子に嬉しい作用のある成分なので積極的に補いましょう。

 

(5)オルニチン

男性向けのサプリにも、多く配合されているオルニチン。

肝臓の機能をサポートする働きがあることで有名です。肝臓には老廃物を外に出す機能があり、肌に悪い影響を与える老廃物もシャットアウトしてくれます。

さらに、細胞を活性化するパワーがあることも見逃せません。

肌のターンオーバーを促して、美肌へと導いてくれます。

 

 

まとめ

 

若々しさをキープしたい大人女子にとって、アンチエイジングケアはとっても大切です。

特に、美容成分たっぷりのエイジングケアサプリは心強い味方です。

自分のコンディションに合ったものをチョイスすれば、内側から若々しさをサポートしてくれますよ。

ぜひ自分にぴったりのサプリを見つけて、素敵な大人女子を目指しましょう!

 

最新情報をチェックしよう!
広告