アンチエイジングのカギは「抗酸化」!サプリを活用して細胞の抗酸化力をUP!

広告

近年、アンチエイジングで注目されているのが“抗酸化対策”です。

体をサビさせるとも言われる肌や体の酸化は、細胞にダメージを与えて、肌のたるみ、しわ、シミなどの原因になります。

さらに、酸化は、細胞内のエネルギーを生み出すミトコンドリアにもダメージを与え、肌や体の老化だけでなく、がんや動脈硬化などの病気を引き起こす可能性があるのです。

酸化から肌や体を守るために取り入れたいのが抗酸化対策。肌や体の抗酸化力UPは、日々のスキンケアだけでなく、インナーケアが大切です。

アンチエイジングサプリでのインナーケアで、酸化に負けない体づくりをしましょう。

 

■肌や体の酸化とは何か知ろう

 

 

サビてボロボロになった鉄を見たことがある人も多いことでしょう。鉄のサビは、空気に触れ続けて鉄が酸化することにより生じます。

人間の肌や体でも酸化は起きていて、酸化は「体をサビさせる」と美容雑誌やSNSなどで取りざたされるようになりました。

肌や体の酸化は、細胞や細胞の中にあるミトコンドリアにダメージを与えます。

肌や体を酸化させる原因が活性酸素です。活性酸素は、スーパーオキシド、ヒドロキシルラジカル、過酸化水素、一重項酸素の4種類あります。

活性酸素は呼吸をするだけでも発生。吸い込んだ酸素の約2%程度は活性酸素になると言われています。

本来、活性酸素は体にとって必要なものです。体内の細菌やウイルスを撃退する役割があります。しかし、体内の活性酸素が増えすぎると、さまざまな悪影響を及ぼすのです。

肌の酸化は、肌に存在する表皮細胞や繊維芽細胞(せんいがさいぼう)など、肌を構成する細胞にダメージを与えます。肌の乾燥や肌荒れ、毛穴トラブル、シワ、たるみを引き起こして、顔の老け度を加速させるのです。

さらに、肌を活性酸素のダメージから守るために、シミのもとになるメラニンが合成されます。メラニンが過剰に作られれば、シミやくすみを引き起こす原因にもなります。

酸化の影響は肌だけにとどまりません。

体が酸化されて細胞や細胞内のミトコンドリアのダメージが蓄積すると、がんや動脈硬化、心筋梗塞など大きな病気のリスクが高まります。

活性酸素は、あらゆる病気の9割の原因になると言われるほどなのです。

肌や体を酸化から守ることが、美容と健康には大切です。

活性酸素が発生する原因は?

呼吸で数パーセントの活性酸素が発生するほか、さまざまな要因で活性酸素は作られます。活性酸素の発生原因をチェックしていきましょう。

 

【紫外線】

紫外線がアンチエイジングの大敵であることは、ご存知の方も多いでしょう。

紫外線を浴びると、皮膚で活性酸素が発生します。紫外線B波はスーパーオキシドを、紫外線A波は一重項酸素をつくることがわかっています。

紫外線は肌の酸化の原因になるだけでなく、乾燥、肌荒れ、シミ、しわ、たるみなど、多くの肌トラブルを引き起こしかねません。

無防備に紫外線に当たるのは、アンチエイジングのためには絶対NG!日焼け止めを塗る、UVカット加工がされた帽子や日傘を利用するなど紫外線対策に努めましょう。

 

【ストレス】

悲しい、つらい、不安、イライラなど、ストレスを感じると血管が収縮して血液の流れが悪くなります。血管がもとに戻り、血液の流れがスムーズになるときに活性酸素が発生します。

ストレスで血管の収縮を繰り返すと酸化が促進され、活性酸素が大量に発生して大きな酸化ダメージにつながります。

日頃から、自分なりのストレス解消法を見つけておくのが大切です。大きな声をだす、深呼吸を繰り返す、紙をぐしゃぐしゃに丸めるなどちょっとしたことでも構いません。

体に不調をきたすほど強いストレスを感じる場合は、メンタルクリニックなど医療機関の受診を検討するのも一つの手です。

 

【飲酒】

お酒をたくさん飲むと、肝臓がアルコールを分解する際に大量の活性酸素が発生します。

過度な飲酒は、活性酸素だけでなく肝臓の機能低下の原因に。お酒は適量を心がけ、過度な飲酒は控えるよう心がけましょう。

 

【喫煙】

タバコの煙は、活性酸素を大量に含んでいます。タバコを吸うと、自ら進んで活性酸素を体内に取り入れることになるのです。

さらに、タバコの煙は体内で活性酸素を発生させる物質をはじめ、数多くの有害物質を含有しています。

健康志向の高まりで、喫煙者は減少傾向にある昨今。もし、まだタバコを吸っているなら、アンチエイジングのためにも今すぐ禁煙を。

加齢に伴い体の抗酸化力は低下する

本来、人間の身体には、活性酸素に対する防御力が備わっています。スーパーオキシドジスムターゼやカタラーゼなどの抗酸化酵素が、体内に発生した活性酸素を取り除くのです。

また、細胞内のミトコンドリアが持つコエンザイムQ10は、スーパーオキシドやヒドロキシルラジカルを無害なものに変える働きがあります。

しかし、年齢を重ねるごとに体内の抗酸化酵素は減少。さらにミトコンドリアそのものの質の低下や数の減少が起こります。

すると体が持つ抗酸化力は低下して、活性酸素が体内にどんどん蓄積してしまうのです。

肌と体の抗酸化力を高めることが、アンチエイジングのカギだと言えます。

 

■抗酸化力をUPするにはどうすればいい?

それでは、肌や体の抗酸化力を高めるにはどうしたら良いのでしょうか。

加齢に伴い減少する抗酸化力は、外側と内側の両方からのアプローチで高めることができます。詳しく見ていきましょう。

化粧品で抗酸化対策

抗酸化作用にすぐれた成分を配合した化粧品でのケアは、肌の抗酸化力UPに有用です。

紫外線によって発生した活性酸素が細胞にダメージを与えるのを防ぐほか、活性酸素を中和する働きが期待できます。

抗酸化力がある成分を紹介するので、化粧品を選ぶときの参考にしてくださいね。

 

成分名メモ
ビタミンC抗酸化力だけでなく、シミ、ニキビ、毛穴、たるみなどさまざまな肌トラブルに有用な人気の美容成分
ビタミンE抗酸化力のほか、血液の流れを促し、肌のくすみやくまの改善が期待できる
アスタキサンチン一重項酸素への抗酸化力が高い。ビタミンEの 500倍以上の抗酸化力があると言われる
フラーレンビタミンCの120~200倍の抗酸化力があると言われる。高い抗酸化力で肌が持つ美肌力を高め、乾燥、シミやたるみ(ほうれい線やたるみ毛穴)を改善するという臨床データあり
植物幹細胞培養抽出エキス抗酸化力にすぐれ、近年エイジングケアで注目を集める成分。肌のターンオーバーを整えて、すこやかな肌の土台作りが叶う
各種植物エキスアロエベラ葉エキス、チャ葉エキス、ツボ草エキスなど抗酸化力の高い植物エキスがある

 

紫外線対策の徹底

「肌の老化原因の8割」と言われる紫外線は、酸化だけでなくシミやたるみなど多くの肌トラブルを引き起こします。

1年を通して日焼け止めは使いましょう。紫外線が強い夏だけしか日焼け止めを使わないとう人もいるかもしれません。

しかし、紫外線は1年を通して、また天気に関係なく地表に降り注いでいます。

紫外線量が増加する5~10月は、日焼け止め+αの対策を。UVカット効果があるサングラス、帽子、日傘、薄手のカーディガン、ストールなどで、徹底的に紫外線から肌を守りましょう。

 

食事で抗酸化力を補う

体づくりの基本は食事です。体の内側の抗酸化力を高めてくれる栄養素を、意識して口にしましょう。

抗酸化力にすぐれた栄養素を紹介します。

 

栄養素含まれる食材メモ
ビタミンCパプリカ、ピーマン、芽キャベツ、レモン、いちご、ブロッコリーなど水に溶けやすく熱に弱い。洗いすぎに注意して、生で食べるのがおすすめ
ビタミンEすじこ、いくら、たらこ、モロヘイヤ、うなぎ、アーモンド、植物油など油に溶ける「脂溶性ビタミン」。油と合わせて調理すると、ビタミンEの吸収率UP
β-カロテンしそ、モロヘイヤ、人参、ほうれん草、春菊、かぼちゃ、ニラなど脂溶性で熱に強い。ビタミンE同様に、油と合わせて調理を
ミネラルわかめ、昆布、のり、桜エビ、しらす、納豆など水に溶けやすく熱に強い。蒸し料理がおすすめ。茹でるなら煮汁ごと食せるレシピで
ポリフェノールコーヒー、ココア、緑茶、こうちゃ、りんご、バナナ、チョコレート、ゴマなどフルーツ類は皮ごと食べるのがおすすめ。チョコレートはカカオ含有量が高いものをチョイス

 

特定の栄養素に偏った食事をしていては、美しい肌は守れません。栄養バランスの良い食事を基本に、抗酸化力のある栄養素を取り入れましょう。

 

ミトコンドリアを活性化して細胞の抗酸化力を高める

ミトコンドリアにあるコエンザイムQ10は、活性酸素を無害なものに変える働きがあります。

したがって、ミトコンドリアを活性化すれば、細胞の抗酸化力を高めることができます。

ミトコンドリアは、加齢や活性酸素によって質の低下や数の減少が起こります。

ミトコンドリアを増やす生活習慣を取り入れたり、ミトコンドリア活性をサポートするサプリメントを活用したりすると良いでしょう。

 

■ミトコンドリアを活性化してアンチエイジング

それでは、抗酸化対策として、ミトコンドリアを活性化するにはどうしたら良いのでしょうか。実は、普段の生活の中で、ちょっとしたことを意識するとミトコンドリアを活性化できます。

ミトコンドリアは、いわば細胞のエネルギー生産工場です。体のエネルギーが不足すると、不足したエネルギーを補うためにミトコンドリアが活性化します。

意図的に体のエネルギー不足の状態をつくるようにすると、ミトコンドリアの数が増えることがわかっています。

ミトコンドリアを活性化したいなら、「少しきつい」と感じる程度の有酸素運動を習慣にするのがおすすめです。忙しくて時間が取れないなら、毎朝、少しだけ早起きしてミトコンドリアのための「朝活」をはじめてみてはいかがでしょうか。

すがすがしい空気の中で、ランニングやウォーキング、ヨガなどをすると気持ちが良いですよ。

運動は苦手という人は、深呼吸を取り入れましょう。ゆっくり息を吸い込んで、じっくり息を吐きだすだけなのでとても簡単です。

朝起きたとき、仕事の休憩時間、夜眠る前など時間を決めて1日5回程度行ってください。

 

■アンチエイジングサプリで手軽にミトコンドリアを活性化

 

手軽にミトコンドリアを活性化したいという人は、アンチエイジングサプリを活用しましょう。

毎日飲むだけなので、忙しい現代女性にぴったりのアイテムです。

 

おすすめのサプリは「ドクターミトワ」

数あるアンチエイジングサプリの中でも、ミトコンドリアを活性化して体内の抗酸化力を底上げするなら「ドクターミトワ」がおすすめです。

 

ミトコンドリアの働きに着目したドクターミトワは、医師と共同開発のサプリ。

ドクターミトワは、ミトコンドリアの働きを助ける美容成分がぜいたくに配合されています。

配合の美容成分は次の通りです。

 

  • プラックジンジャーミトコンドリアの活性化をサポート
  • マンゴージンジャーミトコンドリアの活性化をサポート、細胞の抗酸化力を高める
  • 黄杞葉抗酸化力にすぐれたフラボノイドを含み、ミトコンドリアの質を維持
  • ヒハツ血液の流れを促し、栄養を体のすみずみに届ける

 

近年、ミトコンドリアの質の低下や数の減少が老化や健康と深い関わりがあると判明。

ミトコンドリアが活性化すると細胞の機能が向上して、肌の乾燥や肌荒れ、しわやたるみ、シミなど美肌を損なうトラブルが改善すると言われています。

ミトコンドリアを活性化させるのは、抗酸化対策だけでなくアンチエイジングに有用です。

実際に、ドクターミトワの口コミでは「肌がきれいになった」「若く見られるようになった」など、うれしい声が集まっています。

ドクターミトワで、体の内側から酸化に負けない体作り&美肌力の底上げをして、エイジレスな肌をキープしたいですね。

 

アンチエイジングサプリは継続がポイント

アンチエイジングサプリでの抗酸化対策は、継続するのが何より大切です。アンチエイジングサプリは薬ではないので、即効性はありません。

飲み続けることで、少しずつ体の内側からキレイになれると考えましょう。ドクターミトワの公式サイトでも、効果を実感するまでには4ヶ月以上の継続がおすすめとなっています。

継続での利用だと、コスト面が気になる方もいるかもしれません。ドクターミトワの継続利用は、定期コースの活用がおすすめです。

ドクターミトワの通常価格は、1箱9,800円(税抜)です。しかし、公式サイト限定のスペシャルコースなら、初回1,980円(税抜)、2回目以降6,980円(税抜)でお得に購入できます。

大手通販サイトでも取り扱いはありますが、一番お得に買えるのは公式サイトです。

ドクターミトワを継続して、周囲に差がつく抗酸化対策&アンチエイジング対策をしませんか?

 

 

 

■まとめ

 

肌の老化を加速させる酸化は、エイジングケアの大敵。

普段のスキンケアや食事での抗酸化対策と合わせて、ミトコンドリアを活性化すれば細胞そのものの抗酸化力UPが叶います。

アンチエイジングサプリメントなら、手軽にミトコンドリアの活性化ができます。どんなサプリが良いかわからない人は、本記事で紹介したドクターミトワからはじめてみましょう。

日々の習慣やエイジングサプリを活用して、いつまでも若々しい肌を守りたいですね。

 

最新情報をチェックしよう!
広告