40代からのアンチエイジング!キレイな人は細胞が若い!?

 

 

肌や体が健やかでキレイな人は細胞が若いといわれています。

なぜ細胞が若いと見た目が若々しく見えるのでしょう?

そもそも細胞ってなんのこと?と疑問に思う方もいるのでは。

この記事では、細胞が見た目年齢を左右する40代からのケア方法、細胞レベルでキレイになる秘訣をご紹介します。

 

広告

細胞ってなに?

 

細胞とは目に見えないほど小さな生き物のことです。とはいっても、あまりピンときませんよね。

人間もまた精子と卵子が受精した「受精卵」から成長しますので、細胞の塊です。

心臓も、血管も、筋肉も、肌も、何億、何兆という細胞が集まってできているので、人間=細胞だといっても過言ではありません。

 

細胞が若いってってどういうこと?

10代や20代の若いうちは細胞が若く、活発に活動しています。

しかし30、40代など年齢を重ねていくと細胞がダメージを受けて機能が衰えたり、数が減少します。

これがいわゆる老化です。

肌細胞がダメージを受けるとシワやしみ、たるみとなって老化が現れたり、心臓や血管の細胞がダメージを受けると、血行不良、代謝の低下という形で老化が現れることもあります。

しかし、同じ年齢でも若く見える人と老けて見える人がいます。中には、実年齢よりもずっと若く見える人もいます。

これは、肌や内臓のもととなる細胞が年齢よりも元気に活動しているから。

このことから、細胞が若いと見た目も若々しくなるのです。

 

細胞が元気に活動するメリット

 

細胞が元気に活動しているとさまざまなメリットがあります。

痩せやすく太りにくい
細胞が元気に活動していると代謝も活発なので、活動量が多くなくても痩せやすく太りにくい身体を維持できます。

 

風邪や病気にかかりにくい
代謝が活発だと血行も良くなるので、体温も維持できます。体温は1度上がると免疫力5倍も上がるといわれているので、体温を維持できるということは免疫力の強化にもつながります。

 

肌や髪がつやつや
血行が良いと新陳代謝も活発になります。新陳代謝が活発になると、コラーゲンの生成も正常に行われますので、肌や髪のツヤもUPします。また、シワやしみ、たるみにくい肌、ぱさつきにくい髪をつくります。

 

冷え性の予防・改善
血行が良いと体が冷えにくいので、冷え性の予防・改善にも効果的です。血流が良くなると、血行不良から起こる腰痛、肩こり、ホルモンバランスの乱れも緩和します。

 

回復が早く、疲れにくい
代謝が活発だと、エネルギー生産も正常に行われます。エネルギーが積極的につくられることで、素早い疲労回復を促します。

 

細胞が元気に活動するメリットはまだまだたくさんあります。

では、年齢を重ねても細胞が元気で活動するためにどうすればよいのでしょうか?

 

細胞を元気にするにはどうすればいい?

人間が細胞の塊だということは、老化=細胞の衰え、と考えても良いでしょう。

老化を抑制するためには細胞を元気にすることが重要です。

細胞が衰える要因はいくつかありますが、大きな要因の一つが「ミトコンドリア」の質の低下です。

ミトコンドリアとは私たちの体を構成している細胞内にある小器官のこと。

酸素と栄養素を原料にして、細胞が正常に活動するために必要なエネルギー源「ATP(アデノシン三リン酸)」を生成する非常に大切な存在です。

細胞はミトコンドリアが生成するATPを使って新しい細胞をつくったり、傷ついた細胞を修復したりしていますので、ミトコンドリアの質が低下すると、細胞の再生や修復も滞ります。

さらに、ミトコンドリアの質が低下すると老化の原因となる「活性酸素」を除去する酵素「スーパーオキシドディスムターゼ」の量も減り、活性酸素の影響を受けやすくなります。

このように、ミトコンドリアの質が低下すると、細胞へのダメージが大きくなり、老化が進行してしまうのです。

つまり細胞の衰えを抑制し、細胞を元気にするためにはミトコンドリアの存在がカギとなります。

 

細胞の元気をサポートするサプリメントがおすすめ

 

細胞を元気にするにはミトコンドリアを元気にすることが大切です。

そこでおすすめのサプリメントが、ミトコンドリアに着目したエイジングケアサプリ「Dr.MITOWA(ドクターミトワ)」です。

Dr.MITOWAは、ミトコンドリアを元気にするために約400万種から厳選した4つの植物成分を配合しました。

【4つの植物成分】

①ブラックジンジャー
活性酸素の増加を抑えるポリフェノールが豊富。血行促進、代謝UP、デトックス、疲労回復を助ける。

 

②マンゴージンジャー
ダイエット、脂肪の分解を助ける。

 

③黄妃葉(こうきよう)
糖化の予防、活性酸素の抑制に働く。

 

④ヒハツ
血行促進、新陳代謝の活性化、冷え性・むくみ予防、ダイエットを助ける。

 

Dr.MITOWAは安心・安全にこだわり、厚生労働省が定めた医薬品などの管理基準を取得した国内の工場で製造を行っています。

匂いも味も気にせず摂れるカプセルタイプなので、無理なく続けられるのも魅力です。

実際に4か月継続して飲み続けた方の96%以上が効果を実感したと回答しています。

 

 

私たちの細胞に存在するミトコンドリアは年齢とともに質が低下したり、数が減ったりして、ミトコンドリアの働きそのものが低下します。

ミトコンドリアの働きが低下すると、どんなに食事から良い栄養を摂り入れても積極的にエネルギーとして作り換えられなくなり、体はエネルギー不足となります。

エネルギー不足になると疲れがとれなかったり、やる気が低下したりします。

加えて、食べている量は変わらないのに太りやすくなったり、肌のハリつやが低下してシワやたるみができやすくなったり、しみやそばかすが増えたり、髪の毛にハリやこしがなくなったり…。

こうした見た目の変化だけでなく、血圧や血糖値が上がりやすくなるなどの体の内側の変化も起こります。

心と体の元気のためにはミトコンドリアを元気にすることが大切です。

 

ミトコンドリアが元気になる6つのメリット

ミトコンドリアが元気になると代謝が上がります。

代謝が上がると健康やキレイを促す良いことがたくさんあります!

ここからは、ミトコンドリアが元気になるメリットをご紹介します。

 

①痩せやすく太りにくい身体になる

代謝が上がるとエネルギーが積極的に消費されますので、たくさん食べても脂肪として蓄積されにくく、エネルギーとして燃えやすい身体になります。

また、エネルギー消費力が余っていれば体に蓄積されている脂肪も積極的にエネルギーとして消費されますので、活動量が多くなくても痩せやすくなります。

 

②肌のターンオーバーが正常化

代謝が上がると新陳代謝も活発になります。

新陳代謝が活発になると肌のターンオーバーが正常化しやすくなります。古い肌細胞と新しい肌細胞の入れ替わりがスムーズになり、シミやそばかすができにくくなります。

また、肌のターンオーバーが正常に行われると、肌のハリや弾力を維持しているコラーゲンの生成もスムーズに行われるようになります。その結果、肌のシワ、たるみの悪化を抑制します。

 

③免疫力の強化

代謝が上がると体温が上がりやすくなります。

体温は1度上がると免疫力が5倍も上がり、反対に1度下がると30%も下がるといわれています。体温を維持、さらには向上へとサポートすることで、免疫力の強化に役立ちます。

免疫力が強くなると、風邪やインフルエンザ、病気にかかりにくくなります。

 

④血行を促進

代謝が上がると血行も良くなります。

血行が良くなると、筋肉の緊張が和らぎ、肩こりや腰痛が緩和されるだけでなく、筋肉疲労の早期回復、ケガの早期治癒なども期待できます。

 

⑤自律神経、女性ホルモンの乱れを整える

また血行が良くなると、自律神経の乱れも整いやすくなります。

自律神経のバランスが乱れると、頭痛、めまい、だるさ、吐き気など様々な不調を引き起こします。また自律神経のバランスが乱れると女性ホルモンのバランスも崩れやすくなり、頭痛、めまい、動悸、息切れなどを引き起こします。

自律神経が整うと、自律神経のバランス、女性ホルモンのバランスの乱れからくる不調を予防、緩和します。

 

⑥肝機能の強化

基礎代謝は主に内臓で行われていることをご存知でしょうか?

しかも内蔵で行われる全体基礎代謝量のおよそ30%を占めているのが肝臓なのです。

つまり代謝が上がると肝機能の働きも活発になります。

肝臓には主に3つの働きがあります。

食事から摂った栄養を体内で使える形に変えて、必要なときにエネルギーとして供給する〈代謝〉、アルコールや老廃物などの有害物質を分解・無毒化する〈解毒〉、老廃物を流したり脂肪の消化吸収を助ける〈胆汁の生成・分泌〉。

代謝が上がると、これらの働きも活発になります。

 

ほかにも、ミトコンドリアが元気になると心臓や内臓が元気に働きますので、生活習慣病の予防にも効果的です。

ミトコンドリアが元気になると体が健やかで美しくなるんですね。

 

ミトコンドリアを増やす良習慣・減らす悪習慣

日々のちょっとした習慣がミトコンドリアの数に大きく影響します。

そんなミトコンドリアを増やす習慣とミトコンドリアを減らす習慣をご紹介します。

 

【ミトコンドリアを増やす習慣】
食べすぎを控える
ミトコンドリアを増やすためには空腹感が効果的であることが判っています。
しかし、極端に食事を減らすとミトコンドリアの機能が衰えてしまいますので、腹八~七分目とどめて食事をとるように心がけましょう。
食事を意識する
豚肉やチーズなどに多く含まれるビタミンB群に、レバーなどに多く含まれる鉄にはミトコンドリアの機能を助ける働きがあります。ほかにも、貝類などに多く含まれる「タウリン」にはミトコンドリアを増やす助けをしてくれます。食事からミトコンドリアの働きを助ける栄養を積極的に摂ることも大切です。
体温を上げる
体温が上がると代謝が良くなり、老廃物の代謝が促されます。
代謝が悪くなるとミトコンドリアの働きも低下しますので、体温が下がらないように気を付けることも大切です。普段から体が冷えるものを摂らない、シャワーではなく入浴にするなど、体温が下がらないように気をつけましょう。
筋トレをする
筋トレによって筋肉量が増えるとミトコンドリアも増えやすくなります。体の筋肉は60%以上が下半身に集中しているので、効率的にミトコンドリアを増やしたい場合は、下半身の筋肉を鍛えるトレーニングがおすすめです。

 

 

【ミトコンドリアを減らす習慣】
ミトコンドリアは40代になるとどんどん減少していくといわれています。
しかし、10~30代でも運動不足や暴飲暴食、偏食などが要因となりミトコンドリアが減少しやすくなります。ミトコンドリアは活性酸素によるダメージによって衰えが進行しますので、たとえば紫外線、排気ガス、食品添加物などはミトコンドリアを減らす要因になります。ミトコンドリアの減少を防ぐためには、活性酸素のダメージから身を守ることが大切です。

 

まとめ

 

細胞は年齢とともにダメージを受けやすくなっていきます。

しかし、細胞が受けるダメージの大きさは毎日の習慣によって変えることができます。

つまり、老化のスピードも自分次第で変えられるのです。

10~30代は年齢による外見の大きな差はありませんが、40代になると外見や健康状態に大きく差が出てくるようになります。

そのため、年齢を重ねても見た目や体を若々しく保つためには、早いうちから細胞のダメージを小さく抑えることが重要です。

40代からミトコンドリアを元気にして、細胞レベルでキレイな女性を目指してみませんか?

 

最新情報をチェックしよう!
広告