50代からのアンチエイジングのコツって?カギを握るのは「ミトコンドリア」

30代~40代までは、若々しさをキープできていたけれど、50代に突入してからなんだか勝手が違う…。

実はこれ、とってもよくある話なのです。

50代は女性の身体が大きく変わる時期なので、今までと同じアンチエイジングでは若々しさをキープできないケースも多数。

身体の変化に合わせてアンチエイジングの方法を見直し、お手入れをアップロードしましょう。

この記事では、50代からのエイジングケア方法をご紹介します。

 

広告

50代で現われる年齢サインとは?

 

身体の変化により、50代で現われる年齢サインは以下の通り。

もし当てはまるものがあれば、アンチエイジングの方法を見直す時期なのかもしれません。

  • シミ
  • ほうれい線やおでこ、首などのしわ
  • 肌のハリや弾力不足
  • くすみ など

これらの年齢サインがあるということは、年齢を重ねることにより身体が変化しているということ。

まずは原因を知ってしっかり対策を練りましょう。

 

50代の女性の身体のなかでは何が起きている?

 

年齢サインを引き起こす身体の変化はさまざまです。ここでは代表的なものをいくつかご紹介します。

 

(1)更年期によるホルモンバランスの変化

更年期になると、「エストロゲン」という女性ホルモンの分泌が少なくなり、お肌のコンディションが乱れがちに。

エストロゲンは、コラーゲンやうるおいを増やす働きがあり、肌のハリや弾力といった若々しさを保つのに欠かせない成分です。

そのため、更年期にあたる50代女性のお肌はコンディションが乱れがちに。しわやしみ、乾燥といった年齢サインが出やすくなります。

30代や40代の時は若々しい肌をキープできていても、50代からガクッと肌の調子が下がる方がいるのは、エストロゲンの減少も原因の一つです。

 

(2)糖化

糖化とは体内で消費されず余ってしまった糖がたんぱく質と結びつき、「AGE」という物質を生み出す現象のことです。

糖化が起こると細胞が老化して、さまざまな不調の原因となります。

肌に及ぼす影響としては、コラーゲンを弱らせることにより肌のハリや弾力を失わせる点や、糖化によって生まれた老廃物が肌細胞に沈着し、しみやくすみの原因となるといったことがあげられます。

先ほどお伝えした50代で現われる年齢サインの多くが、この糖化によって引き起こされる可能性があるのです。

また、肌だけではなく髪のコンディションの悪化や動脈硬化などの健康リスクとも糖化は深く関係しています。

年齢を重ねることにより代謝が衰えると、糖が余りやすくなり、糖化しやすい身体になってしまいます。

50代は、代謝は若い頃と比べ大きく減ってしまいますので、糖化しやすい状態だといえます。

 

(3)ターンオーバーの乱れ

肌の生まれ変わりをターンオーバーといい、肌のコンディションを左右する重要なポイントです。

肌の奥で新しい皮膚細胞が生まれ、形を変えながら肌の表面に出ていき、時間が経つと古い角質は新しい細胞に押し出され自然にはがれ落ち、新しい細胞と入れ替わります。

正常なターンオーバーは約6週間周期ですが、年齢を重ねると代謝が落ちてしまうので、ターンオーバーの周期は長くなります。

そのため、肌のコンディションをキープできず、しわやたるみ、くすみといった年齢サインが出やすくなるのです。

 

50代女性のアンチエイジングのコツ

 

50代の女性の身体のなかでは、先ほどお伝えした通りたくさんの変化が起こっています。

そう考えると年齢サインが出てしまうのも、仕方のないことなのかもしれません。

ですが、しっかりケアをすれば老化を食い止めて、若々しさをキープすることも可能です。

50代女性におすすめのアンチエイジングをいくつかご紹介します。

 

(1)食事に気を遣う

食事は身体づくりの基本なので、まずはここからスタート。正しい食生活は、内側から若々しさをサポートしてくれます。

 

食事のバランス

栄養バランスが偏ると、それだけで不調になってしまう可能性があります。

特に炭水化物や脂肪ばかりの食事はNG。身体のなかの糖分が余ってしまい、糖化の引き金となりかねません。

一汁三菜とまではいかなくても、ごはんなどの主食と肉や魚などのメイン料理、野菜中心のサイドメニューの3品を用意すると栄養バランスはグッとよくなります。

肉や魚に含まれるたんぱく質は肌や髪を作る材料となりますし、野菜や海藻に含まれるミネラルやビタミンは身体の調子を整えてくれます。

意識的にとるようにする事をおすすめします。

また、豆腐や納豆といった大豆でできた食品も積極的にとりたいところ。大豆に含まれるイソフラボンは、体内で女性ホルモン・エストロゲンと良く似た働きをします。

女性ホルモンの分泌が少なくなる50代女性にとって、心強い味方です。

 

・高カロリーになり過ぎない食事を

年齢を重ねるにつれて代謝が低下してしまうので、食べ過ぎには要注意。

使いきれなかった糖分が体内にたくさんあると、それだけ糖化しやすくなってしまいます。

成人女性の1日あたりの総カロリーの目安は、1400~2000kcal。腹八分目を心がけて、できるだけ適正な範囲内におさめましょう。

 

(2)運動の習慣を身につける

「今まで運動に縁がなくて…」という方も、ぜひこの機会に運動を始めましょう。

ハードな運動ではなく、ウォーキングやエアロバイク、ヨガといった軽い有酸素運動でも、アンチエイジングに大きく役立ちます。

運動をすることにより、美肌や若々しさをサポートする成長ホルモンが分泌され、血行も良くなります。

それにより、ターンオーバーが促進されて、肌の老化を防止し、若々しい状態をキープできるというわけです。

また、運動によるカロリー消費や代謝アップは、糖化の防止に繋がります。

 

(3)ストレスを解消する

ストレスが溜まってしまうと、身体全体の機能が低下。

特に肌はストレスの影響を受けやすいので要注意です。

また、50代女性は更年期によるホルモンバランスの影響を受けるので、イライラしやすい状態です。

こまめにストレスを解消して、健やかな毎日を送りましょう。

おすすめのストレス解消法には次のようなものがありますよ。

・好きな香りのアロマで癒される

・大きな声を出す

・森林浴などで自然に触れる

 

(4)睡眠の質を上げる

年齢を重ねるにつれて、なかなか眠れなくなってしまったという方も多いでしょう。

ですが睡眠はお肌にとってとても大切なもの。

規則的な睡眠サイクルを守ると、スムーズにターンオーバーが行われます。

睡眠の質を上げるのは、アンチエイジングの大切なポイントです。

 

・毎日同じ時間に起きる

休みの日は昼まで寝ているなんて方は要注意。

就寝時間や起床時間がころころ変わってしまうと、体内時計の調子が乱れ、眠りの質が落ちてしまいます。

お休みの日でも寝る時間や起きる時間のずれは、1時間前後にとどめましょう。

また、肌細胞の修復のために睡眠時間は6時間以上必要なので、しっかり睡眠時間を確保できるような生活サイクルを確立するのも大切です。

 

・寝る前の過ごし方を工夫する

寝る前の時間をどう過ごすかで睡眠の質は大きく変わってきます。

例えば、寝る前にスマホやテレビなど極端に明るい画面を見てしまうと、脳が刺激されて神経が高ぶって眠りの質が落ちてしまいます。

リラックスを促す副交感神経がスムーズに働くよう、寝る前のスマホやテレビは避けましょう。

また、夜にカフェインの入ったコーヒーや紅茶を飲むと寝つきが悪くなってしまいますので要注意です。

 

50代女性のアンチエイジングの注意点

50代女性がアンチエイジングを行うにあたり、注意したいのが30代~40代の時と比べて変化を実感しにくいということ。

先ほどお伝えした通り、女性の身体が大きく変わる時期なので、頑張って対策してもなかなか変化が見られない…といったケースも少なくはありません。

「こんなに頑張っているのに…!」とイライラしてしまっては、せっかく頑張っているのに逆効果です。

まずはアンチエイジングの効果を実感するためにも、身体の土台作りからスタートする気持ちで始めましょう。

コツコツできるところからでOK!1年後、数年後には大きな差が出てくるはずです。

 

身体の土台作りは、ミトコンドリアがカギ

身体の土台作りをする上で、着目したいのがミトコンドリアです

私たちの身体は約60兆個もの細胞からできています。

細胞が元気であれば若々しくエネルギッシュに、衰えていれば老けた状態になります。つまり、スキンケアなどのアンチエイジングをいくら頑張っていても、細胞が元気でなければあまり意味がないのです。

その細胞のコンディションに深く関係するのが、ミトコンドリア。

ミトコンドリアは一つの細胞につき、約500~600個存在する小さな器官で、細胞の生まれ変わりである代謝にとって大切な働きをしています。

古い細胞が新しい細胞と入れ替わることで、身体はいきいきとした状態になります。反対に古い細胞が蓄積すると、見た目や各種臓器の働きにマイナスの影響が…。

つまりミトコンドリアが活性化していれば、身体は若々しい状態をキープできますし、ハリや弾力、うるおいといった女性の美しさにもプラスに働くというわけです。

ですが、このミトコンドリアは年齢を重ねるにつれて、数が減ってしまいます。

50代女性がアンチエイジングの効果を実感しにくいのは、ミトコンドリアが減って、身体の細胞の生まれ変わりがスムーズにできないのも原因のひとつです。

 

ミトコンドリアを活性化する方法とは?

 

では、ミトコンドリアを活性化させて、若々しさを手に入れるのにはどうすればよいのでしょうか。

おすすめの方法をいくつかご紹介します!

 

(1)ミトコンドリアを活性化させる食材を取り入れる

ミトコンドリアの活性化には、「レスベラトロール」や「ウーロン茶ポリフェノール」、「クロロゲン酸」といった成分がよいとされています。

レスベラトロールはぶどうやりんご、アーモンドの皮などに、ウーロン茶ポリフェノールはウーロン茶に、クロロゲン酸はコーヒーに含まれるので、積極的にとるようにしましょう。

 

(2)運動をする

ミトコンドリアは、身体のエネルギー不足を感じると活性化するといわれています。

ジョギングなど少し強めの有酸素運動をして、エネルギーを消費するようにするとミトコンドリアの活性化に繋がります。

 

(3)サプリメントを取り入れる

食事や運動も大切ですが、忙しいとなかなか続かないことも…。

そこでおすすめなのが、ミトコンドリアを活性化する成分が入ったサプリメントです。

ミトコンドリアに良い成分を気軽にチャージでき、忙しくても取り入れやすいおすすめのケア方法です。

集中的に大切な成分を補えるので、実感しやすいというメリットもあります。

 

ミトコンドリアサプリの選び方のコツとおすすめサプリ

 

ミトコンドリアサプリメントを選ぶ際に最も大切なのが、サプリメントに配合されている成分です。

ミトコンドリアを活性化する成分がしっかり入っているものでないと意味がありません。

身体を温めたり、栄養の吸収を高めたりとプラスアルファの働きをする成分が入っているとベターです。

次にチェックしたいのが、品質面。

身体に入れるので、国内工場で厳しい管理基準のもと作られているものがおすすめです。

さらに、飲む回数や1日の目安の粒数も要チェックです。

1日に何度も飲まなければならなかったり、あまりにも粒数が多かったりすると、続けるのが大変で長続きしにくいものです。

手軽に続けられるものを選びましょう。

成分と品質、手軽さの3つをかねそなえた話題のサプリメントが、「ドクターミトワ」です。

医師との共同開発で作られただけあって実感力がすごいと、50代以上の女性から大きな支持を受けています。

ミトコンドリアの活性化のために、約400万種のなかから特に優れた成分を厳選して配合。

「ブラックジンジャー」「マンゴージンジャー」「黄杞葉」「ヒハツ」の四大成分が、若々しさをしっかりサポートしてくれます。

1日たった2粒目安なので、手軽にケアできるのも嬉しいポイント。

さらに、ずっと安心して使い続けて欲しいという思いから、独自の技術により医薬品レベルの品質管理をしています。

まさに、大人の女性の美と健康のために作られた、特別なサプリメントなのです!

 

 

まとめ

 

50代は女性にとって、身体の変化を感じやすい時期。

時には、年齢サインを発見して落ち込むこともあるかもしれません。

ですが、しっかり年齢に合ったエイジングケアをすれば、若々しくきれいな女性になることは充分可能です。

生活習慣を見直したり、サプリメントで身体の土台を整えたりと、お手入れを頑張って、ワンランク上の美しさを手に入れましょう。

最新情報をチェックしよう!
広告