30代だから始めたい!まわりに差をつけるお肌のエイジングケアとは

 

20代の時は30代になるのがものすごく年を取るようで、どこかこわいと感じてしまうものです。

実際その感覚は間違っておらず、30代になると若い頃にはなかった肌のきしみが始まり、衰えを実感せずにはいられなくなります。

20代では気にならなかったシミ・シワがある日突然でてくるのも30代。

だから、30代からエイジングに備えた早めのケアを行なえば未来の肌はきっと明るいはずです。

「まだ大丈夫だから」と言っていられる30代の今こそが、始めどきです。

 

広告

20代の時はなかった肌トラブルとは?

30歳になると、自覚症状はないものの確実に肌の新陳代謝がおとろえ、ハリをもたらすコラーゲンや保湿のもととなるヒアルロン酸分泌が減少します。

すると、シミ、小ジワ、ハリのなさ、くすみなどの肌不調が始まります。

 

肌の新陳代謝はどんな役割を果たす?

肌の新陳代謝は「ターンオーバー」と呼ばれ、古い肌細胞を落とし、新たな肌細胞を生み出す働きをしています。

表皮の奥では常に新しい細胞が生成され、それが徐々に肌表面へと押し上げられます。

すると、肌表面の古い細胞が角質となりポロリと落ちていきます。

この角質にはメラニンなどシミの原因物質が含まれているため、これが剥がれることでシミを防ぐことができるのです。

健康な肌はターンオーバーを一定周期で繰り返し、常に肌の状態を整えています。

30代になるとターンオーバー周期が長くなる

新陳代謝が活発な20代の肌のターンオーバー周期は約28日(10代では約20日前後)。

しかし30代になるとそのスピードは当然遅くなり、約40日へと変化していくのです!

これでは一度ダメージを受けた肌がもと通りになるのに、1カ月以上かかってしまいます。

しかもその間、紫外線などの外敵ダメージに当然さらされ続けるため、きちんとスキンケアに注意しなければ完全にもと通りになるとは限らないのです。

 

肌不調のメカニズムを見てみよう

古い角質を落として新しい肌細胞を再生するターンオーバー。これに不調をきたすと、肌はさまざまなトラブルを抱え始めます。

 

シミ

そもそもシミとは、肌が紫外線を浴びることでメラニンが過剰に生成され、皮膚が黒くなってしまったものです。

このメラニンを抱えた肌細胞は、通常ターンオーバーによって肌表面に押し出され、角質となってはがれ落ちてシミになることはありません。

しかし、毎年紫外線ダメージを繰り返し受けターンオーバーが乱れてしまうことで、メラニンを抱えた肌細胞が蓄積されてシミとなって現れてしまうのです。

 

くすみ

くすみもシミと同様、ターンオーバーの乱れによって古くなった角質が表皮に残ることで起きてしまう現象です。

古い角質がいくつも重なり合うことで、肌の透明感が奪われていくのです。

また、肌が乾燥して水分不足になったり、血行不良が慢性化することで肌がくすんでしまうこともあります。

 

シワ

シワといってもいろいろな種類がありますが、目もとや口もとにできる乾燥ジワは肌が乾燥することでできてしまいます。

30歳の肌が乾燥する原因は、気温・湿度の低下や睡眠不足が主なもの。

乾燥した肌はバリア機能が低下し、肌の保水機能が低下しています。すると表面の古い角質に亀裂が入りやすくなり、これが小ジワの原因になるのです。

 

ハリ不足

肌にハリがあることで、若さを印象付けることができます。

肌にハリがある状態とは、表皮の下にある「真皮」が肌をしっかり支えている状態です。

健康な肌の真皮には、コラーゲンとエラスチンがしっかりはりめぐらされ、肌に弾力をもたらしています。このコラーゲンやエラスチンが不足することで、肌はハリを失っていきます。

30歳でハリ不足を感じる原因には、紫外線UVAによる真皮へのダメージ、交感神経に血管を収縮させる信号を出すストレスなどが考えられます。

また、コラーゲン生成に重要なビタミンC不足、細胞分裂を助ける鉄分不足など、食生活の乱れも関係してきます。

 

毛穴のたるみ

30代になると頬周辺の毛穴が目立ってきます。

これは、ターンオーバーの乱れにより、未熟な肌細胞が表面へと押し上げられることで毛穴が開いてしまうから。

それが進行すると、徐々にたるみになってしまうのです。毛穴のたるみが目立ち始めるのは、色素沈着、毛穴のふちの乾燥が原因です。

 

その肌トラブル、放っておくとあと5年後にはもっと酷い状態に!

新陳代謝の衰えとともに30代で感じる肌の不調。

それを放っておくとシミやシワがさらに増え、あっという間にフケ肌になってしまいます!

こうなる前にエイジングに備えたケアを始めれば、近い将来深刻に悩む必要はありません。

それでは、30代の肌トラブルを放っておくと5年後に起こってしまうこと、またその対策について見てみましょう。

 

シミの量は増え、サイズは肥大化するばかり!

シミのいちばんの大敵は紫外線です。一度できたシミは年齢とともに肥大化する傾向にあります。

これは過去に浴びてきた紫外線の量が多ければ多いほど、まだ肌表面に現れていないだけのメラニンが蓄積されているからです。

放っておけば、年々シミは濃くなり、老けてみえる1円玉程のサイズのシミへと大きくなっていきます。

【対策】

残念ながらスキンケアだけではシミを完全に消しとることはできず、薄くすることができるのみ。

シミが濃ければ濃いほど、目立たなくするのは至難のワザです。

まずは、もうできてしまったからとあきらめず、日焼け止めクリームをぬることが基本です。

また、シミは頬骨の上からこめかみにかけて出来やすいため、日傘や帽子をかぶることでも予防ができます。

さらに、メラニンの過剰生成を防ぐ美白美容液も使いましょう。

 

 小ジワはより深くなり、大ジワへ

肌の保水機能が低下で出現する小ジワ。そのまま放っておけばシワの数は増えてつながり合い、やがて大きなシワへと成長してしまいます。

それだけではなく、年を重ねるごとに真皮のコラーゲン不足・エラスチン劣化とともに、紫外線が原因となる深いシワも出やすくなります。

こうなると老けた印象はますます強くなってしまいます!

【対策】

乾燥が原因の小ジワには肌の保水機能をあげる保湿ケアが重要です。

また紫外線によるシワは、まずはしっかりと紫外線対策を行いつつ、肌の弾力やハリを支えるコラーゲン生成やエラスチンの働きを助けるスキンケアを使い始めましょう。

 

ハリ不足が原因で目立ち始めるほうれい線

真皮のコラーゲンとエラスチンが不足すると、肌は弾力とハリを失います。

すると皮膚は重力に引っぱられているため、下へ下がっていくばかり。ここで、たるみの一種であるほうれい線が出てきてしまうのです。

すると、前から見たときはあまり意識できなくても、他人から見られる横顔にはほうれい線はくっきり出て、グンと老けて見られてしまうのです。

【対策】

ほうれい線には、肌のハリを取り戻すコラーゲン生成やエラスチンの働きを助けるエイジングスキンケアを使いましょう。

またその前にリンパの流れをよくするマッサージを行なうことで、美容成分の効果を高めることができます。

凝り固まった筋肉はリンパの流れを悪くしてしまうため、普段使わない筋肉をほぐしてあげることが大切です。

 

毛穴のたるみはシワへと進行していく!

たるんだ毛穴をそのままにしておくと、それはますますたるみを増すばかり。

そのまま広がって楕円状にゆがんでいきシワの原因になります。

これは毛穴が大きくなると毛穴同士がくっつき、線状になってつながってしまうからです。

【対策】

日焼け止めクリームやファンデーションなどで外界からの刺激から肌を守ることは重要です。

しかしこれが原因で油分が毛穴に残ることでつまらせてしまうことにもなります。

これにはたっぷりと水分補給をしてあげることが大切です。

また時々クリニックなどでピーリングをし、毛穴を清潔にしてあげるのも効果的。

毛穴を引き締める効果もあるビタミンCを摂取するのも忘れずに。

 

他にも今からできることはどんなこと?

シミ・シワ・毛穴のたるみにハリ不足。エイジングを感じさせる30歳の肌には気をつけたいポイントがたくさんあります。

ここでは、その他にどんなことに気をつければよいのかについて、さらに見ていきましょう。

 

活性酸素に気をつけよう!

ヒトは呼吸をすることによって酸素を取り入れますが、この酸素が老化の原因になるといわれており、これを「活性酸素」と言います。

活性酸素は本来カラダの中のウィルスなどをやっつけるのですが、必要以上の活性酸素がカラダの中に残ることで、正常な細胞をも攻撃してしまうのです。

特に活性酸素は細胞膜をつくる不飽和脂肪酸でつくられており、このふたつが結びつくことでサビが生じてしまうのです。

さらに紫外線によってもこの活性酸素は発生してしまい、メラニン色素を多く分泌することでシミやそばかすの原因をつくってしまいます。

 

【対策】

■紫外線ケア
紫外線により活性酸素がさらに増えてしまわないよう、紫外線対策をしっかりと行いましょう。

■食事
活性酸素は食事によっても除去することができます。ビタミンC、ビタミンE、Bカロテン、ポリフェノールの豊富な野菜や果物を積極的に補いましょう。

■睡眠
睡眠中に脳から分泌されるリラックスホルモン「メラトニン」には、有害な活性酸素を無毒化する効果があります。睡眠をとることで、肌老化を加速させるサビから守ることができるのです。

 

 肌の代謝を上げ、保湿対策を徹底するスキンケアを

「まだ若いから大丈夫」という意識は捨て、20代の頃に使っていたスキンケアを一度見直すことも大切です。

肌の新陳代謝は確実に低下しており、肌の保水機能も低下しやすくなっているからです。

エイジング対策の基本は保湿といっても過言ではなく、早く始めれば始めるほどエイジング肌に効果を発揮してくれるはずです。

シミ・くすみには美白効果のあるものを、毛穴のたるみやハリ不足にはコラーゲンやエラスチンに配慮したものを、というように肌の悩みに合わせたスキンケア対策を早速始めましょう!

 

30代に必要な高保湿・エイジング対策のスペシャルケア

 

エイジングサインの悩みによって肌に必要な成分は変わります。

でもどうせならいろいろな肌の悩みを一気に引き受けてくれるものがあったら理想的です。

ここではそんな心強いアイテムを見てみましょう。

 

シミ・シワ・たるみ。万全のエイジング対策が叶うフェイスマスク「ビオプリマ」

スキンケアにフェイスマスクを選べば、じっくり時間をかけて肌を柔らかくして美容成分を肌の内側へと浸透させることができます。

最先端の再生医療技術を適用させたビオプリマは、肌にハリをもたらすコラーゲン、弾力を与えるエラスチンを活性化させる「ヒト幹細胞培養液」を配合しています。

このことで、シワやたるみに効果が期待できターンオーバーを助けることでシミを改善してくれます。

 

さらにプラスされた高保湿成分とエイジング対策美容成分

ビオプリマは最先端医療技術のチカラのみならず、さらに高保湿成分や植物由来の天然成分を加えることでエイジング肌の悩みを万全にサポートしています。

高保湿成分には3種類のペプチドとヒアルロン酸など3種の保湿成分を配合。肌が必要とする水分をたっぷり補い、肌にハリを与えてくれます。

また7つの天然成分には、ビタミンCやポルフェノールを含むものを厳選。

抗酸化作用が期待できてシミやたるみなどエイジングサインを緩和してくれます。

 

 

【まとめ】

 

いかがでしたでしょうか?

30代になると、20代の頃と比べ肌の新陳代謝が確実に鈍ってしまうことが分かりました。

それによってさまざまなエイジングサインがでてきます。

でも、できてしまったとしてもシミやシワはまだ小さくて薄いのが30歳の肌でもあります。

「まだ間に合う」30代だからこそ、このビオプリマでエイジングケア対策をしっかりとっておきたいものです。

 

最新情報をチェックしよう!
広告