ドクターミトワはアンチエイジングの切り札!ミトコンドリア活性化について徹底解説!

 

生きていくためにとても大切で、エイジングと強く関係しているミトコンドリア。

ミトコンドリアを若返らせること、すなわちアンチエイジングです。そのためには何をどうすれば良いのでしょうか?

この記事では、ミトコンドリアの正体を知り、アンチエイジングの本質に迫ります。

そして、アンチエイジングの切り札になるドクターミトワについて解説します。

 

広告

ミトコンドリアって何のこと?

 

ミトコンドリアはエネルギー生産工場

生物が生きていくためにはエネルギーが必要です。動いている時だけでなく静かに寝ている時でも、生きている限りはエネルギーが消費され続けています。

エネルギーが消費されればそれを補充しなくてはなりません。

エネルギーが枯渇してくると、体がだるくなったり息切れがしたりと、補充を求める色々なサインが出されます。

そのエネルギーを作り出す工場がミトコンドリアと言う小さな器官なのです

 

ミトコンドリアで作られるATPこそがエネルギーの源(みなもと)

ミトコンドリアは、食べ物から取り入れた水素を呼吸によって取り入れた酸素と反応させ、熱とともにアデノシン三リン酸(ATP)と言う物質を作り出します

このATPから、生きていくためのエネルギーが供給されているのです。

ATPは体内の全ての細胞で使われているエネルギー分子です。細胞はこのエネルギーを使って新しい細胞を作り、傷ついた細胞を修復することができます

 

ミトコンドリアのエイジング(老化)とは?

老化(エイジング)とはエネルギーを作る力が衰えることですから、言い換えればミトコンドリアのエイジングと言えます。

ミトコンドリアにエイジングが起きると、体温が低下し、エネルギー産生の低下により乳酸が増加します。

すなわち、細胞が酸性に傾き、免疫機能が低下し、菌やウイルス、癌細胞への抵抗力低下につながります。

また、細胞の新陳代謝の低下や古い細胞や有害細胞除去のためのスイッチもOFFのままになってしまいます。

一方で、エネルギーを作る力が弱まるため、食事で体内に入ったエネルギーを消費できなくなり、太りやすくなります。

これが生活習慣病につながることは言うまでもありません

ミトコンドリアのエイジングは、このように身体にさまざまな悪影響を及ぼします。

 

ミトコンドリアと活性酸素

活性酸素による体の酸化

私たちは呼吸を通じて、毎日大量の酸素を体内に摂取しています。

この酸素の大半はエネルギーを作り出すためにミトコンドリアで使われますが、一部の消費されなかった酸素は活性酸素や一酸化窒素(NO)などの形に変えられて体内に留まります。

これらの物質は、体内で良い働きも悪い働きもしており、病気を引き起こすこともあります。

活性酸素とは、酸素が他の分子と結びついて非常に強い力を持ったもので、いくつかの種類があります。活性酸素が他の物質に作用して錆びさせることをいわゆる「酸化」と言います

 

抗酸化の仕組み

私たちの体には、簡単には病気にならないように、悪い酸化物質を排除するための仕組みが用意されています。

その担い手が抗酸化物質です。

抗酸化物質には、抗酸化酵素のスーパーオキシドディスムターゼ(SOD)、ポリフェノール、ビタミンなどが知られています。SODは超強力な抗酸化酵素で、活性酸素ができるそばから除去してくれる優れた物質です

このような抗酸化物質を体内に取り入れることにより、身体の酸化を防ぎ、老化を予防(アンチエイジング)することができるのです。

 

ミトコンドリアを活性化させるには?

 

ミトコンドリア活性化させる成分の探索

それでは、アンチエイジングにとって重要なミトコンドリアを増やし、活性酸素を抑える成分とはどのようなものなのでしょうか?

ミトコンドリアの力に注目した「ミトコンドリアサプリメント」も数多く販売されていますが、残念ながら、科学的な根拠に基づいて開発された製品は非常に限られているのが現状です。

 

ミトコンドリアを活性化させる長寿遺伝子

「サーチュイン遺伝子」またの名を「長寿遺伝子」という寿命と関係する遺伝子が今から約20年目に発見されました。

長年の研究により、この遺伝子こそがミトコンドリアを活性化させる基になる分子ではないかと考えられています。

なぜなら、この遺伝子が働くと劣化したミトコンドリアが消去される一方で、新しいミトコンドリアが作られます

すなわち、この遺伝子の働きで、エイジングに関係する多くの障害を改善できる可能性があるのです

 

長寿遺伝子の活性化によるミトコンドリアのアンチエイジング

では、長寿遺伝子にスイッチを入れるのはどうしたら良いのでしょうか?

その一つがカロリー制限です。

25%のカロリー制限のある食事を続けた人で長寿遺伝子の働きが通常の4~10倍まで高まったという金沢医科大学の研究グループの報告があります

では、どんな成分が長寿遺伝子を活性化させるのでしょうか?

欧米を中心にこの研究が進められていて、ヒトでの臨床試験に至っている例もあります。

その中で、赤ブドウの皮やピーナッツの皮に含まれるポリフェノールの一種で、抗酸化物質のレスベラトロールと言う成分に注目が集まっています

レスベラトロールには、抗炎症作用、抗酸化作用などの作用の他、心血管系疾患、2型糖尿病、がん、神経症状などの老化に伴う病気に有効とされています

 

ドクターミトワでミトコンドリアを活性化!

 

ドクターミトワのミトコンドリア活性化作用とは

ドクターミトワは、ミトコンドリアの活性化に効果を持つ製品として開発されたサプリです。

ドクターミトワは、多くの効果を持つ4種類の成分を混合したもので、含有成分の力でミトコンドリアを増やして体内でのエネルギー発生を加速させます

ミトコンドリア活性化を通じたATPやSODへの作用により、免疫細胞や臓器細胞が活性化し、その結果、皮膚や筋肉、骨をなど全身の組織・器官の活性が上昇、神経、免疫、内分泌のバランスが保たれるのです。

このことは、老化に伴う多くの障害に対抗する力が得られ、正常な体の状態を維持して健康長寿の助けとなることを意味します。

次に、ドクターミトワに含まれる4成分のそれぞれの特徴を要約し、含有成分の働きを示す報告記事のいくつかも合わせて紹介します。

 

 

ドクターミトワのミトコンドリア活性化作用を解剖する

ブラックジンジャー

ショウガの仲間のブラックジンジャー(黒ショウガまたは黒ウコン)には、フラボノイドのアントシアニン、フラボノイド類の5,7-ジメトキシフラボン、クルクミンが豊富に含まれ、カリウム、リン、カルシウムなどのミネラルも豊富です。

 

  • ブラックジンジャーの作用

ブラックジンジャーがミトコンドリアの数を増やし、代謝活性を上昇させるというデータを紹介します。

ブラックジンジャー抽出物を投与したマウスで、ふくらはぎのヒラメ筋の中のミトコンドリアの数が25%増えたという報告があります。

この結果から、ブラックジンジャー抽出物が抗酸化に関係する酵素を活性化し、ミトコンドリア合成を促進する酵素を活性化してミトコンドリアの数を増やすと推測されました

さらに、高齢者の体力向上に関するデータとして、ブラックジンジャー抽出物を投与された人では、チェアスタンドテスト(椅子座り立ちテスト)やウオーキングテストのパフォーマンスの向上、抗酸化酵素活性上昇などが確認されています。

このことから、ブラックジンジャーが、酸化ストレスの低下を通じて体力を高める高齢者用のサプリとして効果的であるとされました。          

このほか、ブラックジンジャーには、抗肥満、抗炎症、認知機能改善作用、心血管系の老化防止作用のあるとされています。

 

マンゴージンジャー

ウコンの仲間のマンゴージンジャーの主な含有成分には、クルクミン、抗菌性のあるテルペノイド類、抗酸化作用を持つセレンがあります。

 

  • マンゴージンジャーの作用

マンゴージンジャーに含まれるクルクミンの作用を調べた実験結果が公表されています。

それは、クルクミンが、神経のつながりが悪くなったマウスの脳で、ミトコンドリアの機能障害を改善し、脳の老化を予防する可能性があるというものです

マンゴージンジャーには、このほかにも、抗菌、抗酸化、抗炎症などの優れた作用があることが知られています。

また、マンゴージンジャーに棲みついている菌にアンチエイジング効果があるとの報告もあります。

 

ヒハツ

ヒハツ(長コショウ)は、コショウの一種で、その果実には、強い生物活性を持つアルカロイド化合物が多く含まれ、とくに、ピペリンが多く含まれます。

 

  • ヒハツの作用

ヒハツの種子に神経細胞の改善効果が見出されています。

ヒハツの種子の抽出物を投与したパーキンソン病マウスでは、投与前と比べて動きが良くなり、抗酸化物質が増えていたというものです。

この結果は、ヒハツの種子の抽出物が、神経保護作用を持ち、神経細胞同士のつながりを良くする可能性を示すものです。

ヒハツにはこのほか、抗低体温肝臓保護作用、殺虫・抗真菌・抗菌作用などの多くの重要な作用が知られています。

 

黄杞葉(こうきよう)

黄杞はクルミの仲間で、アスチルビンなどのフラボノイドを豊富に含んでいます。

 

  • 黄杞葉の作用

黄杞葉は膀胱機能改善作用を持つことで有名で、抗菌・感染症予防効果、抗炎症作用、抗ストレス作用、パーキンソン病の改善効果も期待されています。

フラボノイドとは、植物が作る天然のポリフェノールで、多くの果物、野菜に含まれており、その健康への効果が話題になっています。例えば、アントシアニン、カテキン、イソフラボンなどがあります。

フラボノイドの作用としては、抗酸化作用が知られていますが、それよりももっと重要な作用として細胞間の情報伝達の仕組みを調節することが分かってきました。

情報がうまく伝わらないと細胞は死んでしまいますから、フラボノイドは、生命それ自体の維持(アンチエイジング)に関係する重要な働きを持っていると言えます。

 

ドクターミトワの力

ドクターミトワは医師との共同開発で、400万通りの食品素材の中からアンチエイジングに最適な組み合わせのものを探し出して、出来上がった製品です。

ドクターミトワには、アンチエイジング成分として注目されているレスベラトロールに似ていて抗酸化、抗炎症、抗菌抗肥満などのアンチエイジングにかかわる多くの効果が実証されている成分が入っています。

とくに、ミトコンドリアの増強に関する効果はこのサプリの大きな特徴といえます。

その効果は、大手40クリニックで採用されていることでも実証済みです。

ドクターミトワは、ヒトの老化や健康保持に役立つとともに、美容効果も持つ優れものです。

このように、ドクターミトワは、健康飲料(サプリメント)と医薬品の間をつなぐ新しいサプリとして、さらには、食品に限定されている「特保」の枠を超えた製品として、今後、大いに注目されるでしょう。

 

ドクターミトワの安全性

いくら多くの効能を持ったサプリであっても、その安全性がきちんと担保されていなくては、長期間の摂取に不安が生じます。

この点で、ドクターミトワは、GMP*を取得した国内の工場で医薬品レベルの品質管理を行って製造されており、最高水準の安心と安全が保障されています。

原料の入荷から仕入れ製造そして出荷に至るまで、厳しい安全・品質管理体制下で製造されていますので、安心して摂取可能です

GMP*:厚労省が定めた医薬品等の品質管理基準

 

ドクターミトワの正しい摂取方法

サプリは、医薬品のように短期間の摂取で大きな効果を期待できるものではありません。

長期にわたる摂取によって、だんだんと体を変えていき、自然とエイジングに打ち克つ体を作ることにその本領があります。

ドクターミトワにはこれまでのところ副作用も報告されておらず、原材料のすべてが天然由来のものですから、安心して長期間にわたる習慣的な飲用できる製品です。

 

ドクターミトワ使用者の口コミ

SNSの投稿記事には、

「頰のクスミがなくなり 肌に透明感が出た気がします! 年齢で悩んでいる人には 本当におすすめです」

「アンチエイジングを色々やってみた結果、ドクターミトワが一番だとして、友人にも勧めています」

「代謝アップだけでなくてエイジングケアにも良いので使っています」

「お肌の細胞が5歳以上も若返る!」

などの、ドクターミトワの効果に関する肯定的な口コミが多いようです。また、「2粒飲むだけでよい」と飲みやすさを評価する声もありました。

 

その一方で、価格が高い点を挙げる否定的な意見もありました。

 

まとめ

 

アンチエイジングの切り札はミトコンドリアの活性化にあります。

ミトコンドリアが活性化すれば、新陳代謝が改善して肌細胞が若返り、しみ、しわ、たるみなどの老化による肌トラブルが改善する可能性が大いにあります。

ミトコンドリア活性化の作用を持つのがドクターミトワ。公式サイトならお得に購入できますので、一度お試しを検討されても良いのではないでしょうか。

 

 

最新情報をチェックしよう!
広告