アラフォー以上なら知っておきたい、更年期のアンチエイジングのポイントとは

40代中盤にさしかかったあたりから、スキンケアやメイクを頑張っても実感できないという人は少なくありません。

その理由は、ちょうど更年期が始まり、ホルモンバランスの乱れなど女性の身体が大きく変化する時期だからです。

若々しさをキープするには、更年期のメカニズムや対処法をしっかり知ったうえで、正しいアンチエイジングをする必要があります。

詳しくご紹介するので、ぜひ参考にしてくださいね。

 

広告

更年期に何が起こるのか

女性の身体はおよそ50歳前後で閉経し、その前後10年間・45歳~55歳頃は更年期と呼ばれ、女性にとって大きな節目となります。

年齢を重ねるにつれて卵巣の機能が低下し、エストロゲンなどの女性ホルモンの分泌が減少。

ホルモンバランスの急激な変化により自律神経が乱れ、ほてりや頭痛といった身体の不調やイライラや憂鬱といった心の不調を引き起こします。

このようなホルモンバランスの変化による症状をまとめて「更年期障害」と呼びます

更年期障害による症状は個人差が大きく、仕事や家庭などの環境によっても左右されます。

程度の差はあれ、更年期以前のようにはいかないことが増える時期です。

更年期は約10年続くので、その間ずっと我慢するのは非常に辛いはず。充実した日々を過ごすためにも、正しい知識を身につけてしっかりケアしましょう。

■更年期の主な症状

更年期の影響の現れ方は人それぞれですが、代表的な症状は以下の通りです。

  • 顔がほてる
  • 汗をかきやすい
  • 腰や手足が冷える
  • 息切れやどうき
  • イライラする
  • 憂鬱になる
  • 頭痛やめまい、吐き気がある

更年期障害の特徴として、上記のような症状のうち複数が起こったり、日によって現れる症状がかわったりすることがあげられます。更年期の女性の身体が非常にデリケートであるのが、よく分かりますね。

 

更年期が見た目にもたらす影響

更年期によるホルモンバランスの変化は、見た目にも大きく影響します。主な年齢サインとその原因は以下の通りです。

 

シミ

更年期のシミは大きく分けると、「老人性色素斑」と「肝斑」の2種類があります。

老人性色素斑は、紫外線が原因で生成されるメラニンが蓄積されることによるシミで、年齢を重ねてターンオーバーが遅くなると、現れやすくなります。

円形や楕円形のような形をしており、色は薄茶色や茶色で、境目がくっきりしているのが特徴です。

肝斑は主に女性ホルモンの乱れが原因といわれており、頬骨の辺りなどに左右対称にほぼ同じ形、大きさで現われ、薄茶色をしています。境目はっきりせず、もやもやした印象です。

 

シワ

エストロゲンの分泌量が少なくなると、コラーゲンやエラスチンが減少し、肌のハリや弾力が失われシワができてしまいます。

また、紫外線によるダメージの蓄積や酸化などもシワの原因となります。

 

たるみ

たるみの原因もシワと同様ですが、加齢によるダメージがより深く皮下組織や筋肉にまで達します。

そのため、皮膚を支える力が弱くなり、全体がたるんでしまうことに。また、加齢による顔の筋肉や筋肉の減少もたるみの原因となります。

このように更年期に現れる変化は、見た目年齢に大きな影響を及ぼすものばかり。ですので、更年期対策をしっかり行うことがアンチエイジングにつながります。

 

更年期の生活習慣のコツ

 

更年期対策として初めに取り組みたいのが、生活習慣の改善です。身体の内側からケアをすることで、ホルモンバランスが整い、更年期の不調が改善される効果が期待できます。

 

食事

まずはバランスのよい食生活を心がけ、必要な栄養をまんべんなくとるように心がけましょう。

更年期によい食材だけ食べると、かえって栄養が偏って悪影響がでる場合があります。一汁三菜にするなど、おかずをしっかり用意するとバランスがとりやすいです。

そのうえで、下記のような食材を積極的にとるとよいでしょう。

  • 大豆

大豆は身体のなかで女性ホルモンと似たような働きをする、大豆イソフラボンを豊富に含んでおり、更年期のホルモンバランスの乱れを補ってくれます。また、カルシウムも豊富に含むので、更年期に高まる骨粗鬆症のリスクも軽減してくれます。

 

  • ナッツ類

ホルモン分泌のバランスを整えて、血行を促進する効果があります。血行を改善することで、新陳代謝がアップして肌のターンオーバーが正常になるため、美肌効果も期待できます。

 

  • 豚肉やレバー

自律神経の調子を整えるビタミンB1が含まれていて、更年期の症状全般の緩和に役立ちます。特にイライラなど精神的な症状を和らげる効果が見込めます。

 

運動

適度な運動をすることで、血行改善や成長ホルモン、ストレス解消などの効果があります。

更年期の症状を和らげるのはもちろん、40代以上で高リスクになる乳がんの予防にも有効です。新陳代謝のアップによる美肌効果も期待できます。

おすすめの運動は、ウォーキングなどの有酸素運動や柔軟性を高めるストレッチやヨガ、軽い筋トレです。

異なる種類の運動を組み合わせることで、身体のバランスを整え、更年期に負けない身体づくりをしていきます。

 

睡眠

肌の回復をうながす成長ホルモンは、睡眠中、特に深い眠りのときに多く分泌されます。

また、睡眠時間が短かったり、眠りの質が低かったりすると疲れがとれず、更年期障害の症状が悪化してしまう可能性も。質の高い睡眠を7~8時間とるのが理想です。

  • 寝る前にスマホやPCを見ない
  • 寝る前に激しい運動はしない
  • 特に昼以降はカフェインを避ける
  • お風呂にゆっくり浸かる
  • 心が落ち着くアロマを使う

など、スムーズに眠れるような行動を心がけましょう。

 

ストレス解消

更年期はストレスが溜まりやすく、イライラや憂鬱といった症状が出やすいのでこまめにストレス解消するようにしましょう。

また、ストレスは肌トラブルや免疫機能の低下の原因ともなります。

  • 軽い運動をする
  • 自然に触れる
  • カラオケやライブ、スポーツ観戦などで大声を出す
  • 音楽を聴く
  • アロマを楽しむ

など方法はさまざま。楽しみながら続けられる趣味を見つけるのもおすすめです。

 

病院での更年期対策

生活習慣を改善しても実感できない場合は、一度婦人科や更年期専門外来に行って、医師の診療を受けてみてはいかがでしょうか。

医師と相談しながら、更年期の症状を和らげる治療をすることで、悩みが解消するケースも多数あります。

また、更年期はちょうど生活習慣病やがんのリスクが高まる時期。更年期の症状だと思っていたら、重大な病気のサインだった…という可能性もあります。

辛い時は我慢をせずに、病院に相談してみましょう。

病院での更年期治療の内容は以下の通りです。

■検査

(1)問診

生理の有無や生活習慣、悩み、病歴などを医師がヒアリングします。

(2)血液検査

女性ホルモンの血中濃度を調べる検査で、更年期障害かどうかを確定するうえで、最も決定的な役割を担っています。

エストロゲンの一種であるエストラジオールや黄体形成ホルモン、卵胞刺激ホルモンなどの血中濃度を測定することで、患者が閉経期かどうかを正確に判断し、適切な治療へと繋げます。

さらに、内診や超音波検査などを行い、身体の状態をトータルに把握。また、治療法の一つである「ホルモン治療法」を行うにあたり、子宮や卵巣、乳房にトラブルがないかどうかも検査します。

特に超音波検査は、子宮や卵巣の状態を正確に把握する大切な検査です。

 

■治療

更年期障害のそもそもの原因は、卵巣の機能低下に伴いエストロゲンが急減していることなので、治療も女性ホルモンを補い、ホルモンバランスを整えることを優先して行います。

治療法は症状と検査結果によってさまざまですが、下記の3つがよく行われています。

 

(1)ホルモン補充療法

ホルモン補充療法は別名「HRT」とも呼ばれ、不足しているエストロゲンを飲み薬や貼り薬、塗り薬などで必要な量を補給し、ホルモンバランスの変化をゆるやかにします。症状の原因に直接アプローチできるため、高い効果が期待できます。

一番よく選択される治療ですが、乳がんや子宮がん、血栓症の治療薬を飲んでいるなど、ホルモン治療により悪化する病気がある場合は受けられません。

 

(2)漢方薬

患者の体質や症状に合わせて漢方薬を処方し、身体のバランスを整えて不快な症状を改善していく治療方法です。ホルモン補充ができない場合によく用いられます。

 

(3)プラセンタ療法

プラセンタとは「胎盤」のこと。胎盤はお母さんと赤ちゃんを繋ぐ大切な器官で、タンパク質やアミノ酸、核酸、ビタミンなど、細胞を成長や活性化に重要な成分がたくさん含まれています。

疲労の回復やアレルギーの改善、エイジングケアなどに広く使われており、血行促進、造血など健康に嬉しい作用が多数。ホルモンバランスや自律神経を整えてくれるので、更年期障害の治療に大きな効果が見込めます。

プランセンタ療法も、ホルモン補充法を受けられない場合に、よく用いられます。

 

その他、憂鬱やイライラといった精神的症状が強い場合は、メンタルケアを重点的に行う場合も。具体的には、抗うつ剤や抗不安剤の使用やカウンセリングを行い、心のストレスを取り除いていきます。

 

より良いセルフケアにはサプリがおすすめ

病院に行くほどではないけど、生活習慣の改善だけでは変化を実感できない人にはサプリがおすすめです。

揺らぎがちな更年期の女性にとって大切な成分を手軽にチャージでき、内側から調子を整えて若々しい外見に導いてくれます。

更年期の女性に特におすすめのサプリを3つご紹介するので、ぜひ参考にしてください。

(1)コラーゲンサプリ

肌のハリや弾力などのもととなるコラーゲンは、女性に欠かせないものですが、年齢とともにどんどん減少してしまいます。

しわやたるみなどの年齢サインを解消するためにはコラーゲンを補給することが大切ですが、食事からとろうとするとかなりの量を食べなければなりません。

また、コラーゲンは単体では充分に効果を発揮できず、合わせてアミノ酸の一種のプロリンやビタミンC、レチノール、亜鉛といったコラーゲンの働きを促す成分をとる必要があります。

サプリを活用すれば、手軽に必要な量のコラーゲンをとれるだけではなく、他の成分も合わせて摂れるので効率的にケアができます。

 

(2)プラセンタサプリ

プラセンタに含まれる成分が、ホルモンバランスや自律神経を整えてくれるのは先ほどお伝えした通りです。

プラセンタサプリを活用すれば、プラセンタを注射する場合と違い、毎日プラセンタを手軽に補給できます。

また、プラセンタは美容成分として知られており、若々しく美しい見た目をサポートしてくれるパワーがあります。更年期のケアをしながら、キレイを底上げしてくれるので、ぜひ取り入れたい成分です。

 

(3)ミトコンドリアサプリ

ミトコンドリアとは細胞のなかにある非常に小さな器官で、代謝に大きな役割を果たしています。

ミトコンドリアの活動が活発であれば、エネルギーが多く生み出され、細胞はいきいきとした状態になります。

また、ハリやうるおいなどをサポートする働きも。

しかし、ミトコンドリアは年齢を重ねるにつれて、量や質が低下してしまいます。年齢サインが出てしまうのも、ミトコンドリアの状態に原因があるのかもしれません。

私たちの身体は約60兆個もの細胞からできているので、細胞の状態がエイジングケアの結果を大きく作用するといえます。

また、さまざまな方法でエイジングケアを行ったとしても、細胞のコンディションが整っていなければ、効果を実感しにくいのです。

特に更年期は身体の変化が激しいので、細胞レベルでのケアを意識することが大切です。

ミトコンドリアのケアにおすすめなのが、ミトコンドリアサプリです。

ミトコンドリアの働きをサポートする成分は、ビタミンB群、抗酸化ビタミンA・C・E、αリポ酸、L-カルニチンなど多岐にわたり、食事だけでカバーするのは想像以上に大変です。ミトコンドリアサプリを使えば、これらの成分をまとめてとれるので、効率的にケアできます。

 

 

まとめ

 

更年期の女性の身体に起きる変化は非常に大きく、表面的なケアだけでは解決が難しいのが実情です。

生活習慣の改善や病院での診療、サプリの活用など、色々なケア方法を活用して根本的な対策をするのがおすすめ。

しっかり調子を整えれば、年齢を重ねても健康的な美しさをキープできます。

 

最新情報をチェックしよう!
広告